「ポートランドとポーランドの違いについて知っておきたい4つのこと。」

最近、僕(Tsubo)がTwitterやFacebookを見ていてよくある間違いがある。

「アメリカのポーランドに留学に行くんだ。」

「ポートランド語を勉強してる。」

最初は「何を言ってるんだろう?」と思っていたのだけれど、すぐさま浮かんだ一つの答え。

「ポートランドとポーランド間違えてるな・・・。」

最近、日本のテレビや雑誌にも取り上げられること増えてきていて
すっかり「ポートランドを知ってる人は多いだろ!」って思っていたのは僕の思い込み。

写真:1 TOP画像

同様に幾つかあるけど、時々企業の広告でも間違っていることあるからシャレにならない。
「でもよく考えてみれば自分も数年前までは知らなかったし」
ということで今回はよく間違われる、
「ポートランド」と「ポーランド」の違いはもちろんついでに知っておきたい4つのことを分かりやすく説明出来たらなと思う。
これを読んだあなたはもう
「ポートランド、ポーランド判別マスター」だ!(シティボーイは必見だぞ!)

まずは簡単なものからいってみよう。

 

1. アメリカにあるのが「ポートランド」、ヨーロッパにあるのが「ポーランド」

もしその位置関係から判断しないといけない場合、これは外せない。
最初の間違いもこれを知らなかったからこそ、

写真:2

ポートランドはアメリカのオレゴン州にありますが、ポーランドはヨーロッパで絵にあるようにドイツ、チェコのお隣さん。
これは基礎項目。知っていてもそれぞれの位置を知らなかったなんて人は多いはず!

 

2. 英語を使うのが「ポートランド」、ポーランド語を使うのが「ポーランド」

もしあなたがそれぞれの国の人から見分けないといけない場合、
それを判断するのは言語になるかもしれない。
その際にキーになるのが「英語」か「ポーランド語」かである。
「え?日本語じゃないからどちらも分からない?」
そんなあなたのために2カ国の言葉が比較しやすいよう書いてみた。

写真:3

ポーランド語には名詞、形容詞に「男性」「女性」「中性」の3種類がある。
さらに形容詞は修飾する名詞の「性」「数」「格」が一致する必要があり・・・
そのせいかは分からないがポーランド語は「世界一習得の難しい言語」だという噂があるとかなんとか・・・
つまりポーランド語だった場合、しばし苦戦する可能性があるということ。

 

3. 「キュート」なのがポーランド、「クール」なのがポートランド

さて難易度というのはえてして突然上がるもの。
もしそれぞれの製品や景色の写真から判断しないといけない場合、あなたはこれまで見たことのないものたちに頭をかかえるかもしれない。

どうして「キュート」なのか「クール」なのか、もちろん互いに
「キュート」であり、「クール」な部分はあるが、
まずキュートなポーランド

写真:4

お分かり頂けたであろうか、画像中央にはっきりと肉眼で確認できるもの、
そうこれはポーランドの食器
「ポット型」や「すずらん型」と呼ばれるポーランドの食器は全体的に花柄があしらわれていたり、丸みをおびていたりで非常に「キュート」なのだ。
なおポーランドで丸みを帯びていてキュートなのはこれだけではない

写真:5

写真をご覧いただきたい、これは何も画像加工を加えたものではないのだ
「Krzywy Las(クシュヴィ・ラス)」という
ポーランドにある森林である。
どうしてこうなったかは明確な理由は分かっていない模様、なんにせよ非常に「キュート」である。

対してポートランド、こちらは他の記事を読むことはもちろん
「ポートランド」という都市を知る上でのキーワードの中でも分かるかもしれない

写真:6

環境に優しい都市として全米1位、世界でも2位エコフレンドリーで自分たちのものは自分たち自身で作るというDIY精神溢れる都市にはビールやコーヒー(特に以前書いた「Water Avenue Coffee」は読んで頂きたい)に多くのオーガニック食品を使った豊かな食文化、郊外へ少し走れば自然を楽しむアウトドアスポーツも盛んだ。
この街を愛する人たちによって作り上げられる街、その姿は「クール」であるとしか言いようがない。

 

4. 「経済成長」が進み続けるのがポーランド「都市開発」が進みつづけるのがポートランド

もしあなたが2つを政策的な観点で見分けないといけない場合…
「え?そんな場合は普通ない?」
なんて言う人には特に訪れるので知っておいて頂きたい。

ポーランドは経済成長の点から見てみよう。

写真:7

(※写真の図は大まかに書いております。詳しい数値は調べてみてください。)
国際通貨基金(IMF) によるとポーランドの2013年のGDPは
日本の九州とほぼ同じ規模、一人当たりGDP(為替レート)はまだ低く
世界銀行の分類でも発展途上国の指定を受けているが、それでも世界水準を約3割上回っているのだ。
1993年以来、景気後退が一度もない堅実な経済は2009年の世界同時不況においてもヨーロッパでただ1カ国、ポーランドだけがその歩みを止めなかった。

写真:8

対してポートランドは何を隠そう
「計画的な都市開発」で非常に有名な都市である。
これまではもちろんだがもう既にこれから先の計画も既に立っており
詳しくはライターMimiの都市開発に関する連載記事を読んでもらいたい。
また今後更新される記事にも乞うご期待。

以上が今回紹介したポートランドとポーランドの違いである。
これを読んだあなたがもう間違えることはないだろう。
そして知らない人がいれば教えてあげて欲しい。

「え?ポーランドの情報がメインになっているって?」
ノープロブレレム、書きたいことを書くそれがポートランド流だから。(某ライターより)

写真:9

「Chciałbym kiedyś pojechać do Polski…」

あぁポーランドにも行きたくなってきた・・・。

Share This By

Popular Articles

1月にNoren内でも紹介させてもらった「Wonderful Wonderland! PORTLAND FAIR」いよいよ来週より開催です。 今回はそんな中でも特に注目すべきポイントを3点紹介させてもらいます!   ① 毎日変わる?クラフトビールバル! ② こんなに集まるのはこ...

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

With both housing prices and rents marching relentlessly upwards, Portland’s status as one of the most heavily moved to cities is creating a whole lot of demand...

ここまでダイジェスト版を含め、連載してきたPortland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第3部、日本での仕事について現地での様子と共に紹介していきます。 近年、ポートランドの人気はアメリカに留まらず、日本、そして...

In a previous article titled “Did you know that Japanese Americans in Portland were once forced to move?” we mentioned the “Yosegaki Hinomaru Return Effort”,...

「Keep Portland Weird」(いつまでもヘンテコなポートランドでいよう)というキャッチフレーズは有名だけど、新しく「Keep Portland Affordable」(ポートランドをお求めやすいお値段で)という言葉も必要かもしれない。もう手遅れかもしれないけど。 Photo by Tsubo ...

昨年ダイジェスト版を掲載した、Portland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第1部、PDCでの仕事についてお聞きしたお話をフルバージョンで紹介します。 オレゴン州、ポートランドは理想的な創造都市として...

以前の記事「ポートランドの日系人が強制移住させられた歴史を知っていますか?-Oregon Nikkei Legacy Center」の中で「寄せ書き日の丸(日章旗)返還」について触れているが、今回はこの「日章旗返還」について詳しく知りたいと思い、映画「グーニーズ」の舞台として有名な海岸沿いの街、オレゴン州アストリア...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン