When and How to Tip? – チップっていつするの?いくら払うの?

チップは、いつ、いくら払うべきなのか。アメリカに来た日本人がまず戸惑う場面のひとつだと思う。日本ではどこに行っても素晴らしいサービスが受けられるし、みんなそれは当たり前のことだと思ってる。だから、サービスの対価として”追加料金”を支払うチップの文化は、日本人にとっては不当に映るかもしれない。けれど、アメリカと日本の文化を単純に比較するのは、リンゴとオレンジを比べるようなもの。アメリカにおけるチップはとてもよくできた仕組みで、大切な役割を果たしているということを、この記事で伝えられたらうれしい。適切なチップは、「正しいことをした」という前向きな気持ちにさせるものであってほしいと思う。

まずは一番よくある場面、レストランでの食事から。基本的なルールは、もしあなたのテーブルに担当のウェイターやウェイトレス(オーダーを取り、料理を運び、食べ終わったお皿を下げ、会計をしてくれる人のこと)が付いたなら、彼らにはチップを払おう。日本ではそんなの当たり前の仕事だって言う人もいるかもしれない。それはその通りだ。でもアメリカにはチップが重要だという根本的な理由がある。アメリカでウェイターのようなサービスの仕事についている人のほとんどは、基本給として最低賃金しか受け取っていない。今の時代、最低賃金ではとても暮らしていけないと誰もが口を揃える。だからこそ、ウェイターたちの家賃、食費、医療、子供の教育といった生活費は、いかにチップで上乗せできるかにかかっている。こう考えると、チップは贅沢なものではなく、サービス業で働く人たちの生活を支えるのに欠かせないものだってわかると思う。

そういう背景を理解できたなら、日本人をはじめとしたチップに馴染みのない外国人も、気持ちよくチップができるかもしれない。じゃあ、実際にいくら払えばいいのか。もちろん、いくらチップがウェイターの生活に重要といっても、サービスの質にかかわらず、誰もが高いチップを受け取るべきということではない。チップは合計金額の15%を標準として、良いサービスには20%、非常に悪いサービスでも10%というのが基本的なルールだ。

 

覚えておいてほしいのは、サービスの質にかかわらず、10%以下のチップは失礼に当たるということ。もちろん、ウェイターがあなたを侮辱したり、オーダーを拒否したりしたならば、チップを受け取る資格はないだろう。しかし、そんな極端な場面に遭遇することはおそらくない。ウェイトレスが普通にオーダーを取り、料理を運んだけでなく、笑顔であなたに気を配ってくれたなら(例えば水を注ぎ足してくれたり、料理の味を聞いてくれたりしたなら)、少なくとも15%のチップを払うべきだろう。それに加えて、とてもフレンドリーで、心から嬉しそうにあなたにサービスをしてくれたなら、それは間違いなく20%のチップに値する。

 

付け加えるなら、たとえお店に何か良くないところがあったとしても、それがウェイトレスの責任の範囲でないなら、そして少なくともウェイトレスはフレンドリーだったなら、彼女に対するチップを少なくしたりしてはいけない。例えば、料理が美味しくなかったり、オーダーミスが起きたりした場合、それは必ずしもウェイトレスの責任ではない。たとえレストランには問題があったとしても、ウェイトレスがとてもフレンドリーで気が利いていたなら、15~20%のチップを支払うべきだ。

 

以上がレストランでのチップの基本。ここからは、他のチップを払うべき場面についても、日本人や他の外国人の参考になるように説明していきたい。

バー:ルールはとてもシンプル。オーダーしたドリンク1杯につき1ドルのチップをバーテンダーに支払おう。もしビールを一杯注いでもらったなら、チップは1ドル。もし一晩で合計5杯のドリンクを飲んだなら、チップは5ドル。もちろん、グループでお店に来て、全員で合計10杯のドリンクを注文した場合、一人10ドルずつ支払わなければならないわけではない。人数に関係なく、オーダーしたドリンクの分のチップを支払おう。

 

カフェ:気前のいい人なら、1杯につき1ドルというバーと同じルールに従うかもしれない。でも、単純に受け取ったお釣りをチップ箱に入れるだけでも、一般的に受け入れられるだろう。

ホテル:スタッフがカバンを持って部屋まで案内してくれた時は、チップを払うべきだろう。カバン1つにつき1ドルが一般的なルールだけど、細かいことを考えずに5ドル紙幣を渡すのでも構わない。連泊の場合、メイドが部屋の掃除をしてくれたなら、部屋にチップを残しておこう。チップの額は何泊するかによる。もし2泊しかしないなら、チップは5ドル。もし一週間滞在するなら、チップの額は10~20ドルか、それ以上になるかもしれない。メイドへのチップは、滞在日数の長さとサービスのレベルによって変わってくる。

 

ツアーガイド:例えば、マウント・フッドにガイド付きのハイキングに出かけた時、スカイダイビングや水上スキーなどのアクティビティに参加した時、ガイドに支払うチップは5ドルが一般的。もし2~3人のガイドのチームが付く場合でも、チーム全体に対して5~10ドルのチップで問題ない。レストランの時ほどチップが強く求められる場面ではないけれど、そうすることがお礼の気持ちを示すことになるだろう。

 

タクシー、Uber:レストランと同じルールでいいと思う。ドライバーが目的地へ問題なく連れて行ってくれて、それなりにフレンドリーだったなら、10~15%のチップが適切だ。ドライバーがとても親切で、あなたからの街に関する質問に答えてくれたりしたなら、20%のチップに値するだろう。Uberの場合、昔からあるタクシーとは違って状況が少し難しいかもしれない。それでも、ドライバーにチップは渡した方がいいだろう。

もう一つややこしいのが、クレジットカードを使った場合のチップをどうするかということ。現金を使うことの多い日本とは違って、アメリカではほとんどすべての支払いにカードを使う。カードの場合でも、チップの金額は現金の時と同じでいい。カードで支払いを済ませると、レシートが発行される。レシートにはチップの金額と、チップ込みの総額を記入する欄があるから、そこに金額を書いて店員に渡すか、そのままテーブルに置いておけばいい。もちろん、ツアーガイド、一部のタクシー、ホテルで荷物を運んでくれるスタッフなど、カードが使えないケースもあるから、常にいくらかの現金を持っていた方がいい。現金の持ち合わせがないせいで、チップをすべき時にできない、ということはなるべく避けたい。

日本人にとっては、いつチップをすべきかも悩ましいと思う。でも、大事なのは「チップを払う」という行為そのものだから、どのタイミングがスマートか、ということにあまり神経質になる必要はない。映画でカッコいいチップの渡し方を見て、あんな風にしなくてはいけないのかと思う人もいるかもしれないけど、心配しなくていい。サービスの仕事をしている人たちは、チップの仕方にケチを付けたりはしない。チップをもらえればうれしい。ただ、それだけだ。

 

レストランやバーの場合、タイミングはシンプル。ウェイターやバーテンダーからお勘定を受け取った時でいい。ツアーガイド、タクシー、ホテルのお世話係の場合は、サービスが終わったタイミング。タクシーなら車を降りる直前、ガイドならお別れの挨拶の時、ホテルならお世話係が部屋まで荷物を運び終えた時になるだろう。

以上でチップに関しての基本はカバーできたと思う。くどいようだけど、チップは感謝の気持ちを表すだけでなく、サービスの仕事をしている人を経済的に支援するという意味でも大切だ。もしあなたがチップを払わなかったら、そうした人々の生活が厳しくなっていく、ということをわかってほしい。

 

この仕組みの善悪について、ここでは議論しない。様々な意見があるかもしれないけれど、アメリカではこういうやり方を採っている。だからこの国に来たなら、正しくチップを支払うことで、自分もいい気分になれた方がいい。あなたがチップを弾んだ時、サービスをしてくれた人は自分の仕事に誇りを持つことができる。自分のしたことによって、人が良い気持ちになってくれる。これって、自分が誰かの役に立っていることを認識できる場面だとも思う。

最後になるけど、これはあくまで筆者の個人的な考えだ。別の人から、これとは違ったチップの考え方を聞いた人もいるかもしれない。そして、様々なケースを網羅できていないこともわかっている。例えばヘアカット、バレーパーキング(ホテルなどで、係のスタッフが駐車を代行すること)、ウォッシュルーム・アテンダント(高級レストランやナイトクラブなどのレストルームで、清掃、タオルやソープ、香水、コロンの提供などのサービスを行う人)などがあると思う。これらは、旅行者にとってはあまり一般的な場面ではないだろう(ヘアカットについては、15%のチップでいいと思うけど)。少し話が逸れたけど、どんな場面でも10~20%が相場だってことを頭に留めておけば問題ない。もしあなたが、チップをすべきであることを知らなかったために、適切な場面でチップを払えなかったとしたら、そんなに深刻にならなくてもいい。でももし、チップを払うべきであることを知っているのにしなかったとしたら、いつかどこかで罰が当たるかもしれない。

日本語訳&写真:Masaki

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

だいぶ時が経っての第2弾、このためにとっておいた事にさせて下さい。「PDX Sliders」に満を持して行ってきました。PDX Slidersは、ポートランドの中心部からは離れますが人気のバーガーショップです。 こちらもポートランドではお馴染み、フードカートから人気になったお店です。   ...

ポートランドで人気のスポーツはサッカー、バスケ、そしてアメフト。サッカーはMLSのポートランド・ティンバーズ、バスケはNBAのポートランド・トレイルブレイザーズ があるし、カレッジ・フットボールの強豪 オレゴン・ダックス とオレゴンステイト・ビーバーズにも熱狂的なファンがたくさんいる。   野球はあまり人...

ポートランド周辺は観光しきったなと思ったあなた、少し遠出をしてオレゴン州唯一の国立公園、クレーターレイク国立公園(Crater Lake National Park)に行ってみませんか。草原が続く道の先にある米国一深い湖です。あの青いカルデラ湖を見たら、息を呑むに違いないでしょう。アメリカの超有名国立公園に比べると観光...

汁に浸った麺類が食べたい。飲んだ後は特に。飲んだ後のラーメン、いわゆるシメラーは至福の瞬間だけど、飲んだ翌朝に食べる、うどんやそばも体に沁みる。ポートランドにはラーメン屋もまだまだ少ないし、そば屋なんてそもそも無い。その代わり、たくさんあるのは、タイ、ベトナム、中華といったアジアン・レストラン。ポートランドの美味しい汁...

海のミルク。この言葉の響きに艶めかしさを感じ続けて生きてきた。どうしてだろう。「海」も「ミルク」もいたって普通の言葉なのに。そう言えば「素人」や「人妻」も、いたって普通の言葉のはずなのに、Googleの予測検索にも出てこないのはどうしてだろう? いや、どうしてだろう、とか言っておきながら、ぼくはその答えを知ってい...

革新的な街づくりを展開していることで世界中から注目を浴びているポートランド。そんなポートランドの街づくりに大きく貢献しているのがZGFアーキテクツ(Zimmer Gunsul Frasca Architects 以下ZGF)です。第1部ではZGFに所属する日本人建築家の渡辺義之さんがポートランドで働くことになった経緯や...

ポートランドはお酒の街。ビールとワインはつとに有名だけど、サイダーも外せない。日本でサイダーと言ったら三ツ矢サイダーのインパクトが強すぎるからか、フランス語読みのシードルという名前の方が知られてるかもしれない。アメリカでサイダーと言ったらリンゴ酒のこと。アルコール入ってないリンゴジュースのこともサイダーと呼ぶから、区別...

みなさんこちらの商品を見たことがありませんか?? はい、ティラムックチーズ!! 日本でもちょこちょこ見ますよね。コストコとかかな?? 今回は少しだけポートランドから離れますが、このチーズを生み出している工場に行ってみたのでプチリポートです。     Tillamo...

こんにちは。春になって日中はだいぶ暖かく感じられるようになってきましたね!   今回紹介するのは、「ポートランドのこと」を知ることができる、東京のイベントについてです。 4月12日から18日まで、東京、銀座の松屋にて「FINE GINZA MARKET」というイベントが開催されています。なんでも...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン