「アメリカサッカーが今熱い!」アメリカ・ポートランドでプロサッカー選手を目指す

初めまして、アメリカでプロサッカー選手を目指しているKokiです。日本の大学サッカーリーグで4年間プレーし、昨年の6月にワシントン州ベリンハムのWhatcom Community Collegeという学校にサッカー留学しました。ポートランドには数回訪れ、この街に魅力を感じ、いつか住んでみたいと考えていました。同時に、ポートランドにあるセミプロフェッショナルチームのFCM Portland (Football Club Mulhouse)というチームからプレーしてみないかという話をいただき、4月からこのチームに参加。現在はポートランドでプロサッカー選手を目指しています。

 

サッカーの主流はヨーロッパ、それに対しアメリカはサッカー不毛の地と言われてきた。自分が「アメリカにサッカー挑戦する」と公言した時もなぜアメリカ?という質問を何回も受けた。

 

それにはしっかりとした理由がある。

 

まず第一にアメリカがフィットネス大国である事。アメフト、バスケと様々なスポーツで強いアメリカだが全てのスポーツは強く鍛えられた身体がなければ成り立たない。

以前所属していたアメリカのCommunity College(日本でいう短期大学のようなもの)の監督は身体作りに必要なタンパク質の量、摂取するタイミング、回復に必要なケアと水分量、全てを把握していた。

知識だけではない。チームで行われる筋力トレーニング後には、チームからサプリやプロテインが用意され、自由に摂取して良い。ここまでフィジカル面に関して徹底されている事は、自分が通っていた日本の大学ではなかった。

アメリカ大学サッカーの中心は4年制のいわゆるUniversityと言われる大学であり、短期大学のサッカー部はUniversityでサッカーをする為の準備段階の場と言われている。そのため施設や待遇など、全ての面で劣る短期大学であるが、これだけの身体を鍛える為の十分な環境が用意されている。


この写真は以前私が所属していたWhatcom Community Collegeの朝の筋力トレーニングの写真である。毎朝6時からみっちりメニューが組まれていて、選手はそれをこなし、さらに練習後には十分な栄養を摂取する。日本の大学サッカー部にも所属していた私だが、ここまで徹底されている事はなかった。


第二に練習環境である。今までにワシントン州ベリンハム、フロリダ州オーランド、そしてポートランドといくつかの土地を訪れたが、誰でも利用できる公的な施設として何面ものグラウンドが存在した。そこには綺麗な芝生が敷かれていて、誰でも自由に使い放題である。日本にも公園はたくさんあるが、サッカーコートを作る事ができるほど広くなく、固い土できているグラウンドが多いような気がする。
ポートランドには街中に練習を行うグラウンドがいくつもあり、電車を利用しても行く事ができる。実際に自分が所属しているチームは日にもよるが主に3つのグラウンドを使用している。どのグラウンドにも電車を利用して行く事ができるし、アクセス面で優れている。ポートランド・ティンバーズの本拠地Providence Parkもダウンタウン市内にあり、電車ですぐ試合を見に行くことができる。



これがポートランドにあるDelta Park(ポートランド市が運営する運動公園)。


ワシントン州ベリンハムのサッカーコート。人工芝、天然芝合わせて10面以上。


日本ではあまり見かけることがないほどでかいグラウンドである。小さい頃からこのような素晴らしい環境で地道にトレーニングをする事で、将来アメリカを背負って立つスーパースターが生まれるのだと感じる。


第三に最も大きな点はプロリーグの活性化である。1994年のアメリカW杯をきっかけに現在のMLS(メジャーリーグサッカー)が作られた。2010年には下部リーグに相当するUSL(ユナイテッドサッカーリーグ)が創設され、同リーグには複数の日本人選手も所属している。ポートランドにもティンバーズ2というUSLのチームが存在する。(ティンバーズ2には日本人選手は残念ながらいません)


アメリカサッカーの活性化を促進させているのはヨーロッパで活躍した有名選手である。現在はLAギャラクシーのイブラヒモビッチ選手、DCユナイテッドのルーニー選手が活躍している。


それだけではない。日本ではあまり馴染みのない中南米の有名選手もこぞってMLSでプレーしている。昨年の優勝チーム、アトランタ・ユナイテッド所属であり得点王にも輝いたジョゼフ・マルティネス選手はベネズエラ代表のエース。ティンバーズにはアルゼンチン代表のセバスティアン・ブランコ選手が在籍している。


なぜこれほどの有名選手をアメリカに連れて来れるようになったのか。


2002年にMLSは独自にマーケティングを行う事でアメリカサッカー全体を盛り上げた。
実際に各チームのSNSや、スタジアムでのサッカー以外の観客を楽しませるパフォーマンス(ティンバーズでは得点すると木を切るパフォーマンスを行う)が、サッカーファンを増やす手助けをしている事は間違いない。そうして得た収入をさらに投資して有名選手を連れてきている。



アメリカの1試合の平均スタジアム入場者数を知っているだろうか。隣町シアトルのシアトル・サウンダースの平均入場者数は4万人を超える。ティンバーズは21,000人。現在、さらに席数を増やすためにスタジアムの改修工事の真っ最中。(気づいた人もいるかもしれないがシーズンの真っ最中にも関わらず工事を行なっている。もちろんチームは相手チームのスタジアムでしか試合ができず、今のところ下位に沈んでいる。シーズンオフ中に終わらせればよかったのに、、)


長期的に増加傾向にあるMLSの1試合あたりの平均入場者数は2011年には日本のJリーグを超えている。徐々にアメリカ人がサッカーに興味を持ち、スタジアムに足を運ぶようになっている。


アメリカでサッカー選手を志す日本人は少しずつ増加しているように感じる。対戦相手に日本人がいるというのもよくある事だ。アメリカでプロサッカー選手を目指す者にとってプロチームが身近にあるというのはとても大事な事である。なぜならその分スカウトの目にとまりやすいからだ。ポートランドには1部と下部の両方のチームが存在する。


ティンバーズの練習場は日本人が多く住んでいるBeavertonに位置する。ここにも電車でアクセス可能だ。

6220 SW 112th Ave, Beaverton, OR 97008

アメリカではなかなか手に入らない日本食も日本食スーパーの宇和島屋ですぐ手に入るし、練習する為の公園も多くある。グラウンドに行く為の交通網も整備されている。ダウンタウンも近いのでサッカー以外の繋がりを作ったり、イベントに参加したり、アメリカライフを満喫できる。実際に自分はMeet Upというアプリでイベントを探してなるべく学校外の繋がりを作るように励んでいる。もちろんネイティブの方もいるので英語の勉強にもなる。


アメリカでサッカー選手を目指すのにここまで条件が整った環境はなかなかないだろう。2018年準優勝を果たしたティンバーズがあるこのポートランドでサッカーをしてみないか。

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

アメリカでは、How’s it going?, How are you?, How are you doing? とかを挨拶のように聞いたりする。日本でいう「よっ」みたいな感じだろう。 日本の教科書では「調子どう?」って訳してあったと記憶に残っているが、またそれとは少し違うニュアンスを持っているように今は感じる。...

昨年の夏、東京は殺人的猛暑だったと聞いている。筆者はその頃ポートランドで留学を終えたのち、粘り強く滞在を続けていた。よりローカルに、より生き生きと残りの時間を過ごすために、なにかに飛び込んでみようと思った。 そんなこんなで友達もいなかった筆者は昨夏ひとりで参加したイベントがある。今回はそのイベントとその取り組みを...

チップは、いつ、いくら払うべきなのか。アメリカに来た日本人がまず戸惑う場面のひとつだと思う。日本ではどこに行っても素晴らしいサービスが受けられるし、みんなそれは当たり前のことだと思ってる。だから、サービスの対価として”追加料金”を支払うチップの文化は、日本人にとっては不当に映るかもしれない。けれど、アメリカと日本の文化...

ポートランド周辺は観光しきったなと思ったあなた、少し遠出をしてオレゴン州唯一の国立公園、クレーターレイク国立公園(Crater Lake National Park)に行ってみませんか。草原が続く道の先にある米国一深い湖です。あの青いカルデラ湖を見たら、息を呑むに違いないでしょう。アメリカの超有名国立公園に比べると観光...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

「Keep Portland Weird」(いつまでもヘンテコなポートランドでいよう)というキャッチフレーズは有名だけど、新しく「Keep Portland Affordable」(ポートランドをお求めやすいお値段で)という言葉も必要かもしれない。もう手遅れかもしれないけど。 Photo by Tsubo ...

以前の記事「ポートランドの日系人が強制移住させられた歴史を知っていますか?-Oregon Nikkei Legacy Center」の中で「寄せ書き日の丸(日章旗)返還」について触れているが、今回はこの「日章旗返還」について詳しく知りたいと思い、映画「グーニーズ」の舞台として有名な海岸沿いの街、オレゴン州アストリア...

太平洋戦争のさなか、ポートランドの日系人は強制収容所に送られ、過酷な生活を強いられた。戦争から70年を経た今、その歴史的事実を知る人は決して多くない。 日米開戦から2ヶ月後の1942年2月。アメリカ政府は、「敵国」になった日本と、太平洋を隔てて面する西海岸に住む日系人を収容所に隔離する措置を決定。4月には...

Norenを運営しているメンバーには平成生まれの人も多いのですが、よゆうで昭和生まれのYutakaです。 今よりは、はるかに戦争が近かった時代に育ちました。戦地で戦った経験のある学校の先生に教わったこともありますし、遠い親戚にはアメリカの戦争捕虜になったおじいちゃんがいました。子供の頃よく遊んでいた神社の倉庫の奥...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン