日本語が恋しくなったら…ビーバートンシティライブラリー(Beaverton City Library)へGO!

春はもうすぐそこまで来ているはずなのに、どんよりした空模様のポートランドです。

家にいると、1日中ブルーノのPVを観て過ごしてしまいそうなので「ビーバートンシティライブラリー(Beaverton City Library)」に行くことにしました。
(もちろんブルーノ三昧の1日も悪くないのですが…小さな息子がいるので、1日1回は外の空気を吸うようにしているyukoです。)

ビーバートンは、ポートランドから西へ10キロほど移動したところにある街です。私たち日本人には、日系スーパー宇和島屋があることで親しまれています。なんと、ナイキの本社も、ここ、ビーバートンにあるんですよ。過去にNoren Portlandでもビーバートンのナイキ本社について紹介していました。

さて、そんなビーバトンにあるライブラリー、日本人も多く住む街なだけあって、親しみやすいポイントが色々とありました。

まずは外観、なかなかオシャレです。

gaikan-top-

中に入る前に、ちょっと周辺を散策してみましょう。

ライブラリー前は、公園になっています。
front

この日はあいにくの天気でしたが、晴れてる日には、たくさんの人がくつろいでいる姿が見られます。コーヒー片手に読書をする人、犬の散歩をする人、子どもと一緒に遊ぶ人…ビーバートン市民の憩いの場のひとつのようです。

ピクニックテーブルもあります。
table

木陰になっているので、日差しの強い夏でも、涼みながらピクニックをすることができます。雨季が終わるとファーマーズマーケットも開催され、ピクニックテーブルは取り合いになります。

少し奥に行くと、遊具もあります。
yugu1

アメリカのブランコです。日本のものとは、少し形が違いますね。
yugu2

ちょっと話が逸れますが、アメリカのブランコって、日本のものより高さがあるんです。個人的には、万一子どもがブランコの近くに来ても、当たらないような工夫なのかなぁと思っているんですが、実際どんな理由なんでしょう。

また、遊具の下は、必ずウッドチップ等が敷き詰められていて、子どもが落下したり転んだりしても、その衝撃を吸収するようになっています。アメリカでは「子どもを守るという意識」が多くみられます。

さぁ、周辺も散策したので、ライブラリーの中に入ってみましょう。

そうそう、私は記事に使用する写真を撮るために、職員さんに許可をとらないといけないんです。
:「私の書いているWebサイトに、ライブラリーの写真を載せたいです。写真を撮ってもいいですか?」(中学カタカナ英語で)
職員さん:(怪訝な表情)
:(しつこくもう1回)「日本人のために、ライブラリーの紹介をしたいです」
職員さん:「Oh!ワタシ、ニホンゴ、ワカリマスヨ」

ということで、無事撮影許可が下りました。この職員さん、日本人にスペイン語を教えた経験があるみたいで、3カ国語も話せるのか… 恐るべし。

日本語の分かる職員さんがこの記事を読む可能性がある、ということで、変なことは書けません。真面目に紹介します。

中に入ってまず目に飛び込んでくるのは、この大きな階段です。
kaidan-1

吹き抜けになっていて、開放感抜群です。

そして、右手には貸出カウンター。窓口でも、PCでも貸出処理が行えます。
kaunter

1階は主に子ども向けになっていて、子ども用の本やCD・DVD、PCなどがあります。
children

アメリカのライブラリーでは「ストーリータイム」というイベントが毎週実施されます。
子どもの年齢や月齢に応じて、本の読み聞かせや、歌を歌って手遊びをしたり…私もよく息子と一緒に参加しています。
story

ビーバートンシティライブラリーでは、月に1回、日本語のストーリータイムが開催され、その日はこの部屋の中が日本人親子でいっぱいになります。

そうそう、このライブラリーには、世界中の言葉の絵本もおいてあるんですよ。もちろん、日本語の本も、
japanese1

ほら、あった。ちなみに、日本語コーナーのお隣は、イタリアと韓国でした。

さぁ、2階に上がってみましょう。

2階にもカウンターがあり、本の検索などができるようになっています。
kaunter2

読書・休憩スペースもたくさんあり、みなさん思い思いの時間を過ごしています。

興味深いのが、このティーンルーム。
teen

学生さんのための部屋で、大人は立ち入り禁止です。(以前知らずに入ってしまい、追い出されました。)
勉強するも良し、PC検索するも良し、DVDを観るも良し…私も10年前なら利用できたんだけどなぁ。

そして、この日の私の目的はこれ。
world

日本語の本です。
japajese2

本の量としては決して多くありませんが、フラッと行って、日本語の本が手に取れる環境って、やっぱりありがたいですよね。

何を借りようかな~よし、この4冊に決めた!とバックを見たところで、貸出カードを忘れてきたことに気が付きました。Oh、No!!!!

みなさん、ライブラリーに行くときには、貸出カードを持ったか、しっかり確認してから出かけましょう。

Have a nice day!!

Beaverton City Library

place12375 SW Fifth St. Beaverton, OR 97005

timeSunday 1:00 pm – 5:00 pm, Monday – Thursday 10:00 am – 9:00 pm, Friday 10:00 am – 6:00 pm, Saturday 10:00 am – 5:00 pm

web WEBサイト

TEL:(503) 644-2197

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

夏に向けてだんだんと暑くなってきました。自転車で生活をするヨメ、ちひろです。 今回から記事を書く事になり、どきどき、わくわくしています。 私がここに住み始めたのも夏でした。もちろんオレゴンも夏は暑い!でも東京ほどじめじめしてなくて、木陰に行けば涼しい。 オレゴンに来たら自然を味わいたいですよね。車で海岸に行くのも...

妊娠中の女性にとって、出産に関する情報ってとっても気になりますよね。それが海外で、となればなおのこと。今回は私のポートランドでの出産経験をもとに、ポートランドと日本での出産にまつわるアレコレを比較してみようと思います。 「妊娠週数の数え方の違い」 日本では妊娠10ヶ月で出産ですが、アメリカでは妊娠9ヶ...

ポートランドで輝く女性にスポットを当てる【キラキラウーマンPDX】連載企画! 第八弾は、ガラスアーティストのKurumi Ishukawa Conley さんを紹介します。ポートランドで20年間ガラスアーティストとして活躍し続けているKurumiさん。 長年活躍し続ける秘訣、ポートランドの今と昔についてお話を伺って...

ポートランドで輝く女性にスポットを当てる【キラキラウーマンPDX】連載企画! 第七弾は、イベントプランナーのKaoru Miyanagaさんを紹介します。 カリフォルニアでのホテル企画マネジャーとしてのキャリアをもとに、ポートランドで数々のイベントに携わっているKaoruさん。 二人のお子さんを育てながら精力...

ポートランドで輝く女性にスポットを当てる【キラキラウーマンPDX】連載企画! 第六弾は、着物の着付け講師をしているTakako Watanabe Elting さんを紹介します。 ポートランドで着付け講師としてのキャリアをスタートさせたTakakoさん。 「着物を通して日本を知ってもらいたい」と話す彼女に...

ポートランドで輝く女性にスポットを当てる【キラキラウーマンPDX】連載企画! 第五弾は、おしゃれな若者に人気のエリア、パールディストリクトで美容師をしているReiko Nishitomeさんを紹介します。 東京、パリ、ベルギー、ポートランドと4つの国で美容師経験のあるReikoさん。 日本語、フランス語、...

ポートランドは本の街です。ポートランド人がほこる書店「Powell’s Books」の存在はもちろんですが、カフェで熱心にペーパーバックを読んでいる人も多くみかけます。 Noren Portlandでは以前ビーバートンの図書館を紹介しました。本を読む人が多いからか、ポートランド市内や近郊にはすばらしい図書館が...

ポートランドで輝く女性にスポットを当てる【キラキラウーマンPDX】連載企画! 第四弾は、イラストレーターのTomoko Alfonsoさんを紹介します。 スランプを乗り越え、大好きな絵を描く仕事に就いたともこさん。 イラストレーターに海外移住と、次々と夢を叶える彼女。 彼女が夢を叶えてこれたのには、...

ポートランドで輝く女性にスポットを当てる【キラキラウーマンPDX】連載企画! 第三弾は、フォトグラファーとして活躍するKimiko Hoodさんを紹介します。 弱冠31歳にして、ポートランドに自身のスタジオ「Kimi photography」を構えるきみさん。 20歳までは、写真の写の字も知らなかったと...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン