ポートランドでチョコ好きの、チョコ好きによる、チョコ好きのための祭典「Chocolate Fest」

3度の飯よりチョコレートが好き!死ぬ前に食べたいものはチョコレート!
無類のチョコレート好きの私にとって夢のイベント、それが『チョコレート・フェスティバル』
なんて甘美な響きなのでしょう…
今回はポートランドで開催された『チョコレート・フェスティバル』の模様を詳しくお伝えします。

このイベントの会場はウィラメット川を渡った東側にある「オレゴン会議センター(Oregon Convention Center)」。ここで毎年、華麗なる祭典が催されます。
この会場、とても広いのでチョコフェスだけじゃなく別のイベントも同時開催しているので入口はお間違えなく。今年は別会場でコミック大会が開かれていました。

chocofes01

チョコフェスの看板があるこちらがイベント会場です。入口横のチケット売り場でチケットを購入して入場します。オンラインで事前に買うことも可能。学生は年齢に関係なく学割がきくので学生証をお忘れなく。入口を抜けるとパンフレット、チョコレートサンプル、今年一番のお店を決める投票用紙などが入った紙袋をもらえます。

chocofes02

中に入ると人気のチョコレート店のブースにはすでに多くの人だかりが。
ロックンロールをこよなく愛する『リトル・ベル・ファームズ(Lillie Belle Farms)』のオーナー、ジェフは私が日本のウェブマガジンNoren Portlandでこのイベントを紹介したいのだと話すと「Oh! Japan!僕は去年、友人のボブ・デュランに誘われて彼の日本コンサートに行ったんだよ!」と言いながらその時のコンサートステッカーを嬉しそうに見せてくれました。そんな彼がサンプルで食べさせてくれたチョコレートスプレッドは品のある甘さ。スライスした日本の梨(Asian Pear)に載せて食べるのが一番美味しいらしい。

chocofes03

隣のブースはお店を持たずに宅配とファーマーズ・マーケットでのみ出店している『デカデント(Decadent)』
ショーケースの中は焼き菓子のオンパレード、まるでジュエリーボックスのような美しさ。私は去年チョコレート・フェスティバルに参加して以来、このお店の大ファンになってしまいました。フランス風スイーツを主体に甘さ控えめな焼き菓子が揃っています。手のひら位の大きなクッキーは10種類以上もあって選ぶのに困ってしまいます。

chocofes04

『インディ(indi)』の彼女は「チョコフェスの前日にカカオ豆の仕入れ先であるエクアドルから戻ってきたばかりなの」と言いながらチョコレート・オレンジ・リップクリームを紹介してくれました。ここは食べるチョコレートの販売だけではなく、チョコレートを使ったボディケア用品やチョコレートに関連したグッズを販売しています。

chocofes05

どのブースもサンプルを大盤振る舞いしてくれます。頭がクラクラするくらいチョコレートを食べまくってください。そして気に入ったらその場で購入できます。ほとんどのところが現金のみの支払ですが、ATMが入口付近にあるので安心です。

chocofes06

奥のブースではジャムやマスタードのお店があります。チョコレートを食べ続けてここにたどり着いたときのマスタードサンプルの美味しかったこと!

chocofes07

甘いチョコレートばかりで体がしょっぱいものを欲し始めたらホットドックなどのフード店もあります。ライブ演奏、色々な講座、チョコレート&ワインペアリングなども無料で開かれています。

chocofes08

こちらの『HONEY MAMA’S』は小麦粉、大豆、穀類、乳製品を使用しない、体に優しいこだわりのチョコレートのお店。カロリー低めなのでダイエット中でチョコレートを我慢している人にもOK!

chocofes09

このフェスティバル、チョコレート会社が集まって自分たちの商品を単にお披露目する場だと思ったら大間違い。実はもっと崇高な目標のもとに立ち上げられた祭典なのです。
主催者はチョコレート会社ではなく、なんと『世界森林センター博物館(World Forestry Center)』なのです。1964年NPO団体として設立して以来、世界中の森林の紹介や環境保護の教育を人々に行ってきています。チョコレート・フェスティバルで得た利益は100%その目的のために使われます。

chocofes10

なぜ世界森林センターとチョコレートが関係あるの?そういう疑問がわくと思います。
ではチョコレートは何からできているでしょう?
そう、カカオの木になるカカオ豆からできているのです。これで2つが繋がりましたね。

「SAVE PLANET」
サステイナブル精神を持つポートランドならではのイベントです。
チョコレートの無料サンプルを楽しみ、カカオ豆やワインについての無料講座を楽しみ、そして環境保護にも協力できる素敵な祭典をどうぞお楽しみください。

Chocolate Fest

place 777 Northeast Martin Luther King Junior Blvd., Portland, OR 97232

web WEBサイト

【詳細】今年のイベント日程は下記でした。来年の情報はHPにてご確認願います。
Fri, January 23, 4 – 9pm (21+ only)
Sat, January 24, 11am – 6pm
Sun, January 25, 11am – 5pm
【料金】
1日券:大人15ドル、シニア(65歳以上)13ドル、子供(5~17歳)7ドル、学生(18歳以上学生証提示)8ドル
週末券:大人25ドル、シニア21ドル、子供・学生に週末券は発行されません。

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

Meet Akiko Shiba, a Japanese winemaker who has taken a brave step and started making wine in Oregon. (We introduced her winery at a Noren event in Tokyo.) Sh...

革新的な街づくりを展開していることで世界中から注目を浴びているポートランド。そんなポートランドの街づくりに大きく貢献しているのがZGFアーキテクツ(Zimmer Gunsul Frasca Architects 以下ZGF)です。第1部ではZGFに所属する日本人建築家の渡辺義之さんがポートランドで働くことになった経緯や...

みなさんこちらの商品を見たことがありませんか?? はい、ティラムックチーズ!! 日本でもちょこちょこ見ますよね。コストコとかかな?? 今回は少しだけポートランドから離れますが、このチーズを生み出している工場に行ってみたのでプチリポートです。     Tillamo...

こんにちは。春になって日中はだいぶ暖かく感じられるようになってきましたね!   今回紹介するのは、「ポートランドのこと」を知ることができる、東京のイベントについてです。 4月12日から18日まで、東京、銀座の松屋にて「FINE GINZA MARKET」というイベントが開催されています。なんでも...

革新的な街づくりを展開していることで世界中から注目を浴びているポートランド。そんなポートランドの街づくりに大きく貢献しているのがZGFアーキテクツ(Zimmer Gunsul Frasca Architects 以下ZGF)です。環境と共生した持続可能(サステイナブル)な建築や街づくりの提案で高く評価されているZGFは...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

みなさん、こんにちは!高校の留学プログラムでポートランドに留学中のKaitoです! 突然ですが、ウィンタースポーツと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? スキー、ボブスレー、カーリングなど色々ありますね。僕は沖縄生まれですが、海よりウィンタースポーツの方が得意です。笑 Mt.Hoodを訪れればスキ...

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン