クラフトビールのこんな楽しみ方:王冠コレクション

日本ではコンビニに売っているビールと言えば缶ビールですよね。
ポートランドではクラフトビールはやっぱり瓶ビールじゃなきゃ!という暗黙の了解があります。
缶ビールだとアメリカ全土や、世界中に流通している大手ビール会社というイメージがあり、「ローカルプライドを掲げるクラフトビールを名乗るのに缶ビールはふさわしくない!」とポートランドのブリュワーの方に聞いたことがあります。

oukan1

瓶ビールといえば王冠。そう、蓋です。もう10代の人は栓抜きを使ったことが無いって人もいるんじゃないでしょうか?
それとは逆に、王冠コレクションに夢中になった世代の人もいますよね。酒屋の周りをうろうろしたり、父親にビールを飲めと要求したり。集めるのにお金がかからない分、友達とのコレクション競争も白熱してポケットをいつもジャラジャラ鳴らしていた方もいるんじゃないでしょうか?

そんな、若い人にとっては未知の世界、上の世代にとっては懐かしい趣味をポートランドで楽しんでいる、私、MIREIのコレクションを今日は紹介します。

oukan2
名前:セッション(Session)
会社:フルセイル(Full Sail Brewing)
創業:1987
ブリューワリー:フッドリバー(Hood River)
備考:ポートランドにも小さいブリューハウスがある。

こちらポートランドから車で1時間ほどのところにあるHood Riverにメインのブリューワリーを構えるFull SailのSessionシリーズ。同じデザインでは他にも赤と青があるのですが、面白いのが蓋の裏。

oukan3
なんとジャンケンができます!
ジャンケンの絵柄は各2パターンの全部で6種類。これを飲む時は誰かと一緒に飲んで、ジャンケン勝負。パーティーなどでもよく飲まれるので蓋の裏も要チェックです。

oukan4
会社:ウィドマーブラザーズ(Widmer Brothers Brewing)
Widmer Brothers Brewingの記事はこちら
創業:1984
ブリューワリー:ポートランド

ポートランドの最古のブリューワリーWidmer Brothersの王冠は黒。
左の名前入りは今年のもの、右の30と書いてあるものは2014年に30周年をお祝いしたものです。
こちらも注目したいのは裏。

oukan5
〇〇に乾杯しよう!と色んな言葉が書かれています。
例えば
「境界無き醸造に乾杯!(A prost to brewing without boundaries)」
「次誰かおごってくれる人に乾杯!(A prost to whoever buys the next round)」
「自家醸造者に乾杯!(A prost to homebrewers)」
などなど。
「Prost」というのはドイツ語で乾杯という意味で、Widmer兄弟がポートランドに来る前にドイツに住んでいたのでここだけドイツ語になっています。
7つ集まって1つもかぶっていないので、一体何パターンあるんでしょうか。

最後に、ポートランドのビールではないですが、紹介したい王冠はこちら。
oukan6
これはDogfish Head Breweryというデラウェア州の会社のビールの王冠ですが、サメ好きの私は迷わず購入。
このポップな色づかいとデザインにも一目惚れ。
一目惚れしてビール買っちゃうってなかなか日本だと無いですよね。

せっかく飲んだクラフトビールの瓶はお土産に持って帰れなくても、王冠ならコレクションも簡単。

oukan7-top
ポートランドでビールを買った際は、王冠にもちょっと注目してみてください!

web Full Sail Brewing homepage

web Widmer Brothers Brewing homepage

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

汁に浸った麺類が食べたい。飲んだ後は特に。飲んだ後のラーメン、いわゆるシメラーは至福の瞬間だけど、飲んだ翌朝に食べる、うどんやそばも体に沁みる。ポートランドにはラーメン屋もまだまだ少ないし、そば屋なんてそもそも無い。その代わり、たくさんあるのは、タイ、ベトナム、中華といったアジアン・レストラン。ポートランドの美味しい汁...

海のミルク。この言葉の響きに艶めかしさを感じ続けて生きてきた。どうしてだろう。「海」も「ミルク」もいたって普通の言葉なのに。そう言えば「素人」や「人妻」も、いたって普通の言葉のはずなのに、Googleの予測検索にも出てこないのはどうしてだろう? いや、どうしてだろう、とか言っておきながら、ぼくはその答えを知ってい...

Meet Akiko Shiba, a Japanese winemaker who has taken a brave step and started making wine in Oregon. (We introduced her winery at a Noren event in Tokyo.) Sh...

ポートランドはお酒の街。ビールとワインはつとに有名だけど、サイダーも外せない。日本でサイダーと言ったら三ツ矢サイダーのインパクトが強すぎるからか、フランス語読みのシードルという名前の方が知られてるかもしれない。アメリカでサイダーと言ったらリンゴ酒のこと。アルコール入ってないリンゴジュースのこともサイダーと呼ぶから、区別...

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

ポートランドはDIYの街。そしてビールの街。自分の家でビールを作るのも、ごく自然なこと。たくさんの人がHomebrew(自家醸造)を趣味として楽しんでる。趣味が高じてブルワリーを開業した人もいる。 日本だと、法律とか税金とか大人の事情とかで基本的に違法なままのHomebrew。アメリカでは今や全ての州で合...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン