ポートランドでダックスのファンになる講座 Part2:観戦時の注意と心がけ9つ

オレゴン州ユージーン市には、全米トップクラスの実力と人気を誇るオレゴンダックスの本拠地がある。ダックスはオレゴン大学のアメフト部だ。
ポートランド近郊に住んでいる方なら、アメフトに興味がなくてもユージーン市へ足を運び、試合を観戦する機会が一度はあるのではないだろうか?

自分の周りにも”ルールがわからなくてもおもしろかった”という話を耳にする。それだけダックスの試合は魅力的なのだろう。

今回は読者がオレゴンの試合を観にいくときに、試合前から試合後まで隈無く地元のダックスファンと楽しんでいただけるよう簡単なポイントと注意を書きたいと思う。
 
(1) 前日は喉の調子を整えるべし

オレゴンは応援時の声量が全米の大学で一番大きいと言われているほどのチームで、耳が痛くなるときもあるほど。試合当日にファンと共に全力でダックスを応援したいのなら前日から喉の状態は万全にしておこう。
 
(2) 試合開始4時間前にはポートランドを出発すべし

ポートランドからユージーンまでの所要時間は2時間。ただ、2時間で行けると侮ってはいけない。ポートランドから、中にはワシントン(オレゴン州の都市)からダックスを応援しようと皆が同じ高速道路を走るのだ。
渋滞を予測して4時間前にはポートランドを出発しよう。

pic1
 
(3)試合当日、ダックスの選手たちが何色のユニフォームを着るのかを調べるべし

ナイキと大型提携を取っているダックスは全米で唯一試合毎にユニフォームを変えている。バリエーションは黄、緑、黒の3色だが、ズボンの色を変えたりして毎試合異なるユニフォームで試合に臨むのだ。観客はその試合当日にダックスが着るユニフォームに合わせて着るTシャツの色を変える。ダックスの選手たちと同じ色のシャツを着てファンたちと盛り上がろう

ちなみにホームで行う残りの3試合はご覧の通り。

11/07 VSカリフォルニア→緑
11/21 VS南カリフォルニア→黒
11/27 VSオレゴン州立→緑

ちなみに私が今年観戦した二試合は両方とも黄色。写真はそれに合わせて会場が真っ黄色に染まっている光景です。

pic2
 
(4) ジュースはラージサイズを買うべし

さぁ待ちに待ったスタジアムだ。だが、一度席へ座ってしまうと人数上移動するのが大変になってしまう。だからドリンクを買う際には必ずラージサイズを注文しよう。

ちなみにラージサイズにはダックスのデザインが入ったカップが自動的に出てくる特典付きだ。

pic3
 
(5) 鳥肌物の選手入場を見逃すな

試合開始10分前、選手入場口にブラスバンド、チアリーダーが集結し選手入場を待つ。会場内に音楽が流れ出し、選手たちが姿を現す、するとそのあと集結した選手がチアリーダーと共に駆け出すのだ。

試合前一番の楽しみ、あまりのすごさに鳥肌が立つ瞬間でもある。この瞬間を見逃さないようにしよう。

 
(6) 守備のときは全力で声を出すべし

野球などの応援では攻撃チームが応援するイメージがあるはずだ。 アメフトは逆。守備のときは全力で声を出して相手の作戦や指示を聞こえないように阻むのだ。

pic6
 
(7) 攻撃のときは静かに集中すべし

逆にダックスの攻撃の際はダックス陣営が作戦をきっちりと伝達するためにダックスファンはできるだけ静かにしていない。歓声はプレーのあとのみ。静かに選手たちのプレーを見守ろう。

pic4
 
(8) 第四クォーター前は全員で大合唱

最終クォーター前、ダックスの試合で恒例的なのが”shout”と呼ばれる音楽に合わせて手を叩いたり合唱したりする行事がある。とても簡単なので試合にいく際には最終クォーター前に必ずこれがあると頭に入れていこう。

pic5

 
(9) 翌週の会話の話題にしよう。

ポートランドに住む人ならファンあってもなくても誰もがダックスの試合に一目置いている。翌週友達や会社、学校の仲間に会ったとき話題にできればきっと会話も弾むはずだ。自分が会場で観て感じ物をそのまま伝えてあげよう。

ダックスの試合日は日本では感じることのできない貴重な経験になる。一つの学校、大学生たちのためにオレゴン中から6万人近い人たちが会場に集まって応援するのだ。試合の勝ち負け関係なく楽しめること間違いなし。

是非この9点を試していただけたら幸いです。

読んでいただきありがとうございました。

Share This By

Popular Articles

ポートランドといえば、ランニングにサイクリング、ハイキングなど、スポーツ・アウトドアの盛んな街。 そんなポートランドだけにランニングイベントも多種多様。ポートランドの街を42.195km走り抜ける本格的なPortland Marathonから、思い思いのサンタの格好で冬のポートランドを走り、歩き、パレードするWE...

前編はこちら→オレゴンダックスの今シーズンを振り返る(10月〜11月第1週):前編 11月、ノリにノッてきたダックスは1ヶ月ぶりに本拠地ユージーンヘ戻ってカリフォルニアゴールデンベアーズ(UCバークレー)との一戦。連日の雨と寒さが続くもののファンたちが持つダックスへの熱さは夏から変わりません。 ...

短い短いカレッジフットボールのシーズンは名門アラバマ大学の優勝によって幕を閉じました。 今年はみなさん何度試合を観にスタジアム、あるいはバー等へ足を運ばれましたか? 私が執筆するオレゴンダックスについての記事も今回で第四弾になりました。いつも自己満足でとてもマニアックなネタばかりを書いていますが、私...

スーパーボウルは、年に一度のアメリカンフットボールの祭典。そんな祭典が、今週の日曜日に開催を控えています。ポートランドでも、スーパーボウルの開催が近くにつれてそわそわした空気が漂っています。今回は、日曜日に控えたスーパーボウルをより楽しむための予備知識を、Noren Portlandスポーツ部のShogoが紹介します。...

アメリカにフットボールシーズンが到来して一ヶ月。全米中が自分の住む街に在るチーム、あるいは好きなチームを応援し毎週末熱狂している。 しかしフットボールが始まってわずか一ヶ月、ポートランドをはじめ、オレゴンに住むフットボールファンたちがいま騒ついている。 理由はひとつ、オレゴンダックスの半世紀に一度とも言える...

『アメリカンフットボール』 日本ではまだマイナーなこのスポーツも、アメリカではNBAやメジャーリーグ以上の平均視聴率を上回るほど人気。 プロリーグ(NFL)の決勝であるスーパーボウルは国民の休日かのように皆が家に集まって試合を観戦します。チケット価格も破格で下は最低日本円で20万円から、最高価格は億を超えま...

オレゴン州といえば、様々な大企業の本社があることでアメリカ国民から知られているが、そのなかでも特に、クールなデザインと抜群の機能性、様々な有名スポーツ選手を起用した宣伝などで世界的な人気を博すスポーツメーカー「ナイキ」もダウンタウンポートランドから車で15分の場所に本社を置く。 実はこのナイキ、スポーツセールスだ...

プロバスケットボールリーグ(NBA)もいよいよシーズン終盤、我らがポートランドトレイルブレイザーズは惜しくもプレーオフで敗戦したものの、変わらずバスケへの熱と期待が高いこの街で1人の日本人が今日もNBA入りを目指して汗を流している。香東博也(こうとうひろや)、現在19歳、ポートランドコミュニティカレッジに通いながら学校...

ズンバは、サルサ,メレンゲ等のラテンスタイルとフラメンコ,レゲトン,ヒップホップ,ベリーダンス等のダンススタイルを融合させた、賑やかでダイナミックなカーディオダンスエクササイズです。 テンポのいい音楽にのって思いきり体を動かし、新しいステップを覚えるのは本当に楽しいひとときです。 今回は「のれんポートランド」の...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン