Fruit Beer FestivalにNORENメンバーで参加してみた

fluitbeer1

2015年6月12-14日、ポートランドで5年目を迎えるフルーツビールフェスティバル(Fruit Beer Festival)にNORENメンバー4人(MIREI・Tsubo・Masaki・Miki)で行ってきました!
最近になってようやく認知度があがってきたフルーツビールですが、なんとポートランドのFruit Beer Festivalがアメリカで最初のフルーツビールの祭りなんですね。
Burnside Brewingの駐車場に特設テントを張ってビールがふるまわれるのですが、毎年ど混雑。そのため、去年まで300人限定のVIPチケットを購入しなければいけなかった金曜日も、今年は一般客に開放されて、道路を封鎖して隣の駐車場までテントがひろげられました。

fruitbeer2

金曜日のオープン直後は行列ができ、テレビクルーも駆けつけ、あのUnipiperも会場前でパフォーマンス。
The Unipiperのインタビュー記事はこちら

私MIREIは、金曜日は学校の友人と、土曜日はオ州酒メンバーと、日曜日はNORENメンバーと、3日間全て行ってみたのですが、金曜日が一番混んでいました。

fruitbeer3

金曜日のオープン直後の会場の様子。

fruitbeer4

こちらが日曜日の13時頃です。
下がアスファルトで炎天下なので、日焼けと熱中症に要注意ですよ。

そもそも日替わりのレアビールがあるとはいえ、大抵2時間もいたら大体のビールをテイスティング出来てしまうので、3日間通ったわけのわからない人は私だけかもしれません(笑)
チケットは事前にオンラインで購入するか、現地で現金で購入。
20ドルでオリジナルのグラスにチケット12枚がついてくるし、チケット1枚1ドルで買い足すこともできます。

fruitbeer5-top

初日と2日目はグラスのロゴが紫のものしかなかったのに、3日目はロゴがゴールドと赤色になっていました。
(3日間行ったからこそわかるどうでもいいネタ)

2回以上行く場合はグラスを持っていけば、余ったチケットか、その場でチケットを買い足してまた飲めるので、毎回20ドル支払う必要はないですよ。

fruitbeer6

働いているスタッフはほとんどボランティアです。これも3日目の人はTシャツが無くなったのか、おそろいの紫のロゴTシャツを着ている人がほとんどいなかったので、ボランティアしてTシャツもらうなら初日から働こう!

fruitbeer7

さぁ、このMasakiさんが持っている全てのビール情報が載ったパンフレットを熟読してLet’s試飲!
この前NORENランチ会が開かれたLucky Labrador Brew PubからはBanana Breadというバナナ・バニラ・生姜などをブラウンエールに加えたユニークなビールが。

mikiprofile「後味がバナナですね。」

mikiprofile「なんか飲んだことある気がする。」

全く普通で役に立たない感想しか出てこないNORENメンバーズ。

fruitbeer8

次はOakshire BrewingのStone Free Cranberry Ginger Wild Ale。サワーゴールデンエールにクランベリーと生姜を入れたピンク色のビール。
「コーラガムだ」「すっぱい」「おいしい」
・・・感想終了?!
擁護するとすれば、全て本当にユニークで飲んだことない味なんですよね。
変なビールも気軽に楽しめるのがビール祭りの醍醐味です。

fruitbeer9

Fat Head’s BreweryのPrickly Pear Saison。Pearl地区に最近できたブリューワリーですが、気になるのはPrickly Pear。サボテンの実です。

これを取りに行ったMasakiさん、このビールのブースが道を挟んで隣の駐車場にあったため、公道でビールを飲んではいけないというアメリカの法律の為に集合場所に持ってくることが出来ず1人で飲み干しました。感想は一言、「麦茶みたい」。真相は闇の中です。道路を完全に封鎖していてもビールを持ち歩いてはいけないんですね。

ここからはどんどん行きます。

2Towns Ciderhouse:Peach Saison Cider
こちらはTsuboの一番のお気に入り。桃の匂いがほのかに香るさっぱり系のフルーツカクテルといったところ。
 
Hopworks:One Tun Tomato Michelada (日曜日限定)

mikiprofile「カゴメトマトジュース!」

mikiprofile「おかず感強い。パンほしい。」

mikiprofile「美味しいトマトスープ」

 
Cider Riot:Mayday Red Cherry(日曜日限定)

mikiprofile「なんだろうこれ・・・ウニだ」

mikiprofile「ウニ食べたことない」

mikiprofile「ウニダメなんですよね」

・・・もはや感想がウニについて。みんな!何か記事に書ける感想を!

私のおすすめだったHi-Wheel:Kiwi Limeというライムジュースとキウィをまぜた白ワインは、これが唯一のフルーツワインということもあり、日曜日の昼にはもう売り切れていました。
フルーツビール以外にもフルーツサイダーが3種類、ワインが1種類あり、どうしてもビールがダメという人でも楽しめます。

それにこのイベント、21歳以下でも入場はできるんです。
21歳以上の人は手首にリストバンドが巻かれ、リストバンドがある人だけビールをもらえます。
fruitbeer10

ソフトドリンクやフードカートなどもあるので、家族連れもたくさんいましたよ。

それとパンフレットには書いていないのですが、ビールによって試飲できるチケット枚数が違います。
(去年は全て試飲は1枚・パイントは4枚で統一だったとか。値上がり!)
テント上部に貼ってある名札に書いてあるのでよく確かめましょう。

fruitbeer11
1年に1度のフルーツビールフェスティバルですが、
ポートランドのビールフェスティバルはまだまだありますよ。
Noren PortlandのTwitterアカウントではビール祭り情報などもお知らせしているので、是非フォローしてポートランドの情報を見逃さずチェックしてください。
fruitbeer12
Noren Portland Twitter:@norenportland

Fruit Beer Festival

time6月12日(金) : 4pm – 9pm, 6月13日(土):11am – 9pm, 6月14日(日) :11am – 6pm

web WEBサイト

Wi-Fi:有り
今年はもう終わりました。

Share This By

Popular Articles

ポートランドはお酒の街。ビールとワインはつとに有名だけど、サイダーも外せない。日本でサイダーと言ったら三ツ矢サイダーのインパクトが強すぎるからか、フランス語読みのシードルという名前の方が知られてるかもしれない。アメリカでサイダーと言ったらリンゴ酒のこと。アルコール入ってないリンゴジュースのこともサイダーと呼ぶから、区別...

みなさんこちらの商品を見たことがありませんか?? はい、ティラムックチーズ!! 日本でもちょこちょこ見ますよね。コストコとかかな?? 今回は少しだけポートランドから離れますが、このチーズを生み出している工場に行ってみたのでプチリポートです。     Tillamo...

1月にNoren内でも紹介させてもらった「Wonderful Wonderland! PORTLAND FAIR」いよいよ来週より開催です。 今回はそんな中でも特に注目すべきポイントを3点紹介させてもらいます!   ① 毎日変わる?クラフトビールバル! ② こんなに集まるのはこ...

こんにちは。春になって日中はだいぶ暖かく感じられるようになってきましたね!   今回紹介するのは、「ポートランドのこと」を知ることができる、東京のイベントについてです。 4月12日から18日まで、東京、銀座の松屋にて「FINE GINZA MARKET」というイベントが開催されています。なんでも...

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン