ポートランドにも野球はある Hillsboro Hops & Portland Pickles

ポートランドで人気のスポーツはサッカー、バスケ、そしてアメフト。サッカーはMLSのポートランド・ティンバーズ、バスケはNBAのポートランド・トレイルブレイザーズ があるし、カレッジ・フットボールの強豪 オレゴン・ダックス とオレゴンステイト・ビーバーズにも熱狂的なファンがたくさんいる。
 
野球はあまり人気がない。ポートランドといえばビールの街。ビールに一番合うスポーツは野球だと信じて疑わないぼくには、なんだかもったいないと思う。

サッカー好きの人にはよく「野球はダラダラしてる」って言われる。ぼくもその通りだと思う。でも、それがいいところでもあるんだけどね。ビール飲んでくつろぐには、目まぐるしく展開が変わるサッカーよりも、ダラダラした野球の方が向いてる。ビール飲むとトイレが近くなるけど、サッカーだとハーフタイムしかトイレに行けない。野球ならイニング終了時はもちろん、ピッチャー交代でも間が空くから、一試合で20回近くトイレチャンスがある。
 
そんな野球好きには不遇の街ポートランド。メジャーリーグのチームはないのだけど、ヒルズボロ・ホップス(Hillsboro Hops) と ポートランド・ピックルス(Portland Pickles)という野球チームはある。ホップスはマイナーリーグ、ピックルスはカレッジ・ベースボールのチーム。

ホップスは、メジャーリーグのアリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下の、えーっと、ショートシーズンAのノースウェストリーグ所属。そんなこと言われてもよく分からないと思う。ぼくも分からない。マイナーリーグのピラミッドがどうなってるか調べてみたら、7段階もあるって初めて知った。上から順だと、トリプルA、ダブルA、このへんまでは聞いたことがある。その下は、アドバンスドA、クラスA、ショートシーズンA、ルーキー・アドバンスド、ルーキーの順。ホップスの所属するショートシーズンAは、7段階の下から3番目のクラス。メジャーリーガーへの道のりは遥か遠い。でもたとえわずかな額だとしても、彼らは給料をもらってプレーするプロ野球選手。一方のピックルスの方は、グレートウェスト・リーグという大学野球リーグに所属するアマチュアチーム。ホップスもピックルスも、試合があるのは夏の間だけ。
 
そんなわけだから、決してレベルは高くない。メジャーリーグや日本のプロ野球みたいなプレーを期待するのは間違ってる。でもそんなレベルなのに、しっかりと観客を集めて、興行として成り立ってるあたりが、さすがスポーツビジネス先進国のアメリカ。

球場に行ってみてわかったのは、試合を見てない人も多いということ。穏やかな夏の夕暮れに、開放的なボールパークにやってきて、お酒を飲んだり、屋台のバーベキューを楽しんだり。日本の感覚で言えば、盆踊りや夏祭りの方が近いと思う。野球の役目は、ゲストの演歌歌手やお笑い芸人のステージと同じ。見たい人は見ればいいし、興味ない人は別に見なくてもいい。これは野球というスポーツの特徴を生かした楽しみ方としてすごく正しいとぼくは思う。ダラダラしてるからこそ、できるんだ。

ホップスの本拠地 Ron Tonkin Fieldは、ポートランドから車で30分ほどの郊外の街ヒルズボロにある。マイナーリーグの球場とは思えないほど立派。両翼99m、センター方向120mは、神宮球場や横浜スタジアムとほぼ同じ大きさ。観客席には固定の座席は少な目で、ピクニック気分でくつろげる芝生のフリースペースを広く取ってる。

ホップスというチーム名は、ビールの原料のホップから来てる。さすがはクラフトビール王国オレゴンの野球チーム。その名に違わず、スタジアム内でビアフェスが開かれることも。野球とビールの黄金タッグは、ここでも健在。

ホップスのマスコット。ぼくは勝手にホップ君と呼んでいたけど、正式にはバーリー君。ビールの原料の大麦を意味するBarleyが由来。見た目は大麦ではなく完全にホップなんだけど。

一方のピックルスの本拠地Walker Stadiumは、ポートランドのダウンタウンから車で20分ほど東へ行ったレンツ・パークという公園の中にある。こちらは、日本だと高校野球の地方予選が行われるような庶民的な球場。それでも試合の日にはたくさんの観客が集まって、屋台が出たりグッズショップがあったりと興行はかなり本格的。日本の大学野球の地方リーグでこんなにビジネスとして成立させてるところなんてないから、やっぱりアメリカはすごい。ここでも週末の試合なんかでは、ビアフェスが開かれることも。

ピックルスのマスコット。ぼくは勝手にピックル君と呼んでいたけど、ディロン(Dillon)が正しい名前らしい。ピクルスを漬ける時に使う香辛料ディル(dill)から名付けてると思う。中の人は日本語がわかるみたいで「コンニチワ」と話しかけられた。

ホップスもピックルスも、入場料は、一番安い席だと7ドルくらい。近所の人たちが、屋台やビール、芝生席でのピクニックを楽しみにやってくる。試合は見たい人だけ見ればいい。試合開始は午後7時と遅い。もちろん球場はそれより早くオープンしていて、ビールカップ片手のおっちゃん達は、もう既に出来上がってる。試合開始が遅いから、夜10時を過ぎてもだいたいまだやってるけど、ゲームセットまで見届けない人も多い。帰りたい時間に自由に帰る。

主役はビール。野球はおつまみ。ポートランドの野球は、そんな肩の力を抜いたユルい形で楽しまれてる。野球とビールを愛する者として、それもうれしい。

 
「夕焼け新聞」掲載記事より転載

Hillsboro Hops

placeRon Tonkin Field (4460 NE Century Blvd, Hillsboro)

web WEBサイト

Portland Pickles

placeWalker Stadium (4601, 4727 SE 92nd Ave, Portland)

web WEBサイト

夕焼け新聞
ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

チップは、いつ、いくら払うべきなのか。アメリカに来た日本人がまず戸惑う場面のひとつだと思う。日本ではどこに行っても素晴らしいサービスが受けられるし、みんなそれは当たり前のことだと思ってる。だから、サービスの対価として”追加料金”を支払うチップの文化は、日本人にとっては不当に映るかもしれない。けれど、アメリカと日本の文化...

汁に浸った麺類が食べたい。飲んだ後は特に。飲んだ後のラーメン、いわゆるシメラーは至福の瞬間だけど、飲んだ翌朝に食べる、うどんやそばも体に沁みる。ポートランドにはラーメン屋もまだまだ少ないし、そば屋なんてそもそも無い。その代わり、たくさんあるのは、タイ、ベトナム、中華といったアジアン・レストラン。ポートランドの美味しい汁...

海のミルク。この言葉の響きに艶めかしさを感じ続けて生きてきた。どうしてだろう。「海」も「ミルク」もいたって普通の言葉なのに。そう言えば「素人」や「人妻」も、いたって普通の言葉のはずなのに、Googleの予測検索にも出てこないのはどうしてだろう? いや、どうしてだろう、とか言っておきながら、ぼくはその答えを知ってい...

Meet Akiko Shiba, a Japanese winemaker who has taken a brave step and started making wine in Oregon. (We introduced her winery at a Noren event in Tokyo.) Sh...

革新的な街づくりを展開していることで世界中から注目を浴びているポートランド。そんなポートランドの街づくりに大きく貢献しているのがZGFアーキテクツ(Zimmer Gunsul Frasca Architects 以下ZGF)です。第1部ではZGFに所属する日本人建築家の渡辺義之さんがポートランドで働くことになった経緯や...

ポートランドはお酒の街。ビールとワインはつとに有名だけど、サイダーも外せない。日本でサイダーと言ったら三ツ矢サイダーのインパクトが強すぎるからか、フランス語読みのシードルという名前の方が知られてるかもしれない。アメリカでサイダーと言ったらリンゴ酒のこと。アルコール入ってないリンゴジュースのこともサイダーと呼ぶから、区別...

みなさんこちらの商品を見たことがありませんか?? はい、ティラムックチーズ!! 日本でもちょこちょこ見ますよね。コストコとかかな?? 今回は少しだけポートランドから離れますが、このチーズを生み出している工場に行ってみたのでプチリポートです。     Tillamo...

こんにちは。春になって日中はだいぶ暖かく感じられるようになってきましたね!   今回紹介するのは、「ポートランドのこと」を知ることができる、東京のイベントについてです。 4月12日から18日まで、東京、銀座の松屋にて「FINE GINZA MARKET」というイベントが開催されています。なんでも...

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン