バーボン片手に髪を切る。イケてるメンズのイカす床屋。それがModern Man

Hey Guys! 床屋の待ち時間ナニしてる? ゴルゴ13? 北斗の拳? うん、それもいいね。小粋なポートランダーはクラフトビールとウィスキーを楽しむよ。持ち込み可なのかって? いやいや、それはお店からのサービスだから。

modernman-1

ポートランドのイケてるメンズが集う床屋「モダン・マン(The Modern Man)」には男の美学が詰まってる。扉を開けると、そこはクラシックなバーのよう。おもわず「マスター、いつもの」とでも言ってしまいそう。ぼくはそんな台詞を使ったことは生涯一度もないのだけど。

modernman-2

その雰囲気通り、ホントにお酒が飲めてしまうのがModern Manのすごいところ。「イーストサイド・ディスティリング(Eastside Distilling)」のバーンサイド・バーボンウィスキー(Burnside Bourbon whiskey)のワンショットか、「ウィドマー・ブラザーズ・ブリューイング(Widmer Brothers Brewing)」この記事でも紹介されてるよ)のクラフトビール1本がなんと無料サービス。受付のお兄さんにオーダーを伝えて一杯ひっかけよう。

modernman-3

待ち時間には、落ち着いた店内で気持ちよく酔いながら新しい自分のヘアスタイルに思いを馳せるもよし、ソファの脇に置いてあるファッション誌を読むもよし。常連客と小粋なアメリカンジョークを飛ばし合うのもいいだろう。

担当のバーバーに呼ばれる頃には既にほろ酔い気分。固い握手を交わし、バーバーチェアへと進む。まだお酒飲みかけなら、そのまま持ち込んだっていい。

modernman-4

「さあ、今日はどうするんだい、ブラザー?」

さて。英語でどうオーダーしたらいいのやら。男子諸君は途方に暮れるだろう。かくいうぼくだってそうだ。だからお店のinstagramで写真指定して、「Like this」って頼むがいちばん手っ取り早い。

modernman-5

それに、ここに来たなら、このお兄さんのような「クラシックアメリカンスタイル」をオーダーすべきだ。ちなみに日本式のヘアスタイルを発注して思い通りにならんかったとボヤいてた友人がいるけど、それは求めちゃいけない。

確かに日本に比べるとカットの作法はちょっとワイルドかもしれないけど、ぼくは床屋の上手い・下手の基準を「2~3ヶ月経ってもスタイルが崩れないかどうか」に置いていて、Modern Manに3回通ってみて、すごく満足してるのだ。

ちなみにポートランドには個性的なヒゲを持ったジェントルメンがたくさんいて、ヒゲの手入れのために訪れる人も多い。

modernman-6

料金はカット27ドル(チップ込みで31ドルくらい)。日本の基準で考えると安いけど、アメリカだとこの値段は高級な部類に入る。お酒のサービス、お店の雰囲気、カットの腕前を考えると、コスパは素晴らしいと思う。

そんなModern Manは、アルバータ(Alberta)、ホーソン(Hawthorne)、ミシシッピ(Mississippi)、モンタヴィラ(Montavilla)、ウェスト・バーンサイド(W. Burnside)の5店舗。店舗ごとにそれぞれ違った内装や雰囲気を楽しめる。ちなみに今回訪問したのはホーソン店。

ところで、この床屋でお酒というグッド・アイデア、日本でもどこかやってほしいなあ。規制とかあるのかと思って酒類販売業免許を調べてみたけど、「酒場、料理店その他酒類を専ら自己の営業場で飲用に供する業を行う場合には、販売業免許は必要ありません」ってあるから別に問題なさそうなんだけど。むしろ酒提供時の身分証確認がシビアなアメリカより日本の方がやりやすそうな気もする。

Photos by Tsubo

The Modern Man Alberta

place5018 NE 22nd Ave, Portland

TEL:(503) 284-6008

The Modern Man Hawthorne

place4538 SE Hawthorne Blvd, Portland

TEL:(503) 858-3219

The Modern Man Mississippi

place3956 N Mississippi Ave, Portland

TEL:(503) 522-8470

The Modern Man Montavilla

place419 SE 81st Ave, Portland

TEL:(503) 505-3018

The Modern Man W. Burnside

place205 SW 9th Ave., Portland

TEL:(971) 806-2644

time 全店舗 Mon. 11:00am-7:00pm,
Tue. to Sun. 10:00am-8:pm

web http://themodernmanpdx.com/

予約なしでも大丈夫だけど、予約した方が確実。オンライン予約もできる。

Share This By

Popular Articles

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

みなさん、こんにちは!高校の留学プログラムでポートランドに留学中のKaitoです! 突然ですが、ウィンタースポーツと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? スキー、ボブスレー、カーリングなど色々ありますね。僕は沖縄生まれですが、海よりウィンタースポーツの方が得意です。笑 Mt.Hoodを訪れればスキ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

With both housing prices and rents marching relentlessly upwards, Portland’s status as one of the most heavily moved to cities is creating a whole lot of demand...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

Real Portlander’s Real Life #3 Laura Masterson Owner of 47th Avenue Farm   こんにちは、きよら@ポートランド です。 皆さん、CSAって聞いたことありますか? コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャー(Commun...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン