こんなところにあるなんて。ナイキ本社に行ってみよう

Tシャツでもスニーカーでも何でもいいけど、だれもがひとつは持ってる世界的スポーツブランドのナイキ(Nike)。その本社はどこにあるでしょう?
ニューヨークでもロサンゼルスでもなく、ポートランドらへんにあるんだ、これが。

nike-17

ナイキを創業したのは、オレゴン大学(University of Oregon)の陸上選手だったフィリップ・ナイト(Philip Knight)とそのコーチのビル・バウワーマン(Bill Bowerman)。会社がこんなに大きくなった今でも創業の地オレゴンに本社を置いている。

そんなナイキ・ワールド・キャンパス(Nike World Campus)のあるビーバートン(Beaverton)は、ポートランドのダウンタウンから車で10分そこそこ。
雑木林を切り開いた新しそうなアパートメントと郊外型ショッピングセンターが点在する典型的なベッドタウン。

そんなのどかな風景の中に広大な土地を構える現在のキャンパスがオープンしたのは1990年。
グローバル企業の本社というイメージから連想される高層のランドマークもないし、周囲は緑に囲まれていて、知らなければ気付かず通り過ぎてしまう。
何よりこんな辺鄙なところにあるという意外性にびっくり。

nike-1-2

キャンパス内は緑豊かで美術館のよう。さらには、スポーツブランドだけあって、サッカー場、テニスコート、バレーボールコート、バスケットボールコート、400mトラック、フィットネススタジオ、オリンピックサイズのプール、ゴルフのパッティング・グリーンなんかもある。
それらは基本的に従業員とその家族の福利厚生のためのものだから、そんなに頻繁に使われてる様子もないんだけど、手入れの行き届いた整然さはさすがビッグ・カンパニー。

nike-10

建物の名前にも、タイガー・ウッズ・センターとか、マイケル・ジョーダン・ビルディングとか、スポンサードした有名アスリートの名前が付いてたりして面白い。
ナイキファンでもそうでなくても、話のタネに訪れてみるのも楽しいと思う。

nike-23

と、ここで裏話をひとつ。

ナイキ本社の郵便上の住所(mailing address)はOne Bowerman Drive, Beaverton。だから確かにビーバートンに所在しているはずなのだけど、正式には「ビーバートン市に囲まれた非法人地域(Unincorporated area)にあり、厳密にはビーバートン市内ではない」というなんだかよくわからない立ち位置。

非法人地域というのは、「市町村に相当する自治体に属さない地域」。これは、いかなる土地も漏れなく市町村に属してる日本の制度になじんでるとすごく違和感を覚えるけど、アメリカではよくあること。住民の同意が得られなかったり、なんらかの事情があったりで市町村に編入できてない地域ってことなのね。

ビーバートンの地図をGoogle Mapで見てみるとご覧の通り、すごくイビツな形をしてる。これは、非法人地域がいくつもあって歯抜けになってるという理由が大きい。ナイキ以外にも、ビーバートン中心部にも近くて大きなショッピングセンターのあるシダ―ヒルズ(Cedar Hills)地区も非法人地域だったりする。

でもそれらの非法人地域は、ビーバートン市には属してないけど、その上位の自治体であるワシントン郡(Washington County)には属してる。もちろんナイキ本社もワシントン郡所属。日本では既に形式的な存在でしかない「郡」だけど、アメリカではその役割は大きい。

だけどビーバートン市にとってナイキ・ワールド・キャンパスの編入は悲願。そりゃあ、ものすごい税収増が見込めるもの。だけどナイキは編入にかたくなに反対し続けている。

10年ほど前には、ビーバートンの編入計画に対してナイキが反対運動を展開。計画を差し止める裁判に勝訴し、向こう35年間はナイキの同意なしに編入できない法案を成立させ、さらには親ナイキ派の市長候補を支援して当選させたりと、組織力の違いを見せ付けての完全勝利。まさにフルボッコ。

どうしてそんなにビーバートン編入がイヤなの。Oregonliveの記事によると、ひとつの自治体とだけ付き合いたい(郡と市の二重行政はイヤよ)、ワシントン郡はビジネスしやすい環境を提供してくれてる、というのがナイキの公式見解みたい。

はっきりそうとは言ってないけど、ビーバートンの課す税金の高さはきっと理由のひとつ。ビーバートン周辺の商業地の多くが非法人地域になってることからも推して知るべし。

nike-22

でもたとえ編入はできなくても、ナイキがビーバートンにもたらす恩恵はものすごい。前出Oregonlive記事によると、ナイキは年間750万ドルの固定資産税を納めていて、そのうち250万ドルがビーバートンの学校に割り当てられてるんだって(これはワシントン郡への納税分が流れてるってことかな?ビーバートンはワシントン郡の一部だから)。

何より、ナイキ・ワールド・キャンパスだけで8,000人の雇用を生み出していて、そのうち2,000人くらいがビーバートンの住民。従業員とその家族が地域の商店とかに落とすお金も考えると、地元経済への貢献はそりゃあ、すごいよね。

「石を投げればナイキに当たる」と表現する人もいるほど、ポートランド周辺にはナイキの社員かナイキに関係した仕事をしてる人がたくさんいる。地元にとっては、ナイキに出て行かれちゃうことがいちばん怖い。こういう大企業と自治体の駆け引きは日本でも珍しいことじゃないけど、アメリカの場合は自治体の区割りからして企業活動に自由度高いんだなー、と知ることができて面白い。

※本記事にて、「ナイキ・ワールド・キャンパスは一般人も立ち入り自由」と記述しておりましたが、関係者の方からご指摘を受け、削除しました。原則として関係者以外の立ち入りは認めておらず、必ず関係者からの招待を受けて訪問してください。ご迷惑をおかけする内容を公開してしまっており、大変申し訳ございませんでした。ここにお詫び申し上げます。

Nike World Campus

placeOne Bowerman Drive, Beaverton

62番のバスで「SW Murray & Nike」下車すぐ、またはMAX Blue LineのBeaverton Creek MAX StationかMerlo Rd/SW 158th Ave MAX Stationから徒歩15分

web http://www.nike.com/

Share This By

Popular Articles

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

ポートランドはDIYの街。そしてビールの街。自分の家でビールを作るのも、ごく自然なこと。たくさんの人がHomebrew(自家醸造)を趣味として楽しんでる。趣味が高じてブルワリーを開業した人もいる。 日本だと、法律とか税金とか大人の事情とかで基本的に違法なままのHomebrew。アメリカでは今や全ての州で合...

夏に向けてだんだんと暑くなってきました。自転車で生活をするヨメ、ちひろです。 今回から記事を書く事になり、どきどき、わくわくしています。 私がここに住み始めたのも夏でした。もちろんオレゴンも夏は暑い!でも東京ほどじめじめしてなくて、木陰に行けば涼しい。 オレゴンに来たら自然を味わいたいですよね。車で海岸に行くのも...

ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」の名物オーナーの一人、その名もキャット・ダディにアレコレ聞いてみた。 ぶっ飛んだエピソードが盛りだくさんで一回に収まりきらず。後編では、キャット・ダディのニックネームの由来、日本進出の狙いをまとめてみました。 インタビュー前編のブード...

ベーコンを乗せたドーナツ、呪いの人形ドーナツ、”どピンク”なお店のカラー。ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」を作った人はやっぱり破天荒だった。 トレース・シャノン(写真右の人)と、”キャット・ダディ”ことケネス・ポグソン(左の人)。友人同士だった二人が2003年に始めたブー...

太平洋戦争のさなか、ポートランドの日系人は強制収容所に送られ、過酷な生活を強いられた。戦争から70年を経た今、その歴史的事実を知る人は決して多くない。 日米開戦から2ヶ月後の1942年2月。アメリカ政府は、「敵国」になった日本と、太平洋を隔てて面する西海岸に住む日系人を収容所に隔離する措置を決定。4月には...

コーヒーに関わる仕事ができているってことが今でも信じられないんだ ―そう語るジョエルの言葉の1つひとつは、コーヒーの哲学者のようだ。 そんなジョエルと彼のコーヒーショップ「クーリエ・コーヒー」については、こちらを読んで欲しい。今回は「ロースト(焙煎)」のお話。 「ポートランドを訪れる人へのローカル...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン