日本がオレゴンを爆撃したって知ってました?

Norenを運営しているメンバーには平成生まれの人も多いのですが、よゆうで昭和生まれのYutakaです。

今よりは、はるかに戦争が近かった時代に育ちました。戦地で戦った経験のある学校の先生に教わったこともありますし、遠い親戚にはアメリカの戦争捕虜になったおじいちゃんがいました。子供の頃よく遊んでいた神社の倉庫の奥で、ゼロ戦のプロペラや軍刀を見つけたこともあります。

そんなこともあって、少しずつ遠い過去のものになっていく戦争のことを、8月には逆に年々深く考えるようになっています。

太平洋戦争で日本がハワイの真珠湾を攻撃したことはよく知られていますが、アメリカ本土のオレゴン州にも小規模ながら爆撃をしかけたことはあまり知られていません。

「オレゴニアンの同僚から聞かされてはじめて知った」なんて人もいるみたいです。ポートランドに関心がある方は知っておいても損はありません。

ポートランドから車で2時間弱、コロンビア川が太平洋に流れ込む河口にアストリア(Astoria)という港町があります。

1942年6月、日本の潜水艦「伊25」はアリューシャン列島経由でアメリカまで到達し、アストリアの沖に浮上します。当時ここにあった陸軍基地に向けて、砲撃を加えました。砲撃は基地までは届かず、目立った被害はありませんでしたが、突然現れた日本の潜水艦にアメリカ市民の不安は高まったそうです。

「伊25」は一旦日本に戻ります(当時、潜水艦で太平洋を渡るのに約1ヶ月掛かっていたそうです)が、同年にアメリカが初の東京空襲を行ったことへの報復として、今度はアメリカ本土への飛行機による空爆の命を受け、9月にまたオレゴン沖に戻ってきます。

全長100メートル、100名弱の乗員を載せることのできた大型潜水艦の伊25は、ゼロ戦を改造した折りたたみ式の水上偵察機も積んでいました。9月9日オレゴンの太平洋岸南端の町ブルッキングス(Brookings)沖に浮上し、組み立てた偵察機で空爆を行います。

作戦は、焼夷弾で森林火災を起こして延焼させるというものでしたが、火の手は広がりませんでした。この時、偵察機を操縦した藤田信雄中尉は9月29日にも、もう一度オレゴンの森林に爆撃を行い延焼を試みた後、生還しています。

FujitaNobuo
(写真はWikipediaより引用)

後日談になりますが、空爆を行った藤田信雄さんは、アメリカ本土を唯一空爆した敵国の英雄として、ブルッキングス市から招待を受け、その後何度か訪米しています。

市の図書館には、今でも藤田さんが市に寄贈した家宝の刀が飾られています。傍らには偵察機を上に載せた伊25の模型も置かれています。

oregonbombing1-top

70年前には、日本人が潜水艦で1ヶ月かけて決死の思いでたどり着いていたオレゴン。

70年後に、日本にいながらインターネットでこの地の情報が読めたり、半日飛行機に乗れば、そこに降り立って、おいしいビールやコーヒーを楽しんだりできる世の中になるだろうとは、誰も予想していなかったでしょう。

平和とはとてもありがたいものです。

dsc_1369

Chetco Community Public Library

place405 Alder Street, Brookings, OR 97415

web WEBサイト

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

なんの変哲もない住宅街に、控えめにポツンと佇む、小さなカフェ。そんな徒歩圏内のローカルを対象としたようなお店が、とにかくレベルが高くてびっくりする……というのが、私がポートランドを好きな理由のひとつ。 ガイドブックに載るような華々しさはないかもしれない、けれど。コーヒーもペイストリーも普通においしくて、店員さんも...

アメリカでは、How’s it going?, How are you?, How are you doing? とかを挨拶のように聞いたりする。日本でいう「よっ」みたいな感じだろう。 日本の教科書では「調子どう?」って訳してあったと記憶に残っているが、またそれとは少し違うニュアンスを持っているように今は感じる。...

昨年の夏、東京は殺人的猛暑だったと聞いている。筆者はその頃ポートランドで留学を終えたのち、粘り強く滞在を続けていた。よりローカルに、より生き生きと残りの時間を過ごすために、なにかに飛び込んでみようと思った。 そんなこんなで友達もいなかった筆者は昨夏ひとりで参加したイベントがある。今回はそのイベントとその取り組みを...

初めまして、アメリカでプロサッカー選手を目指しているKokiです。日本の大学サッカーリーグで4年間プレーし、昨年の6月にワシントン州ベリンハムのWhatcom Community Collegeという学校にサッカー留学しました。ポートランドには数回訪れ、この街に魅力を感じ、いつか住んでみたいと考えていました。同...

初めましてNORENファンの皆さん、NatsumiことNacchanです。 今年の始めに前々から気になっていたPortlandに旅行で訪れてからこの街に魅了されて、念願叶い、二ヶ月前からポートランド生活をスタートしました。 そんな私の最初の新しい住居について書きたいと思います。 えっ住居? はい私の家です。 ...

ポートランドで人気のスポーツはサッカー、バスケ、そしてアメフト。サッカーはMLSのポートランド・ティンバーズ、バスケはNBAのポートランド・トレイルブレイザーズ があるし、カレッジ・フットボールの強豪 オレゴン・ダックス とオレゴンステイト・ビーバーズにも熱狂的なファンがたくさんいる。   野球はあまり人...

チップは、いつ、いくら払うべきなのか。アメリカに来た日本人がまず戸惑う場面のひとつだと思う。日本ではどこに行っても素晴らしいサービスが受けられるし、みんなそれは当たり前のことだと思ってる。だから、サービスの対価として”追加料金”を支払うチップの文化は、日本人にとっては不当に映るかもしれない。けれど、アメリカと日本の文化...

ポートランド周辺は観光しきったなと思ったあなた、少し遠出をしてオレゴン州唯一の国立公園、クレーターレイク国立公園(Crater Lake National Park)に行ってみませんか。草原が続く道の先にある米国一深い湖です。あの青いカルデラ湖を見たら、息を呑むに違いないでしょう。アメリカの超有名国立公園に比べると観光...

海のミルク。この言葉の響きに艶めかしさを感じ続けて生きてきた。どうしてだろう。「海」も「ミルク」もいたって普通の言葉なのに。そう言えば「素人」や「人妻」も、いたって普通の言葉のはずなのに、Googleの予測検索にも出てこないのはどうしてだろう? いや、どうしてだろう、とか言っておきながら、ぼくはその答えを知ってい...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン