くつろいだ動物たちを観察できるオレゴン動物園に行ってみよう

動物園はお好きですか?最後に行ったのはいつですか?
今回は人間より動物の方が好きなMotokoが、ポートランドのオレゴン動物園をご紹介します。ここは大人にも子供にもお勧めです。

1_zoo_motoko

動物園は雨の日も楽しい。

オレゴン動物園は、ポートランドのダウンタウンから車はもちろん、電車やバスで行ける。ダウンタウンから西へ3.2キロの距離なので、車や電車だと5~10分。
ポートランド日本庭園(Portland Japanese Garden)や国際バラ試験農園(Rose Test Garden)といった、観光名所が集中しているワシントンパークの一部だ。

2_zoo_motoko

私が初めてこの動物園を訪れたのは、高校生の時。当時は名前が「ワシントン・パーク動物園(Washington Park Zoo)」だった。
その時のイメージは、これといって印象に残らない檻とコンクリートの動物園。ホームステイ先の家族と楽しく過ごしたことをうっすら思い出すだけだ。

3_zoo_motoko

それから長い時が経ち(いや、ほんとに長い)、いつの間にか名称が「オレゴン動物園」に変わっていた。
そして、動物園のコンセプトも大きく変化し、飼育環境が改善されていた。

4_zoo_motoko

今では殺風景な檻は取り除かれ、緑の木々や草地の環境に動物たちを置き、行動や生活を見せる「行動展示型」動物園になっている。
ちなみに従来の動物園は、ただ動物の姿形を見せるだけの「形態展示型」だ。
「行動展示型」といえば、日本では北海道の旭山動物園が有名。この展示方法だとストレスが減り、動物たちがより自然な表情をしているようだ。観る側もくつろいだ気持ちになる。自由を奪う囲いの中に置いているのだから、せめてできるだけ居心地良くあってほしい。

5_zoo_motoko

動物園。私の中では賛否両論が混在する場所。
狭い檻の中に野生動物を閉じ込めて自由を奪っている。かわいそう。

6_zoo_motoko

でも一方、珍しい動物を身近に観察でき、その大きさや変化に富む色形や佇まいに畏怖の念を抱いたり、可愛さに身もだえしたり。
動物園に行かなきゃ、大抵の人は一生目の前で観ることができない生き物たち。

7_zoo_motoko

たとえば下の写真の「アビシニアコロブス(Black and White Colobus Monkey)」。
中央および東アフリカに棲息するこの猿を実際に観れる人はまずいないだろう。白いケープは木から木へ飛び移るときパラシュートになるそうだ。
動物園の他の動物たちと同様、この猿も稀少動物だ。白黒の艶やかな毛皮ゆえ乱獲されたのだ。

8_zoo_motoko

動物園は、絶滅危惧種を保護し繁殖させるという役目も果たしている。動物園で繁殖させた種を、絶滅または減少した場所に放して生態系の回復を図るわけだ。
さらに、動物たちを研究し理解を深める場所でもある。

だからとりあえず、自分の中での結論は動物園は「必要悪」。

9_zoo_motoko

生き物を愛する者としては、動物たちがみじめな様子を目にすると気持ちが暗くなる。
動物園によっては、リフレッシュしに行ったはずが飼育環境が劣悪で、動物たちがストレス性の行動をしているのを観て、帰るころには憂鬱な気持ちに沈んでしまうことも。

10__zoo_motoko

でも、この行動展示型の動物園ではそんなことがなくなったのだ。爽やかな気持ちで動物園を去れる。

オレゴン動物園は、「アジア」「アフリカ」「グレート・ノースウェスト」など敷地が5つのセクションに分かれている。
動物の種類には変動があるようだが、1953年から飼育されているアジア象、クマ、キリン、ライオンなどの大型動物、アマゾンやアフリカの熱帯雨林に棲息する生き物を観ることができる。

11_zoo_motoko

ライオンは窓ガラスの向こうに。檻に入っているのを観るんじゃなく、ライオン親子の生活をちょっと覗かせてもらう感覚だ。
こんな環境で見ると、百獣の王のかっこよさが良く分かる。
子供のライオンが産まれて、前回私が訪れた時より数が増えていた。

12_zoo_motoko-top

チータの敷地もかなり広い。野生での行動範囲とは比べものにならないとはいえ、狭い檻にいるより居心地はいいはず。
生き物は緑の中にいるのがナチュラル。目に優しく見ていて落ち着く。

13_zoo_motoko

敷地が広大なので、急いで回っても半日、動物好きな人はゆっくり回ると一日でもいれる。
歩きやすい靴を履いて行った方がいい。

14_zoo_motoko

お腹が空いたらカフェで軽食を取れるし、レストランもある。

15_zoo_motoko

名物はエレファント・イヤー($5)。名前のとおり象の耳のように大きくて、揚げたての平べったいドーナツみたい。オイリーだけど、シナモンシュガーがたっぷりかかっていて、歩き疲れた時のエネルギー補給にぴったり。

16_zoo_motoko

園内には「ペッティング・ズー」と呼ばれる触れ合いコーナーが二ヶ所にある。囲いの入り口で手を消毒するのをお忘れなく。

17_zoo_motoko

ハクトウワシとは触れ合えないとはいえ、囲みネットの中に入って何の隔てもなく同じ空間で観ることができるのも貴重な体験だ。遠くの止まり木にとまっている。
ハクトウワシはアメリカの国鳥で、よくシンボルとして使われる。

18_zoo_motoko

展示室が暗すぎる上、絶え間なく動いているので写真に撮れないのだけれど、オレゴン動物園で私のお気に入りは、「ハダカネズミ」。(興味のある人、ググってみてね。)
まる裸で前歯が二本出っ歯になっている、それはそれはユニークなゲテモノ的ネズミ。
動物園では、地下のトンネルにうじゃうじゃと住んでいる様子を見れる。 (アリの巣を見るのと同じ要領。)

19_zoo_motoko

そして、豹柄が大好きな私の一番のお気に入りは、何といってもヒョウ。展示の仕方がよく考えられているから、ヒョウがねそべっている様子を目の前で観れるし、すぐそばを歩き回るのを観ることもできる。
豹柄はやっぱり美しい。

20_zoo_motoko

この動物園ではまだまだ拡張工事が続いている様子。今は象の敷地を整備中だ。
どんな象園ができるんだろう。

これからも飼育環境を改善して、動物たちがもっともっと居心地の良い動物園にしていくよう期待したい。

21_zoo_motoko

出入り口近くにある、動物園ショップに立ち寄るのをお忘れなく。
過去の「オレゴン動物園でお土産を買おう」記事も参考に。

Zoo railway という機関車で、園内を一周(有料)することもできる。
冬場には「ズーライト(Zoo Lights)」と呼ばれる夜間のライトアップを楽しめる。

Oregon Zoo

place 4001 SW Canyon Rd, Portland, OR 97221

time冬 (Jan. 1 – Feb. 29) 10am – 5pm, 春 (March 1 – May 25) 9am – 5pm, 夏 (May 26 – Sept. 3) 9am – 7pm, 秋 (Sept.4- Dec. 31) 9am – 5pm

web WEBサイト

毎月第二火曜日は$4
小さな子供用のカート有
TEL:503-226-1561
有料駐車場 有り
公共の交通手段を利用するよう推奨されている(Maxの乗車券を提示すると、入園時に割引が適用される)。MAXライトレールのワシントンパーク駅で下車。

Share This By

Popular Articles

チュロスって食べたことありますか? ドーナツのいとこのような揚げ菓子です。 スペインやポルトガルが起源のようです。 私はコストコのフードコートで時々買って食べてますが(たったの$1)、最近ポートランドに《180pdx - XURROLAND!》というチュロス専門のカフェが出来たと聞いて、行ってきまし...

美味しい中華料理屋さんの見つけ方を知っていますか? それは、中国人が大勢食べに来ている場所。 私は中国人や台湾人の友人が多く、彼らと食べ物の話になると、ポートランド近辺ではどこの中華レストランが美味しいかと尋ねてみる。 定番の答えは、「どこもまあまあなのよね」。 故郷のレストランと比べて言...

ポートランドにある憩いの古里「ポートランド日本庭園」(Portland Japanese Garden)。 ここは四季を問わず美しい、本格的な日本庭園です。 半年ほど休園になっていた日本庭園が2016年3月に再開したので、さっそく行ってきました。 ダウンタウンから西へ車で数分。以前ご紹介したオレゴ...

12月に入るとポートランドの至る所でクリスマスの雰囲気が味わえます。多くのお店やレストランでは素敵なクリスマスツリーが飾られ、クリスマスソングがあちこちから聞こえてきます。今年は、私にとってポートランドで迎える初めてのクリスマスなので、とても楽しみです。その中でも楽しみなのがクリスマスイルミネーション!ポートラン...

お久しぶりです。 綺麗なものと美味しいものを一度に味わえる、アフタヌーンティーが大好きなMotokoです。 夏の終わりの友人と私の恒例行事。それはアフタヌーンティーをすること。 今年は『ラベンダーブルー(Lavender Bleu)』にしよう、と決まりました。ここは数年前にも一緒に行って、二人とも大満足した場...

「バラの都」(City of Roses)と呼ばれるポートランド。今の季節は住宅の庭先にも車道の植え込みにもバラをよく見かけます。 こんにちは。花が大好き、特にバラを愛するライターのMotokoです。我が家の庭にも9種類のバラが11株あり、準ペット的な位置付けでお世話をしています。自分で育てるバラが咲くと格別に...

ズンバは、サルサ,メレンゲ等のラテンスタイルとフラメンコ,レゲトン,ヒップホップ,ベリーダンス等のダンススタイルを融合させた、賑やかでダイナミックなカーディオダンスエクササイズです。 テンポのいい音楽にのって思いきり体を動かし、新しいステップを覚えるのは本当に楽しいひとときです。 今回は「のれんポートランド」の...

自然と都市が共存する街、ポートランド。 ハイウェイに乗ってちょっと車をとばせば、そこはもう大自然。 海が見たいなって思った日は、小旅行気分で「キャノンビーチ(Cannon Beach)」へ行くのはどう? キャノンビーチへはポートランドから2時間弱、距離にして約100キロ程度かな。 ゆっくり起きて朝食をと...

春になると、日本の桜が懐かしくなる。 きっと、単に桜を見たいだけじゃなく、さくら餅とか季節限定のサクラ味のお菓子とか、この時期に出回る桜モチーフの雑貨とか、そういう季節感のある物が懐かしいんだと思う。 意外なことに、サクラの木はポートランドにも多い。 ただしソメイヨシノみたいな清楚な花じゃなく、ア...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン