『ポートランド日本語OKのAirbnb』に泊まってやりたいこと全部叶えよう!

ティムさんがAirbnbのホストを始めようとしたきっかけはシンプル。
「空いている部屋があるから」

こういうゆる~い感じがポートランダーの良さ。

airbnb001

今回Fumikoが紹介するのは『ポートランド日本語OKのAirbnb』。
ホストのティムさんのお家に泊まってポートランドでやりたいこと全部叶えよう。

まずはAirbnbとは何か?説明しよう。
Airbnbは2008年にカリフォルニア州サンフランシスコで創業された会社で、世界中の宿泊施設をオンラインで掲載・予約できるソーシャルネットワーキングサービスの会社である。いまや世界190ヶ国以上で宿泊施設を貸し出す人々とユニークな旅を求める人々をつないでいる。

airbnb002

このコンセプトのもと、現在ポートランドには約1600人のAirbnbを含む短期間賃貸サービスを利用して世界中の人々の旅のお手伝いをしているホストがいる。(ポートランドではAirbnbが市の条例で認められています)
そんな中でも日本人旅行者にお薦めなのが、今回紹介する『ポートランド日本語OKのAirbnb』。
日本語で予約・問合せOK。滞在中も日本語で地元情報を教えてくれるスーパーホストのティムさんが経営するAirbnbだ。

airbnb003

ティムさんがAirbnbのホストを始めようとしたきっかけはシンプル。「空いている部屋があるから」

airbnb004

「ホテルよりもゲストにあたたかい対応ができるし、なにより日本語が話せるので安心して滞在してもらえると思うよ。時間があればポートランドを案内してあげられるしね。自転車も2台あるから自由に乗ってもらっていいんだよ。」

airbnb005

ティムさんの家は20世紀初頭(1906年)にシングルファミリー向けに建てられ、その後70年代にDuplex(2世帯住宅)に改築された。扉が2つあるのはそのため。そんな歴史ある家をティムさんが購入したのは2012年。ちょうどリーマンショックの影響でポートランドでは不動産価格が底値となっていた時期だ。
「ラッキーだったね」

airbnb006

ティムさんの言葉に納得なのは底値で手に入れられたってだけじゃなく、住環境がとても良いってことにもある。ダウンタウンから19番か20番のバスで約25分のカーンズ(Kerns)という閑静な住宅街にありながら、ほんの2ブロック~4ブロック(半径500m圏内)歩くとオーガニックスーパーの「ホール・フーズ(Whole Foods)」や世界各国のレストラン、パン屋、カフェ、ブルワリー、映画館などが建ち並んでいる。

airbnb007

ゲストが希望すれば快くご近所ツアーをしてくれるし、行きつけのブルワリーやレストラン(このカラフルな建物はPambicheというキューバ料理のレストランです)で共に食事をしながらポートランドのお薦めスポットを教えてくれる。

airbnb008

ゲストに望むことはシンプル。
「普通に過ごしてくれればいい。」

基本的にティムさんのゲスト承諾基準はゆるい。どこに住んでいるか、どんな人なのかという簡単なゲストプロフィールがあれば誰でもOK。(詳しいAirbnb宿泊方法はAirbnbサイトのご予約~ご宿泊の流れを参照)

夜10時以降に部屋で大音量の音楽をかけたり、ダンスしたり、暴れまわるほど酔っぱらったりしなければ、夜中まで遊んで帰宅してもOK。ただし、夜中に家に入るときは静かにね。

airbnb009

1ベッドルームと記載してあるが、実際には広いキッチンとリビングルームも自由に使うことができる。キッチンにあるものは炊飯器から電子レンジ、調味料までなんでも使っていい。

airbnb010

気持ちよく目覚めた朝は、朝食前の散歩に出かけよう。

airbnb011

ティムさんがなぜ日本語が上手なのか?その理由は彼のユニークな経歴にある。
アラスカで育ったティムさんがどのように日本との関わりを深め、そしてポートランドに辿り着いたのか。そんなティムさんのストーリーは、ぜひ実際に泊まって聞いてほしい。たっぷりと語ってくれるだろう。

1)ポートランド市条例
ポートランド市では、短期間賃貸条例(Short-Term Rental Ordinance)が設けられ、正式にAirbnbが認可された。ただ、新しく制定された条例のため、ポートランドにあるAirbnb全ホストが申請登録を完了したわけではない。徐々に申請準備を進めているのが現状だ。ティムさんの家は建物の構造、設備等、既に市の安全基準を満たしており、市へ申請中である。

ティムさん談:Airbnbの考え方はとても新しいから、大多数の自治体では法整備が追いついていない。安全基準を懸念する声も多い。例えばニューヨークでは禁止の方向に動いている。でも、この流れは止められない。ポートランドはそのことを理解している数少ない存在。行政の介入には否定的な声も多いし、僕自身も正直言って必要だとは思わない。だけど、市は正しいことに挑戦していると思う。だから、僕は市に登録することに決めたんだ。

2)スーパーホスト認定バッジとは
Airbnbが四半期ごとに与える認定バッジのこと。これはAirbnb独自の認定基準で決められる。例えばゲストレビューのポイント数、問合せに対する迅速さ、ホスト側から宿泊キャンセルをしない…などのチェック項目をクリアして初めて与えられる。

ポートランド日本語OKのAirbnb

place Airbnbリスティング所在地:Northeast Couch Street, Portland

空き室状況はWEBサイトのカレンダーをご確認ください

WEBサイト / (Facebook)

(アメニティ・設備)Wifi、無料駐車場、キッチン、冷暖房、洗濯乾燥機、シャンプー、煙感知器、救急箱、自転車(2台)

*今回紹介させて頂いたティムさんのAirbnbでは25ドルの割引サービスをやっているそうです

Share This By

Popular Articles

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

みなさん、こんにちは!高校の留学プログラムでポートランドに留学中のKaitoです! 突然ですが、ウィンタースポーツと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? スキー、ボブスレー、カーリングなど色々ありますね。僕は沖縄生まれですが、海よりウィンタースポーツの方が得意です。笑 Mt.Hoodを訪れればスキ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

日本でもおなじみの夏の野外音楽イベント、夏フェス。ビール片手に好きなアーティストの演奏に耳を傾ける、音楽好きにはたまらない夏のイベントですよね。 ここポートランドでも毎年人々が心待ちにしている夏フェスがあります。 その名もPickathon(ピカソン)。ポートランドから南に車で約30分、Happy Va...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

In a previous article titled “Did you know that Japanese Americans in Portland were once forced to move?” we mentioned the “Yosegaki Hinomaru Return Effort”,...

ポートランドはDIYの街。そしてビールの街。自分の家でビールを作るのも、ごく自然なこと。たくさんの人がHomebrew(自家醸造)を趣味として楽しんでる。趣味が高じてブルワリーを開業した人もいる。 日本だと、法律とか税金とか大人の事情とかで基本的に違法なままのHomebrew。アメリカでは今や全ての州で合...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン