アメリカスポーツの祭典、スーパーボウルを100倍楽しむための予備知識。

スーパーボウルは、年に一度のアメリカンフットボールの祭典。そんな祭典が、今週の日曜日に開催を控えています。ポートランドでも、スーパーボウルの開催が近くにつれてそわそわした空気が漂っています。今回は、日曜日に控えたスーパーボウルをより楽しむための予備知識を、Noren Portlandスポーツ部のShogoが紹介します。

スーパーボウルとは?

image1-2

スーパーボウルは2つあるナショナルカンファレンス(NFC)とアメリカンカンファレンス(AFC)の優勝チーム同士が全米の頂点をかけて争います。日本の野球でいうセリーグとパリーグの優勝チームが日本シリーズで戦う。みたいな感じです。
 
スーパーボウルは今年で50回目を迎えます。スーパーボウルの週は”スーパーボウルウィーク”と呼ばれ、公式な祝日ではないものの、まるで祝日であるかのように盛り上がります。アメリカのスポーツといえば、バスケットボールのNBA、野球の最高峰メジャーリーグが有名ですが、スーパーボウルは世界で最も成功しているプロリーグと言われています。
 
実はアメリカのテレビ視聴率を一年通して見てみるとスーパーボウルが断トツのトップ(2015年は平均視聴率46.7%、ちなみにNBAファイナルが13.4%)で、テレビでのCM枠は30秒の放送で3億円を超え、オリンピックやワールドカップを凌ぐ世界一のスポーツイベントとされています。
 
先日行われたAFCの優勝決定戦、ニューイングランドペイトリオッツvsデンバーブロンコスの試合では過去30年の間でもっとも高い視聴率29.3%を記録し、平均視聴者数は5,330万にも上りました(当日東海岸が大雪で多くの人が外出の機会を失ったとの声もあります)。
 
チケットも非常に入手困難とされており、私が多くのサイトを調べた結果1番安いシートで40万円からでした。40円じゃありません、40万円です!最も高額な席は億近い額になり、地元での開催や応援しているチームが出場すると車や家を売ってまで試合会場に駆けつけようとするくらいです。
 
それだけアメリカ中の誰もが注目するお祭りなんですね。
ではいったいどのチームが今年はスーパーボウルに出場するのでしょうか???

デンバーブロンコス vs カロライナ・パンサーズ

image2-2

まずは5,330万人が見守る中AFCのチャンピオンに輝いたデンバーブロンコス。名前の通りコロラド州デンバーに本拠地を置く名門で、二年ぶりのスーパーボウル参戦になります。
 
注目選手はNFLにて殿堂入りが確実視されているスタークォーターバックのペイトン・マニングです。
 
父と兄(現役)もNFLでクォーターバックとして活躍しているエリート一家の出身で、彼自身もこれで4回目のスーパーボウルになります。そんなマニングも今年で40歳、今シーズン限りでの引退が予想されており、”これがマニング最後の勇姿だ”と一目置かれています。
 
ブロンコスはシーズンを10勝4敗でプレイオフ第一シードを獲得しました。迎えたAFCの決勝で昨年のスーパーボウルチャンピオンでもあるニューイングランドペイトリオッツと対戦、21世紀最強のクォーターバックとの呼び声も高いトムブレイディーとペイトンマニングの直接対決となり、試合終了まで勝敗がわからない試合でしたが、序盤のペイトリオッツのキックミスなどもあり、ブロンコスが2年ぶりのAFCチャンピオンに輝き、スーパーボウル出場を決めました。
  

対する相手、NFCの代表はノースカロライナ州、シャーロットに本拠地を置くカロライナ・パンサーズです。

今シーズンパンサーズはなんとレギュラーシーズンでたったの1敗。負け知らずの常勝軍団は、プレイオフでも多くのポートランドファンが応援したシアトルシーホークスに僅差で勝利、そしてNFCの優勝決定戦でアリゾナカージナルスに大差で勝つなどスーパーボウルまでは”順当に来た”と言っても過言ではないでしょう。
 
そんなパンサーズのチームを引っ張るのが5年目にして初のスーパーボウル出場を掴み取ったエースクォーターバックのカム・ニュートン選手。196センチと大柄ながらスピードも兼ね備えており、ランとパスを混同させて相手を翻弄します。
 
フロリダ大学に入学するも素行不良で他大学に編入し、そこでの活躍が認められ名門オーバーン大学に編入。大学最終シーズンになった2010年は大学アメフト最優秀選手賞を獲得、カレッジの優勝決定戦ではオレゴンダックスと対決しダックスを下しシーズン無敗でチャンピオンに輝いています。
 
その後ニュートンは当時NFL最下位であったカロライナパンサーズから全体の1位で指名を受け、チームを立て直すカギとして期待されていました。素行の悪さなどから評価の低かったニュートンでしたがチームはニュートンのおかげで激変。
 
それから5年、最下位だったカロライナパンサーズは今シーズンわずかに1敗にとどまり、念願のスーパーボウルへのプラチナチケットを手にしました。
 
ブロンコスのマニングはとてもまじめで正義感の強い選手なのに対し、ニュートンはどちらかという”大きな子供がフットボール場で遊んでいる”といった印象。
 
タッチダウンの時に行うお決まりのスーパーマンダンスや、フットボールを観客席に座る子供にプレゼントするなどフィールド外のニュートンにも注目です。

“プロのアメフトチームがないポートランド市民はスーパーボウルをどう観るか”

image3-2

さて、ポートランドの住民は一体どちらの応援をするのでしょうか?”
 
まず地図上で見てみると、パンサーズの地元ノースカロライナへはポートランドから飛行機で5時間弱、ブロンコスのあるデンバーへは3時間弱ということで、”近さ”という観点から見るとブロンコスを応援する人が多いかなと思います。
 
次に両チーム共にオレゴンダックス出身の選手が多く所属します。ブロンコスから背番号43番のT.J.Ward選手。パンサーズからは背番号84のEd Dickson選手と、28番のJonathan Stewart選手で、合計3人です。
 
さすがオレゴンダックス、両チームに同大学出身の選手がスターターとしてスーパーボウルに出場するのは、同じく名門アラバマ大学とオレゴン大学のわずか2校だそうです。オレゴン出身の選手の数から見ると2-1でカロライナの方が1人多いので、ダックスファンはパンサーズを応援するかもしれませんね。
 
もちろん、多くの人が隣町にあるシアトルシーホークスの三年連続スーパーボウル出場を願ったに違いありません。ですが、シーホークスがパンサーズに負けてしまった以上”シーホークスがスーパーボウルに出ればどこにでも勝てる”などといった”たられば”は通用しないのです。
 
筆者個人の見解をお伝えすると、マニング最終戦ということと、ニュートンのはっちゃっけぶりを嫌うファンが多く見えるのでやはりポートランドに住んでいる人たちはデンバーブロンコス寄りでは?と見受けられます。(ちなみに筆者はニュートンのような自由奔放なプレースタイルの選手が大好きなのでパンサーズを応援)
 
最後に、ポートランドでテレビ観戦を予定されている皆様へ。当日は日曜の夕方ということもあり各バー(特にBWW)は大変混雑が予想されます。外で観戦を予定していらっしゃる方は早めの時間設定、またはお店へ予約が必要かどうか確認の電話を入れておくとよいと思います。
  

アメリカ最大とも言えるスポーツの祭典がいよいよ今週の日曜やってきます。試合開始は午後3時30分。マニング最後の勇姿、ニュートンのフィールド中をまるで自分の家の庭であるように駆け回る姿、そしてダックスのOB選手達に注目して、第50回スーパーボウルを、おもいっきり楽しんでください!!!
 
読んでいただきありがとうございました

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

みなさんこちらの商品を見たことがありませんか?? はい、ティラムックチーズ!! 日本でもちょこちょこ見ますよね。コストコとかかな?? 今回は少しだけポートランドから離れますが、このチーズを生み出している工場に行ってみたのでプチリポートです。     Tillamo...

こんにちは。春になって日中はだいぶ暖かく感じられるようになってきましたね!   今回紹介するのは、「ポートランドのこと」を知ることができる、東京のイベントについてです。 4月12日から18日まで、東京、銀座の松屋にて「FINE GINZA MARKET」というイベントが開催されています。なんでも...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

日本でもおなじみの夏の野外音楽イベント、夏フェス。ビール片手に好きなアーティストの演奏に耳を傾ける、音楽好きにはたまらない夏のイベントですよね。 ここポートランドでも毎年人々が心待ちにしている夏フェスがあります。 その名もPickathon(ピカソン)。ポートランドから南に車で約30分、Happy Va...

記事で紹介しきれないポートランドの現地情報を日々更新しているNorenPortlandのTwitterアカウントから、厳選した過去Tweetをまとめてご紹介します! 第一弾は、NORENビール部による2015年後半のビアフェス情報のつぶやきをまとめました。 追加情報や記事下部の詳細もチェックして、今年のスケジュ...

ポートランドといえば、ランニングにサイクリング、ハイキングなど、スポーツ・アウトドアの盛んな街。 そんなポートランドだけにランニングイベントも多種多様。ポートランドの街を42.195km走り抜ける本格的なPortland Marathonから、思い思いのサンタの格好で冬のポートランドを走り、歩き、パレードするWE...

前編はこちら→オレゴンダックスの今シーズンを振り返る(10月〜11月第1週):前編 11月、ノリにノッてきたダックスは1ヶ月ぶりに本拠地ユージーンヘ戻ってカリフォルニアゴールデンベアーズ(UCバークレー)との一戦。連日の雨と寒さが続くもののファンたちが持つダックスへの熱さは夏から変わりません。 ...

短い短いカレッジフットボールのシーズンは名門アラバマ大学の優勝によって幕を閉じました。 今年はみなさん何度試合を観にスタジアム、あるいはバー等へ足を運ばれましたか? 私が執筆するオレゴンダックスについての記事も今回で第四弾になりました。いつも自己満足でとてもマニアックなネタばかりを書いていますが、私...

1年を通して、大小様々なクラフト市が開催されているポートランド。その中でも毎年5月と12月に行われるCrafty Wonderlandは、インディペンデントデザイナーや小規模なローカルビジネスの商品が大好きなポートランダーも楽しみにしている人気のイベントだ。今回は、個人的なクリスマスショッピングを兼ねて、 会場であるポ...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン