今年のコーヒーはコールドブリューがブーム? Stumptown Coffee 「Cold Brew」をためしてみる

2015年の夏にむけてアメリカでブームになるといわれているコーヒーがあります。コールドブリュー、アイスコーヒーの一種です。

コーヒーは熱湯を注いで抽出しますが、コールドブリューはその名のとおり、熱を加えません。長時間ゆっくり水で抽出して、フィルターで濾してつくります。熱湯だと出すぎてしまうコーヒーの苦味や雑味やエグみが少なく、スッキリした味わいが特徴といわれています。

日本にはたまに、ぽたぽたと水を落としてコーヒーを出す器具をおいている喫茶店があります。コールドブリューは昔から日本にある、あのダッチコーヒー(水出しコーヒー)と同じ原理です。

アメリカではChameleonをはじめ、続々とビン入りのコールドブリュー・コーヒーが発売されています。スターバックスも今月から一部店舗でコールドブリューを発売すると発表していて、今年はブーム化すると報道されてます。

ポートランドのサードウェーブコーヒーの雄、ごぞんじのStumptown Coffeeもコールドブリュー出しています。

cold-brew-1

店舗にいくとこんな風に棚においてます。

cold-brew-2
cold-brew-3

便利なことに、ポートランドではあちこちのスーパーでも買うことができます。NorenPortlandでご紹介した、New SeasonsTrader Joe’sにも並んでます。価格は3ドル50セント前後と、日本の缶コーヒーに比べるとなかなかのプレミアム感。

cold-brew-4

今回買ってためしたのは、テトラパック入のOriginalと瓶入りのブラックの2種類。

紙パック入りのOriginalを味見してみます。

cold-brew-5

まず濃いというか、生クリームの濃厚なとろみがあります。牛乳ではなくてアメリカのコーヒーショップでよく置いてあるハーフ&ハーフ(牛乳と生クリームを半々に混ぜたもの)がたくさん入ってます。

飲んでみると相当に甘い。「Lightly Sweetened」と書いてあるので、アメリカ基準では甘さ控えめなんですが、日本人の舌にはけっこう強いです。コーヒー牛乳っぽいレベルの甘さ。

残念なのは、紙パックだからなのか乳成分が多いからか、コーヒーの香りがあまりしないこと。高級な「生クリームコーヒー牛乳」っぽくて、値段と味を考えるとあまりおすすめしません。

cold-brew-6

次はビン入りのブラックの方。ビールをおもわせる、ガラスビンがかっこいい。栓もビールっぽい、ツイストタイプの王冠です。

栓を開けるといい香りが鼻にぬけます。スタンプタウンのグアテマラ産の豆と同じ香りがしますね。日本の缶コーヒーとは香りのレベルが違います。

グラスに移すと、コーヒーの色がとても薄い。でも旨みはしっかりあり、コーヒーの苦味やえぐみがあまり感じられません。さすがコールドブリューといったところでしょうか。

酸味もありますので、おそらくアフリカ系の豆もつかってます(まちがってたらすみません)。

こちらのビン入りブラックの方はStumptownのコーヒーの特徴もよくでていて、おすすめできます。ポートランドにお越しの際みつけたら、ぜひ試してみてください。

Stumptown coffee Roasters “Cold Brew”

web WEBサイト

Share This By

Popular Articles

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

ここまでダイジェスト版を含め、連載してきたPortland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第3部、日本での仕事について現地での様子と共に紹介していきます。 近年、ポートランドの人気はアメリカに留まらず、日本、そして...

ポートランドも暖かくなってきましたよ。街には日本から観光に来た方を多く見かけます。皆さん、どうぞオレゴンの大自然を満喫し、フード、ドリンク、カルチャーにたっぷり触れていってくださいね。 さて、連休や夏休みにはポートランドへ行こうと思っている方、もうお土産選びに悩む必要はありません。お土産シリーズ第5弾を参考にパパッと...

ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」の名物オーナーの一人、その名もキャット・ダディにアレコレ聞いてみた。 ぶっ飛んだエピソードが盛りだくさんで一回に収まりきらず。後編では、キャット・ダディのニックネームの由来、日本進出の狙いをまとめてみました。 インタビュー前編のブード...

ベーコンを乗せたドーナツ、呪いの人形ドーナツ、”どピンク”なお店のカラー。ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」を作った人はやっぱり破天荒だった。 トレース・シャノン(写真右の人)と、”キャット・ダディ”ことケネス・ポグソン(左の人)。友人同士だった二人が2003年に始めたブー...

雑貨屋Canoeが場所を変えて開店したということで、今回は新しくなったCanoeの魅力をお届けしたい。 現在のCanoeはBehind the Museum Cafeという日本人オーナーが経営している落ち着いた雰囲気の喫茶店の隣に位置している。このBehind the Museum Cafeの良さを知...

コーヒーに関わる仕事ができているってことが今でも信じられないんだ ―そう語るジョエルの言葉の1つひとつは、コーヒーの哲学者のようだ。 そんなジョエルと彼のコーヒーショップ「クーリエ・コーヒー」については、こちらを読んで欲しい。今回は「ロースト(焙煎)」のお話。 「ポートランドを訪れる人へのローカル...

街でふと立ち寄った雑貨屋さんに心奪われたことありませんか? 絵葉書・小瓶・キャンドル・香水・アクセサリー・・・ 小物好きにはたまらない世界がぎゅっとつまった宝箱のような空間。 今回は、ハイセンスなカフェやブティックが立ち並ぶパール地区(Pearl District)で、Mireiが心奪われた雑貨店Porch ...

皆さんは今年どのくらい買い物をしただろうか。2015年も残すところあと2ヶ月。ポートランドでは曇り空が増えて寒くなり、風が吹くたびに落ち葉が舞う季節になった。 買い物をする際の商品を選ぶ基準は人によって様々だ。今流行りのもの、お洒落なもの、お手頃価格なもの、そして、実用的なもの。 今まで買ったもののうち...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン