ローカルの枠を超えて大人気!ポートランダーが誇るこだわりのカップケーキ「Cupcake Jones」

「この街で一番好きなカップケーキはどこ?」
「カップケーキジョーンズ!」

60パーセント以上の市民が「ポートランドで一番好きなカップケーキ」にこのお店を投票した。
つまり、この街でカップケーキを食べるなら選択肢はただ一つ、カップケーキジョーンズ(Cupcake Jones)のみ。他のカップケーキ屋には悪いけどね。

なんたってこのお店、常連のお客さんがめちゃくちゃ多い。一度食べるとファンになることうけ合い。取材中も訪れるお客さんのほとんどが「また来ちゃったよ~」「今日のスペシャルは何だい?」なんて言いながらお店にやってくる。でもお洒落なパール地区にあるこのお店、世界中からの観光客も絶えないんだって。その国のローカル達が本当に好きなお店って、自然と観光客たちも寄ってくるよね。

1

「Hi! How are you doing?」

2-top

さすがカップケーキ屋さん、ドアを開けた瞬間聞こえてくるフレンドリーな声が嬉しい。
さらに、お店の奥から漂う焼きたてのスポンジの香り。思わず深く深呼吸したくなる。

3

ウィンドウケースにはカップケーキがずらり。
ここのお店の売りのひとつ、サイズが大きいのと小さいのとで2種類ある。小さい方は一口サイズで値段も断然安い。大きいのを1つ買うよりお得だと思って、いつも小さいのを2つ買うのがワタシ流。

4

スタッフのレイチェルが詳しく説明してくれるけど、どれも美味しそうでさらに迷う。
スポンジからアイシング、中に入ってるジャムまでぜーんぶ手作りで、材料は地元産のみ。お店の奥は小さな工場みたいになっていて、注文するとウィンドウケースからではなく作りたてのものが奥から出てくる。

5

そして、メニューを見ればわかる種類の多さ。
「毎日定番であるカップケーキ」「曜日ごとで変わるカップケーキ」「本日のスペシャルカップケーキ」
もはや何が何だかわからないが、つまり毎日来ても味に飽きないってこと。

常連さんは自分の好きなフレーバーがある、決まった曜日にやってきたりするんだって。
でも、「曜日ごとに変わるカップケーキ」は「マンスリー」だから来月になると何種類もの新しいカップケーキ達がその曜日の顔になる。

6

左が「ピーターズ・チョコレートミント(Peter’s Chocolate Mint)」右が「スモア(S’more)」
チョコレートミントの方は毎日あるフレーバーで、スモアは今月の火曜日限定。

7

中にはいってるミントフレーバーのクリームがチョコレートのスポンジとかなりマッチ。チョコレートが濃厚だけどミントのフレッシュな感じが食べてて飽きない。ちょっと大人向きの味でコーヒーとよく合う。普段は小さいのしか買わない私、大きいカップケーキが久しぶりすぎて食べ方を忘れ、口の周りが完全にチョコだらけ。

「S’more」って言うのは、キャンプをした時に食べるアメリカならではのお菓子。マシュマロを串に刺して炙る。いい感じに焼き色がついたら板チョコと共にビスケットでサンドして食べるあの美味しいやつ。とろとろになったマシュマロと、その熱で溶けたチョコとが相性抜群のあの感じが見事に表現されている。先ほど述べたように何から何まで手作りのこのお店。上に乗ってるマシュマロももちろんホームメイド。この手作りマシュマロ、ぜひ食べてほしい。

8

明るくて本当にフレンドリーなスタッフ。このお店で長く働いているココ(左)とペンサー(右)が、カップケーキ以外にも力を入れてることを熱く語ってくれた。

「売上の一部を地域の非営利団体に毎月寄付したり、イベントをして募金を募ったり、子どもたちのカップケーキ教室を開いたり、とにかく地元との繋がりを大切にしてるんだ。」とペンサー。

「みんながここのカップケーキを愛してくれる。だから、それを自分たちなりにこの街にお返ししてるの。」お店の壁一面に飾られているお客さんやスタッフの写真を見つめながら語ってくれたココ。

9

地元から愛される店には何かもう1つ魅力がある。

「カップケーキ」と「コミュニティー」
この二つの言葉がしっかりと結びついてるから、いいビジネスができてるんだね。

近々このお店が開くイベントに参加して、地域との繋がりをこの目で見たくなった。それまでは仲良くなった店員さんに会いに来たり、カップケーキ全種類を制覇したり… あぁ、やっぱりここには来る理由が沢山ある。

Photography by Melisa

Cupcake Jones(PEARL DISTRICT)

place 307 NW 10th Ave, Portland, Oregon 97209

time 「月 – 土 : 10am – 8pm, 日 : Noon – 6pm

Cupcake Jones(ALBERTA ARTS DISTRICT)

place 1405 N.E. Alberta St., Portland, OR 97211

time 「月 – 土 : 11am – 8pm, 日 : Noon – 4pm

web WEBサイト

TEL:503-222-4404
Wi-Fi: 無

Share This By

Popular Articles

チュロスって食べたことありますか? ドーナツのいとこのような揚げ菓子です。 スペインやポルトガルが起源のようです。 私はコストコのフードコートで時々買って食べてますが(たったの$1)、最近ポートランドに《180pdx - XURROLAND!》というチュロス専門のカフェが出来たと聞いて、行ってきまし...

電話やメールもいいけれど、手紙が好き。   家族や友人の誕生日のお祝いやお世話になった人への感謝の気持ちを伝えたい時などは、メールではなく手紙を送るようにしています。   届くまで時間は少しかかりますが、送る人のイメージに合わせて葉書や便箋を選ぶのは楽しいものです。 &...

昨今のいわゆる“ポートランドブーム”で日本人の観光客が増え、日本の製品が海を越えてポートランドにやってきてはいるものの、いまだに本当の日本食にめぐり合うのが難しいオレゴン州。 隣のカリフォルニアやワシントンに比べると、カジュアルにアメリカナイズされた日本食がはびこるポートランドですが、そんなポートランドで20年も前か...

雨が降りとても寒い日があるかと思うと、夏のように暑い日がある今日この頃。 皆さんこんにちは。 現在語学留学のためポートランドに来ております 甘い物大好きyukakoです。 皆さんドーナツはお好きですか? ポートランドではブードゥーとブルースタードーナツが有名ですが 実は他にも美味しくて可愛いドーナツ...

美味しい中華料理屋さんの見つけ方を知っていますか? それは、中国人が大勢食べに来ている場所。 私は中国人や台湾人の友人が多く、彼らと食べ物の話になると、ポートランド近辺ではどこの中華レストランが美味しいかと尋ねてみる。 定番の答えは、「どこもまあまあなのよね」。 故郷のレストランと比べて言...

ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」の名物オーナーの一人、その名もキャット・ダディにアレコレ聞いてみた。 ぶっ飛んだエピソードが盛りだくさんで一回に収まりきらず。後編では、キャット・ダディのニックネームの由来、日本進出の狙いをまとめてみました。 インタビュー前編のブード...

宿題を片手にローストしたてのコーヒーを一杯。 一週間の授業を終えた自分をねぎらうのにアップルサイダーを一杯。 テストを乗り越えた喜びを仲間と分かち合うために何軒かのBreweryをはしごしながら、クラフトビールを数杯。 コーヒーやクラフトビールで有名なポートランド。 実はおいしいワインも楽しめる。 ポ...

ベーコンを乗せたドーナツ、呪いの人形ドーナツ、”どピンク”なお店のカラー。ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」を作った人はやっぱり破天荒だった。 トレース・シャノン(写真右の人)と、”キャット・ダディ”ことケネス・ポグソン(左の人)。友人同士だった二人が2003年に始めたブー...

ポートランドで日本の味を探すのであれば、家庭的な温かみある風味を見事に再現したカレー専門店「Kale」を訪れるとよいだろう。カレー屋を営むのはYoshino Makotoさん。Kaleの特製ルーはこのお店で販売中だ。また、ビーバートンやシアトルの宇和島屋でも手に入れることが出来る。 ポートランドで日本カレーを作る...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン