ポートランドの愛しい日常を味わう「The Dragonfly Coffee House」

なんの変哲もない住宅街に、控えめにポツンと佇む、小さなカフェ。そんな徒歩圏内のローカルを対象としたようなお店が、とにかくレベルが高くてびっくりする……というのが、私がポートランドを好きな理由のひとつ。

ガイドブックに載るような華々しさはないかもしれない、けれど。コーヒーもペイストリーも普通においしくて、店員さんも普通に親切で、店内の雰囲気やBGMも普通に感じが良い。そうした「普通」がいくつも集まると、とびきり居心地のいい「最高」なお店ができあがる。そんな不思議な足し算でできたお店がポートランドにはたくさんあるけれど、なかでも私のお気に入りが「The Dragonfly Coffee House」です。

場所は、ノースウエストの24th AveとThurman Stの角。並木道に沿って家々が連なるのどかなエリア。ちらほらとショップや飲食店がありつつも、やっぱりここは住宅街という言葉がしっくりくる。

私がこのカフェに最初に行ったのは、初めてポートランドを訪れた時のこと。ビジネストリップで、飛行機が夜遅くにPDXに到着し、ホテルにチェックインしてそのまま就寝。翌朝、仕事前に近くのカフェで朝ごはんでも……とぶらぶら歩いて、たまたま見つけたお店でした。その偶然の出会いが、なんと幸福だったことか。

その日、まだ朝の6時過ぎだというのに、カフェはすでに満席の状態。ソファ席や相席用の大きめテーブルがひしめく店内には、愛犬の散歩がてら立ち寄った人、大きなマグを片手に新聞を読む人、書類を広げながら話すビジネスミーティング風のグループの姿が。ガヤガヤ、ざわざわ。朝型ポートランダーの元気の良さに気圧されつつも、私の電源も自然とオンに。

さーて、どこに座ろうかなと店内を見回してみると、インテリアが独特のかわいらしさを発揮していることに気づきました。天井のランプシェードや窓の木枠の配置、その向こうに見えるストライプの日除け。椅子やソファ、テーブルは、色味もデザインもバラバラ。まるで気まぐれに寄せ集めたような小物や家具が、不思議と空間に馴染んでいて、なんだか妙に愛おしい。

ドアストッパーがウサギだったり。

ドリンクメニューは、カウンターに掲げられた黒板に。ラテやカプチーノ、モカ、マキアートといったエスプレッソドリンク、レギュラーコーヒー、コールドブリューと、オーソドックスなラインナップ。ただしミルクはアーモンドやソイ、ココナッツ、ヘーゼルナッツオートやヘンプと選択肢の豊富さがうれしいところ。

ちょっと特徴的な点を挙げるなら、オーガニックのイェルバ・マテや自家製のチャイがあるところ。抹茶とイェルバ・マテをスチームミルクと合わせたThe Dreaming Dragonfly Elixirなんてドリンクもあります。

カウンター横には、お決まりのペイストリー・ケース。並んでいるのはクッキーやスコーン、シリアルバーなど、全体的に茶色くて、よくあるラインナップ。ところが、意外とあなどれないんだ、これが。全てのペイストリーは店内のキッチンで生まれる自家製の出来たてで、材料はなるべく地元産オーガニックを使うという、じつはこだわりのメニューなのです。

この日、私がオーダーしたのは、ダブルショットのラテと、大きめにカットされたコーヒーケーキ。ラテアートなんて洒落たサービスはないけれど、この肉厚のマグで飲むラテの、ホッとする美味しさといったら。クラッシュナッツがざくざく入ったコーヒーケーキを、ミルク多めのラテで流し込む。ハレとケでいったら、完全にケの味。なんでもない日常の味。

写真映えのしない茶色いかたまり、それはコーヒーケーキ。しかしながら、映えを意識しない素っ気なさとは対極にある、じんわり染みる味わい。ベタな言い方ではあるけれど「愛情たっぷり」というやつで、いちいち心に刺さるのです。

「ああ、こんなカフェが自宅のすぐ近くにあったら、幸せだろうなぁ」

忙しい朝の目覚ましの一杯のために、ラップトップを抱えて仕事をしに、休日の気分転換に、友達とのおしゃべりに……。いつでも普段着で使えるこんなカフェがあったら、毎日が豊かになりそう。

そんなことを夢見た初来店の時から、はや4年。まさかポートランド近郊に引っ越してくることになるとは、あの時はまったく思いもしなかったけれど。このカフェとの出会いが、不思議な縁をつないだような、そうでないような。とにかく、「ここに住んでみたい」という具体的なイメージを沸かせてくれたのは、たしかです。

残念ながら、諸事情あってこのカフェの徒歩圏内に住むことは叶わなかったのだけれど。今でもふと思い立ったらブーンと車を走らせて、このカフェへと来てしまう。なんの変哲もない、だけれど最高な「普通」を味わうために。

The Dragonfly Coffee House

place2387 NW Thurman St. Portland, OR 97210
time月-金 : 6:30am-6pm, 土-日 7am-6pm
web WEBサイト

Tel: (503)224-7888

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

アメリカの食べ物の王様といったらステーキ。健康志向で肉食度控え目という印象もあるポートランドですが、やっぱりここはアメリカ。昔から変わらない味とサービスで地元の人に愛される老舗ステーキハウスもあります。 Sayler's Old Country Kitchenがあるのは、ポートランドの東のはずれの郊外。用事がなけ...

ビールの街ポートランドの近郊には100軒以上のブルワリーがあって(Oregon Brewers Guild 調べ)、それぞれが特色のあるお店作りをしています。その中でも、自然の絶景に囲まれてビールが飲めるブルワリーがThunder Island Brewingです。 Thunder Island Brewingは...

Hello everyone! Portlandの魅力に惹かれっぱなしのパンです。 以前ポートランドを訪れてから早1年。このゴールデンウイークに思い切ってチケットを買い、ポートランドに遊びに行きました!バケーション期間中に仕入れた、ほやほやの情報をお届けすべく記事を書きます。 久しぶりにPortlandに訪れたら...

だいぶ時が経っての第2弾、このためにとっておいた事にさせて下さい。「PDX Sliders」に満を持して行ってきました。PDX Slidersは、ポートランドの中心部からは離れますが人気のバーガーショップです。 こちらもポートランドではお馴染み、フードカートから人気になったお店です。   ...

チップは、いつ、いくら払うべきなのか。アメリカに来た日本人がまず戸惑う場面のひとつだと思う。日本ではどこに行っても素晴らしいサービスが受けられるし、みんなそれは当たり前のことだと思ってる。だから、サービスの対価として”追加料金”を支払うチップの文化は、日本人にとっては不当に映るかもしれない。けれど、アメリカと日本の文化...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

チュロスって食べたことありますか? ドーナツのいとこのような揚げ菓子です。 スペインやポルトガルが起源のようです。 私はコストコのフードコートで時々買って食べてますが(たったの$1)、最近ポートランドに《180pdx - XURROLAND!》というチュロス専門のカフェが出来たと聞いて、行ってきまし...

電話やメールもいいけれど、手紙が好き。   家族や友人の誕生日のお祝いやお世話になった人への感謝の気持ちを伝えたい時などは、メールではなく手紙を送るようにしています。   届くまで時間は少しかかりますが、送る人のイメージに合わせて葉書や便箋を選ぶのは楽しいものです。 &...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン