ポートランドのドライブスルー・コーヒー「Dutch Bros. Coffee」

2週間前にポートランドに引っ越してきたばかりのYutakaです。
ロサンゼルスから、クルマで運転して引っ越してきました。

西海岸を北上し、カリフォルニア州からオレゴン州に入ると、町並みにひとつ、小さな変化があります。

ショッピングモールの駐車場や、ガソリンスタンドの横あたりに、カリフォルニアでは見かけない、物置小屋サイズの小さなお店がポツンとあるのをよく目にします。

ドライブスルー専門のコーヒー店です。

雨が多く、沈みがちな気分を上げるため、カフェインが摂りたい。
濡れるし、めんどうだから、クルマから外には出たくない。

そんなニーズを満たす便利なコーヒー店が、もちろんポートランドにもあちこちにあります。早朝から賑わっていて、夜遅くまで開いています。

dutch-1

そんな中でも、青い屋根が目印の「ダッチ・ブロス・コーヒー(Dutch Bros. Coffee)」、
クルマで走ってるとよく目に止まります。

1992年にオレゴン州の南部、Grants Pass の街で、店の名のとおりオランダ系の兄弟がエスプレッソマシーンを買って始めた小さなコーヒー店が発祥です。

dutch-2

現在では200店以上お店がありますが、ほとんどがドライブスルー専門。

dutch-6

今回はラテをオーダーしました。

ダッチ・ブロスはエスプレッソ専門店。ドライブスルーでも味に妥協せず、手で一杯一杯エスプレッソを抽出しています。豆は独自焙煎のブレンド1種類のみ。焦げ味が強すぎない、やさしい味わいです。

たとえば、Stumptown Coffee は、豆の強い旨みを引き出した、クールでおしゃれなコーヒーですが、ダッチ・ブロスは正反対。

ソフトで飲みやすい、ポートランドの「ふだん着」コーヒーといったところでしょうか。

ドリップコーヒーは置いてません。「コーヒー」とオーダーすると、エスプレッソをお湯で割った「アメリカーノ」がでてきます。

dutch-3

気持ちが明るくなるようなカラフルなデザインのカップ。風車とチューリップがオランダ風。看板もカップのモチーフ。

dutch-4

ダッチ・コーヒーのもう一つの特徴は、明るさ。

「お客さんにポジティブな気持ちを届ける」というクレド(お店の信条)が浸透していて、
個性的なスタッフさんが楽しそうに働いています。

ダッチ・コーヒーに行くと、カジュアルで気持ちいいの接客に、いつも、こちらのムードまで少し明るくなります。マニュアルじゃない自然な応対で、初めて行った店でも、じぶんが常連になった気がするくらいです。

カップのふたにも、ポジティブなメッセージが。

dutch-5

「Best Day Ever(人生最良の日を)」

dutch-7

「Love Abounds(満ちあふれる愛)」

ポートランドで、ドライブに出かけるチャンスがあったら、青い屋根のコーヒー店でクルマを止めて、一息ついてみて下さい。

やさしいの味のコーヒーでココロもカラダもあったまりますよ。

Dutch Bros. Coffee (Beaverton Hall Blvd店)

place8940 SW Hall Blvd
Beaverton OR 97223

time Sun – Thu : 5:30am-10pm, Fri-Sat : 5:30am – 11pm

web WEBサイト

Small $3.00 Medium $4.00 Large $5.00

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

夏に向けてだんだんと暑くなってきました。自転車で生活をするヨメ、ちひろです。 今回から記事を書く事になり、どきどき、わくわくしています。 私がここに住み始めたのも夏でした。もちろんオレゴンも夏は暑い!でも東京ほどじめじめしてなくて、木陰に行けば涼しい。 オレゴンに来たら自然を味わいたいですよね。車で海岸に行くのも...

コーヒーに関わる仕事ができているってことが今でも信じられないんだ ―そう語るジョエルの言葉の1つひとつは、コーヒーの哲学者のようだ。 そんなジョエルと彼のコーヒーショップ「クーリエ・コーヒー」については、こちらを読んで欲しい。今回は「ロースト(焙煎)」のお話。 「ポートランドを訪れる人へのローカル...

Norenを運営しているメンバーには平成生まれの人も多いのですが、よゆうで昭和生まれのYutakaです。 今よりは、はるかに戦争が近かった時代に育ちました。戦地で戦った経験のある学校の先生に教わったこともありますし、遠い親戚にはアメリカの戦争捕虜になったおじいちゃんがいました。子供の頃よく遊んでいた神社の倉庫の奥...

ブルワリーに負けず、コーヒーロースターやカフェも増えているポートランドの今日この頃、美味しいコーヒーはもちろん、見た目にも拘ったコーヒードリンクも増えてきています。今回はその中でもカフェ巡りが趣味の僕、Tsuboが思わず写真を撮りたくなるコーヒードリンクを4つ紹介します! ①「Courier Coffee」の「C...

ポートランドのコーヒーショップの何が面白いかって、 大多数のお店は朝6時頃から始まったかと思いきや夕方5時頃にはお店を閉めてしまうところ。 これで何が良いかって通勤通学前に買って持っていくことが出来るってこと。これはダウンタウン内のお店だけでなくて、ダウンタウンから離れたエリアでも同じで、朝8時には大多数のお店...

ポートランドは本の街です。ポートランド人がほこる書店「Powell’s Books」の存在はもちろんですが、カフェで熱心にペーパーバックを読んでいる人も多くみかけます。 Noren Portlandでは以前ビーバートンの図書館を紹介しました。本を読む人が多いからか、ポートランド市内や近郊にはすばらしい図書館が...

ポートランドからキャノンビーチなどのある太平洋岸まで車で2時間弱。ハイウェイ26号を使います。 中間地点からちょっと海寄りの山の中に、今回紹介したいものがあります。 こんな標識が出ています。標識が近すぎて、すぐ行き過ぎてしまいますのでご注意を。 湧き水です。 ...

こんにちは、ポートランドで新たな住まいを探す、リアル迷える子羊のライターTsuboです。Noren Portlandではポートランドの情報を扱った記事はもちろん、Instagramで現地の写真も紹介しています。 そんな中で3月より読者の方で写真に「#Norenportland」のタグを付けて頂いたものを...

春はもうすぐそこまで来ているはずなのに、どんよりした空模様のポートランドです。 家にいると、1日中ブルーノのPVを観て過ごしてしまいそうなので「ビーバートンシティライブラリー(Beaverton City Library)」に行くことにしました。 (もちろんブルーノ三昧の1日も悪くないのですが…小さな息子がい...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン