“セ・ボン(美味しい)”南仏ベーカリー&ビストロ『LA PROVENCE & PETITE PROVENCE』

10年前に初めてオレゴンに来たとき、「アメリカのパン、不味い…」とがっかりしたFumikoです。白米でカロリー摂取するなら、パンやチョコレートを食べた方がいい、というほどパン党の私にとって主食がパンのアメリカにどれだけ期待していたことか…
しかしその頃は美味しいパン屋の情報を知らなかったが為に近所のグローサリーで売っている酸っぱくて変な香りのする食感ゴワゴワのパンをしばらく食べ続けねばならなかった。
私と同じような思いを皆さんが抱かぬようにアメリカで美味しいパンが食べられるベーカリー『LA PROVENCE & PETITE PROVENCE(ラ・プロヴァンス&ペティ・プロヴァンス)』をご紹介。(写真はProgress Ridge店)

laprovence001

ラ・プロヴァンス1号店であるLake Oswego店はフランス出身のDidier(ディディエ)とベルギー出身のAlain(アレン)が1996年にオープン。そのすぐ後にフランス出身のパティシエのPascal(パスカル)がメンバーに加わって本格的に営業を開始した。
創業当時はディディエがパンを焼き、アレンが事務処理を行い、パスカルがペイストリーやケーキを作るなど3人それぞれが自分の得意分野を分担するアットホームなファミリーベーカリーだった。

laprovence002

ヨーロッパ出身の彼らがなぜポートランドにベーカリーをオープンしたのか。理由は2つ。
1つ目はベーカリーを始めようと思ったとき、ちょうどポートランドに住んでいたということ。
2つ目はフランス人であるディディエの出身地とポートランドがとてもよく似ていたからということ。ワイナリーがあって、気候も似ていて、そして景色もどこか故郷に似ている。そんな懐かしさからポートランドを選んだ。

laprovence003

オープンした頃は、のんびりとした雰囲気の店だったので苦労と感じるようなことはなかった。しかし、この10年で急速に会社が拡大し、全6店舗、スタッフ総勢400~500名という規模になり、処理することが多岐に渡って増えた為、今の方が大変になったようだ。
そんな多岐に渡る処理をバリバリこなしているのが、今回取材を快く承諾してくださったRetail Bakery Managerの志穂・ドーリングさん。彼女はオーナー達からの絶大な信頼を受け、数店舗のBakery部門のマネージメントを行っている。今年の秋以降にオープンするOrenco店も彼女がマネージメントを担当する予定だ。

laprovence004

現在6店舗あるラ・プロヴァンス。ロケーションによって名前が違うのはなぜか尋ねたところ、それは大きさによるものだそうだ。大規模店のLake OswegoとProgress Ridgeは「LA PROVENCE」。小規模店は「PETITE PROVENCE」。確かに!納得です。

laprovence005

全店舗で定番商品を同じ味で出せるのはオーナーのひとり、パスカルの力が大きい。Division店にある工場で毎朝3時からパン職人達が手作りでパンを作り、焼き上がったパンを各店舗に配送する。ただProgress Ridge店だけは成型まで終わったパンを店舗に届け、お店で焼き上げている。ほとんどの材料は地元から仕入れたものを使っているが、近い将来、全店舗で扱う野菜などは自家栽培したものを提供しようと、ポートランドから車で40分ほど南にある街Canbyに農場を買ったというから驚きだ。

laprovence006

 
 

~突然ですが、ここでLA PROVENCE部門別お店の人気商品&志穂さんお薦め商品発表~
ペイストリー部門、デザート部門、パン部門の3つの部門から、それぞれオススメをピックアップ!
 

“お店の人気パン&スイーツ!”

ペイストリー部門:アーモンドクロワッサン、チョコレートクロワッサン
(写真:アーモンドクロワッサン)

laprovence007

デザート部門:フレッシュフルーツタルト、ベルサイユ
(写真:フレッシュフルーツタルト)
laprovence008-top

パン部門:フレンチカントリー、バゲット
(写真:フレンチカントリー)
laprovence009
 

“志穂さんお薦めパン&スイーツ!”

ペイストリー部門:チーズブリオッシュ
laprovence010

デザート部門:ヘーゼルナッツ・キャラメル、フレンチマカロン、チョコレート・カバード・マカロン
チョコレート・カバード・マカロンは志穂さんが最近考案したもので、オーナー絶賛の新商品だ。6種類揃っているのはProgress Ridge店だけなのでぜひこの店を訪れた際には試してほしい。
laprovence011

パン部門:マッシュルーム・ガーリック、クランベリー・ウォールナッツ
(写真:マッシュルーム・ガーリック)
laprovence012

私のイチオシはヘーゼルナッツ・キャラメル。
チョコレート、ヘーゼルナッツムース、キャラメル、クッキー生地の4層で織りなされるこのケーキ。フォークを入れると美しくきらめく層が現れる。そのまま一気に口に入れると甘味と塩味がうまく溶け合いジワーッと広がっていく。濃厚なトップ3層にサクッとしたクッキー生地の食感がアクセントでいい。意外にも甘さ控えめなので最後までフォークが止まることなく食べ切ってしまえるだろう。
laprovence013

デザートやペイストリーは半年に1回、新商品を作っている。もちろん、シーズンごとのイベント、例えばクリスマスの定番ユーロ・ログ(ブッシュ・ド・ノエル)は毎年フレーバーが変わる。パンは1年に何回か新商品を開発し、人気の度合いを見て、各店舗で商品の入れ替えを行う。近年急速に増えたポートランドのベーカリーの中でも常に1位、2位を争う人気店でいられるのはこのように新しいものを常に開発しようという意欲とチャレンジ精神、そしてフレンドリーな味にある。また嬉しいことにデニッシュ系のパンなどが$2.50~3.00というお手頃価格なところもお客さん達が魅かれる理由なのだろう。
laprovence014
現在のところ下記の6店舗があるので、美味しいパンが食べたくなったら、ぜひお近くのお店に立ち寄ってみてほしい。

LA PROVENCE AT PROGRESS RIDGE

place15151 SW Barrows Rd #153, Beaverton, OR 97007

time 毎日 : 7am – 10pm

web WEBサイト

電話番号:(971)246-8627
 

LA PROVENCE

place16350 Boones Ferry Rd, Lake Oswego, OR 97035

time 毎日 : 7am – 10pm

電話番号:(503) 635-4533
 

PETITE PROVENCE DIVISION

place 4834 SE Division St, Portland, OR 97206

time 日 – 木 : 7am – 8pm  金・土: 7am – 9pm

電話番号:(503) 233-1121
 

PETITE PROVENCE OF THE GORGE

place 408 East 2nd Street, The Dalles, OR 97058

time 毎日 : 7am – 3pm

電話番号:(541) 506-0037
 

PETITE PROVENCE ALBERTA

place 1824 NE Alberta St, Portland, OR 97211

time 毎日 : 7am – 10pm

電話番号:(503) 284-6564
 

PETITE PROVENCE PDX

place 7000 NE Airport Way, Portland, OR 97218

time 毎日 : until 10pm

電話番号:(503) 493-4460

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

Meet Akiko Shiba, a Japanese winemaker who has taken a brave step and started making wine in Oregon. (We introduced her winery at a Noren event in Tokyo.) Sh...

革新的な街づくりを展開していることで世界中から注目を浴びているポートランド。そんなポートランドの街づくりに大きく貢献しているのがZGFアーキテクツ(Zimmer Gunsul Frasca Architects 以下ZGF)です。第1部ではZGFに所属する日本人建築家の渡辺義之さんがポートランドで働くことになった経緯や...

革新的な街づくりを展開していることで世界中から注目を浴びているポートランド。そんなポートランドの街づくりに大きく貢献しているのがZGFアーキテクツ(Zimmer Gunsul Frasca Architects 以下ZGF)です。環境と共生した持続可能(サステイナブル)な建築や街づくりの提案で高く評価されているZGFは...

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

チュロスって食べたことありますか? ドーナツのいとこのような揚げ菓子です。 スペインやポルトガルが起源のようです。 私はコストコのフードコートで時々買って食べてますが(たったの$1)、最近ポートランドに《180pdx - XURROLAND!》というチュロス専門のカフェが出来たと聞いて、行ってきまし...

In a previous article titled “Did you know that Japanese Americans in Portland were once forced to move?” we mentioned the “Yosegaki Hinomaru Return Effort”,...

昨今のいわゆる“ポートランドブーム”で日本人の観光客が増え、日本の製品が海を越えてポートランドにやってきてはいるものの、いまだに本当の日本食にめぐり合うのが難しいオレゴン州。 隣のカリフォルニアやワシントンに比べると、カジュアルにアメリカナイズされた日本食がはびこるポートランドですが、そんなポートランドで20年も前か...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン