ポートランドの小学校のボイラー室で乾杯!「McMenamins Kennedy School」

今年のポートランドの雨季は天気が良い日が多く、
ついお散歩がてらフードカートで昼食を買って
陽の当たる場所で食べて食費がかさんでいるMIREIです。
今回紹介するのは旅行に来たら是非行っておきたい場所、ダウンタウンからバスで20分ほどの、
前回紹介したコンコルディア・ブリューワリー(Concordia Brewery)があるケネディ・スクール(Kennedy School)です。

photo1

まずざっと歴史を。
ちょうど100年前の1915年に開校したケネディ小学校ですが、
修繕費不足や経営が成り立たず、統廃合のため1975年に閉校。
その後地域住民が植物を育てたり会議室として使ったりしていましたが、
マックメナミンズ(McMenamins)のオーナーのメナミンズ兄弟が1997年に買い取りリノベーション。
今はホテル・レストラン・温泉・映画館などがある複合施設になっています。

photo2

オーナー兄弟が建物を買い取ってブリューワリーとバーを造ると言ったときに
地域住民の反対もあったため、外観と中の構造はほとんど昔のまま。
閑静な住宅街に建つ姿はお酒を飲む場所というイメージからはほど遠いもの。

photo3

この小学校には
「教室を改造した35の客室をもつホテル」
「毎週プログラムが変わる映画館」
「中庭に囲まれた屋外の温泉」
「個性的な5つのバー」
「レストラン」
「グッズショップ」があります。

photo4

どのバーも開店時間が昼以降のため、まずはレストランで腹ごしらえ。
もちろんここは元小学校の食堂でしたが、食べるのは給食ではありません。

photo5

毎回頼んでいるマックメナミンズのエールサンプラー(Ale Sampler $8)をお供に

photo6

スモークシーフードウェッジサラダ(Smoked Seafood Wedge $13)
ウェッジとはくさび形という意味で、レタスを四つ切にした形のサラダに
燻製のゴマ風味の海鮮ドレッシングがかかっていてオシャレで美味!

photo7

スモークベーコンピザ(Smoked Bacon Pizza $9.50)
これはウィークリースペシャルメニューの1つで
かりっとした生地と燻製ベーコンのおかげでビールが手から離れません。

photo8

牛肩肉のステーキ・クロウサギデミグラスソース(Flat Iron Steak with Black Rabbit Demi $19)
デミグラスソースはクロウサギを実際に使っているわけではなく、
マックメナミンズのBlack Rabbit Redという赤ワインを使ったソースです。

なぜクロウサギか。
マックメナミンズ兄弟がまだ事業を始めだした頃、未来について話していると急にクロウサギが目の前を横切り、巣穴に飛び込んでいくのを見かけ
ふと「そうだ!気まぐれと予想外が集まるウサギの巣穴みたいな店にしよう!」とインスピレーションを得たのがきっかけで、
クロウサギがマックメナミンズのアイコンとなり
オリジナルのワインや料理・レストランやバーの名前によく使われるようになりました。

photo9

ケネディスクールの5つのバーの中で代表的なのは
ボイラー室バー(The Boiler Room Bar)とお仕置き部屋バー(Detention Bar)です。

photo10

ボイラー室バーはその名の通りボイラー室だった場所で、
ビリヤード台やテレビが設置されているコーナーもあれば
下を覗くとまさにウサギの穴のような薄暗いカウンター席もあり、
どこに座るかはあなたの自由。

photo11-top

バーカウンター内からそびえ立つボイラー器具や配管で作った柵と
マックメナミンズお得意のエスニック感漂う奇妙なインテリアの凝った装飾で、
ジブリ映画に入り込んだかのような非現実感の中でお酒を楽しめます。

photo12

お仕置き部屋バーは元々何か悪さをした生徒が放課後に罰として居残りさせられた部屋で、
今ではタバコOKの小さいハードリキュールバーになっています。

photo13

廊下の奥にはミニバーが付いている映画館もあり、
上映されている作品が黒板にチョークで描かれているこの可愛さに足を止めること間違いなし。

photo14

玄関横の校長室とプレートがかかっている場所がフロントで、
先生の休憩室と書かれている場所がギフトショップなど、本当に小学校を歩いている感覚を楽しめます。

photo15

廊下には当時の生徒たちの写真や貴重な資料もあり、
ちょっとした博物館としても十分楽しめる不思議な空間のケネディスクール。

photo16

クラフトビールや美味しい料理を楽しみながら
あなたも100年前のアメリカの小学校にタイムトリップしてみませんか?

photo17

Kennedy School

place 5736 NE 33rd Ave. Portland, OR 97211

time 「The Courtyard Restaurant」毎日 : 7am – 1am
「The Boiler Room Bar」月 – 木 : 4pm – 1am, 金 : 2pm – 2:30am, 土 : 12pm – 2:30am, 日 : 12pm – 1am

web WEBサイト

TEL:503-249-3983

Share This By

Popular Articles

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

ポートランドはDIYの街。そしてビールの街。自分の家でビールを作るのも、ごく自然なこと。たくさんの人がHomebrew(自家醸造)を趣味として楽しんでる。趣味が高じてブルワリーを開業した人もいる。 日本だと、法律とか税金とか大人の事情とかで基本的に違法なままのHomebrew。アメリカでは今や全ての州で合...

記事で紹介しきれないポートランドの現地情報を日々更新しているNorenPortlandのTwitterアカウントから、厳選した過去Tweetをまとめてご紹介します! 第一弾は、NORENビール部による2015年後半のビアフェス情報のつぶやきをまとめました。 追加情報や記事下部の詳細もチェックして、今年のスケジュ...

昨今のいわゆる“ポートランドブーム”で日本人の観光客が増え、日本の製品が海を越えてポートランドにやってきてはいるものの、いまだに本当の日本食にめぐり合うのが難しいオレゴン州。 隣のカリフォルニアやワシントンに比べると、カジュアルにアメリカナイズされた日本食がはびこるポートランドですが、そんなポートランドで20年も前か...

美味しい中華料理屋さんの見つけ方を知っていますか? それは、中国人が大勢食べに来ている場所。 私は中国人や台湾人の友人が多く、彼らと食べ物の話になると、ポートランド近辺ではどこの中華レストランが美味しいかと尋ねてみる。 定番の答えは、「どこもまあまあなのよね」。 故郷のレストランと比べて言...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン