週末ブランチ食べ歩きvol.2 食の世界のハンドクラフターが作る熱々料理 『Ned Ludd 』

ここは普段、夕方からオープンするのでブランチを食べられるのは日曜限定。
限定という言葉につい惹かれてしまうNorenメンバー、Fumikoが今回紹介するのはキング(King)地区にある『ネッド・ラッド(Ned Ludd)』。

nedludd001

キング地区はポートランドのノースイーストに位置し、北はエーンズワース通り、南はフリーモント通りを貫くマーティン・ルーサー・キング通りに広がる地区のこと。以前Norenで紹介したカップケーキジョーンズ(Cupcake Jones)のアルバータ店もこの地区に位置する。

かつてこの一帯には白人地区に家を買うことが難しかった貧困層のアフリカ系アメリカ人が多く住み、麻薬やギャングによる犯罪率が高い危険な地区だった。しかし、今では多くのアーティストたちが住み、ポートランドでも人気のショップやレストランが集まる地区へと変貌した。
nedludd002

扉を開けると、店内にはこだわりのインテリアが並ぶ。
nedludd003

オープンキッチンの中央にはレンガ作りの薪オーブンが鎮座し、鉄製のフライパンが炎の中に並べられている。

nedludd004

今回オーダーした料理は3品。
まず1品目はローストグレープフルーツのヘーゼルナッツがけ(roasted grapefruit, hazelnuts $5)。こんなグレープフルーツの食べ方は初めてだ。

nedludd005

オーブンでローストされた熱々でジューシーなグレープフルーツの上には粗く砕いたヘーゼルナッツと、これまた熱々の甘いシロップがかけられている。スプーンでグレープフルーツとヘーゼルナッツを一緒にすくって口に放り込むと、香ばしいナッツの香りと甘酸っぱいグレープフルーツの味がジュワーっと広がる。

2品目はリンゴマフィン・アップルバター添え(spiced apple muffin, apple butter $6)。

nedludd006

リンゴとシナモンの香りが柔らかく漂い、優しい味だ。添えられたアップルバターを温かいマフィンにのせると、生地にバターがシューっと馴染んでいく。フワッフワッしているのであっという間に食べられてしまう軽さ。

3品目はオーブンでローストされた半熟玉子、カボチャ、ホウレンソウ、ケールのマスタードクリーム焼き(baked eggs, squash, kale, mustard cream $13)。
1人分の大きさの鉄製フライパンに入って出てくるところが食欲をさらにそそる。彩りも春らしい。フライパンがカチンカチンに熱くなっているのでお料理がいつまでも冷めないまま食べられるのがいい。

nedludd007

トロリと溶けだす黄身とマスタードクリームを混ぜ、スプーンにすくっていただく。熱くて舌が焼けそうなのをフーフー言いながら口に入れると、マスタードクリームの酸味とクリーミーな味がホクホクのカボチャと絡み合って旨い。クリームはパンでキレイにすくい取りたい。こんなに美味しいソースを残すなんてもったいなくてとてもできない。
あまりに美味しいので別の角度からも、ワンショット。

nedludd008

店内の壁に大きく描かれている男性が『ネッド・ラッド』という店の名前の由来になった人物。18世紀にイギリスで起こった産業革命に反対する手工業労働者たちのリーダーとして知られている。彼らの精神に敬意を表して生み出される『ネッド・ラッド』の料理は手作りにこだわり、一品一品がクオリティの高いものだ。オレゴンの地元農家から良質の食材を厳選して仕入れ、手作りにこだわりながらも、手頃な価格で提供してくれている。ポートランドではこういう店が地元からとても支持され、愛されている。

nedludd009

食の世界のハンドクラフター。彼らの自信あふれる笑顔と、彼らが作る熱々の料理に会いに『ネッド・ラッド』を訪れてみてはどうだろう?
ポートランドに来たならぜひ訪れて欲しい店のひとつだ。

nedludd010-top

nedludd011

Ned Ludd

place 3925 NE Martin Luther King Jr Blvd, Portland, OR 97212

水 – 日 : 5pm – 11pm, Sunday Brunch 9am – 2pm, 月 : Pizza Monday 5pm – close, 火 : closed

WEBサイト

Tel:503-288-6900

Share This By

Popular Articles

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

チュロスって食べたことありますか? ドーナツのいとこのような揚げ菓子です。 スペインやポルトガルが起源のようです。 私はコストコのフードコートで時々買って食べてますが(たったの$1)、最近ポートランドに《180pdx - XURROLAND!》というチュロス専門のカフェが出来たと聞いて、行ってきまし...

In a previous article titled “Did you know that Japanese Americans in Portland were once forced to move?” we mentioned the “Yosegaki Hinomaru Return Effort”,...

昨今のいわゆる“ポートランドブーム”で日本人の観光客が増え、日本の製品が海を越えてポートランドにやってきてはいるものの、いまだに本当の日本食にめぐり合うのが難しいオレゴン州。 隣のカリフォルニアやワシントンに比べると、カジュアルにアメリカナイズされた日本食がはびこるポートランドですが、そんなポートランドで20年も前か...

美味しい中華料理屋さんの見つけ方を知っていますか? それは、中国人が大勢食べに来ている場所。 私は中国人や台湾人の友人が多く、彼らと食べ物の話になると、ポートランド近辺ではどこの中華レストランが美味しいかと尋ねてみる。 定番の答えは、「どこもまあまあなのよね」。 故郷のレストランと比べて言...

以前の記事「ポートランドの日系人が強制移住させられた歴史を知っていますか?-Oregon Nikkei Legacy Center」の中で「寄せ書き日の丸(日章旗)返還」について触れているが、今回はこの「日章旗返還」について詳しく知りたいと思い、映画「グーニーズ」の舞台として有名な海岸沿いの街、オレゴン州アストリア...

ポートランドも暖かくなってきましたよ。街には日本から観光に来た方を多く見かけます。皆さん、どうぞオレゴンの大自然を満喫し、フード、ドリンク、カルチャーにたっぷり触れていってくださいね。 さて、連休や夏休みにはポートランドへ行こうと思っている方、もうお土産選びに悩む必要はありません。お土産シリーズ第5弾を参考にパパッと...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン