神はわれわれの幸せを求めてる。ビールがその証拠。13 Virtues Brewingほか

小さなサンドウィッチ・ショップとして1987年にオープン、93年にビールを作り始めた13 Virtues Brewing(サーティーン・ヴァーチューズ・ブリューイング)がZwickelmaniaレポートの3件目。前回のPortland U-Brew & Pubからは徒歩1分。ちなみにZwickelmaniaはオレゴン中のブルワリーで工場見学とテイスティングがフリーで楽しめる年に一度のクラフトビールの祭典なんだけど、詳しくは第1回はここを見てね。

P1

「13 Virtues」という名前の由来は100ドル札の肖像にもなってるベンジャミン・フランクリンが残した信念「十三徳」。ベンジャミン・フランクリンは学者であり政治家でありビジネスマンでもあり、アメリカ独立にもいろいろがんばった、えーと、まあ、とにかくえらい人だ。日本でいうところの福沢諭吉にイメージ近い気がする。高額紙幣の顔だし。そんな偉大なおじさんは、「神はわれわれを愛し、われわれに幸せになることを求めている。ビールがその証拠である」なんて名言も残してたりするんだ。

P2-top

ガイドしてくれたのはブリュー・マスターのデーヴィッド(David)。身振り手振りをまじえての熱弁は、Facebookつくったザッカーバーグ氏にちょっと似てる気がする。

「13 Virtuesはとても小さなブルワリーなんだ」とデーヴィッドは言う。2014年に作ったビールは270バレル(31,590リットル)。今年は400バレル(46,800リットル)を予定してるとか。って言われても、いまいちピンとこないよね。

p3

オレゴン・ブルワリーの生産量トップ5はこんな感じだから、たしかに13 Virtuesは小さなブルワリーだ(Wikipediaより)。
1.Widmer Brothers Brewery:450,000バレル
2.Deschutes Brewery:225,000バレル
3.Full Sail Brewing Company:130,000バレル
4.BridgePort Brewing Company:100,000+バレル
5.Rogue Ales:66,000バレル

Widmer Brothersはここ、Deschutesはここここで紹介してるのでチェックしてみてね。

参考までに、日本でトップのアサヒビールの年間生産量は約1,800万バレル。Oregon Brewers Guildによると、オレゴン中の221のブルワリーでの2013年の生産量は140万バレル。オレゴン中が束になっても、アサヒビールの10分の1以下。

p4

13 Virtuesは小さなブルワリーだけあってラインナップもなかなか個性的。アルコール度数10度、その名も「MAX STOUT」とか、強めのビールが得意なのかも。

p5

発酵3日目のビールを特別に試飲。正確にはこれはまだ”ビール”じゃない。デーヴィッドは大麦の汁(barley soup)って表現してた。発酵って、酵母が糖分を分解してアルコールを作る過程のことなんだけど、この段階では、まだまだアルコール分は少なく、糖分が多め。そう、ほのかに甘い。でも、ビールの風味は既にしっかりある。

p6

ここは地下の貯蔵室。13 VirtuesではSour Beer、その名の通り酸っぱいビールも作ってる。デーヴィッドによると、Sour Beerはすごくトラディショナルなビールで、“普通の”ビールよりも歴史は古いんだとか。Sour Beerが出来るまでには木樽で1~5年寝かせる必要がある。デーヴィッド情報では、最近ポートランドでSour Beerの人気が高まってるらしい。ちなみに、Deschutesの記事で紹介したゴーゼ(GOSE)はSour Beerの一種。

p7

4件目に訪れたのは、Alameda Brewing(アラメダ・ブリューイング)の醸造所兼倉庫。ここはZwickelmaniaの間だけの限定開放。普段飲みにいけるパブは別のところにある。

p8

ここではツアーは行われてなかったけど、またしてもフリーでふるまわれまくるビール。

p9

Alamedaのお兄さんたちはちょっとコワモテ系が多い気がする。

p10

「オレを撮ってくれ」とアピールしてきた参加者のおっちゃん。何件もハシゴしてだいぶゴキゲンなごようすで、何言ってるのかよくわからなかったです、すみません。

p11

醸造中のタンクから豪快に吹きこぼれる泡。舐めてみたら苦かった。

p12

山積みされたドイツ製のモルト(麦芽)。

p13

チリ製のモルトとか、Fossil-Free Maltingの恐竜マークもかわいい。

p14

最後はサイケなサイロがお出迎えするGigantic Brewing(ジャイガンティック・ブリューイング)。このモチーフはなんだろう。ラクーン(あらいぐま)?

p15

「IPAにする? スタウトにする? そ・れ・と・も…」とやさしく尋ねてくれるイケメンのスタッフさん。

p16

タンクから直にふるまわれるビール。5軒目ともなると、これももう見慣れた風景。

p17

Giganticはラベルのデザインがかっこいい。マジンガーっぽいロボにクマ対サメ対コンドル。あちこちにラベルが展示されてて、デザインへのこだわりが感じられる。

p18

ジャパニーズ・スタイルのデザインも。これは日本人アーティストに依頼して制作したんだとか。

と、このあたりで終了時刻の4時を回ったので、今回のブルワリー巡りはお開き。Zwickelmaniaに参加してるブルワリーはまだまだ100軒以上ある。バレンタイン・デーにオレゴンにいるなら、迷わずビールを飲みに行こう。

Zwickelmania

time 毎年バレンタインデーの11am – 4pm に開催

web WEBサイト

開催されるブルワリーは点在しているのでWEBサイトにてご確認願います

13 Virtues Brewing

place 6410 SE Milwaukie Ave Portland

time 月 – 木:9am – 10pm、金土:9am – 11pm、日:9am – 9pm

web WEBサイト

TEL : 503-239-8544

Alameda Brewing

place4765 NE Fremont St, Portland

time 日 – 木:11am – 10pm、金土:11am – 11pm

web WEBサイト

TEL : 503-460-9025

Gigantic Brewing

place5224 SE 26th Ave. Portland

time 月 – 金:3pm – 9pm、土:12pm – 9pm、日:12pm – 8pm

web WEBサイト

TEL : 503-208-3416

Share This By

Popular Articles

ポートランドはお酒の街。ビールとワインはつとに有名だけど、サイダーも外せない。日本でサイダーと言ったら三ツ矢サイダーのインパクトが強すぎるからか、フランス語読みのシードルという名前の方が知られてるかもしれない。アメリカでサイダーと言ったらリンゴ酒のこと。アルコール入ってないリンゴジュースのこともサイダーと呼ぶから、区別...

みなさんこちらの商品を見たことがありませんか?? はい、ティラムックチーズ!! 日本でもちょこちょこ見ますよね。コストコとかかな?? 今回は少しだけポートランドから離れますが、このチーズを生み出している工場に行ってみたのでプチリポートです。     Tillamo...

1月にNoren内でも紹介させてもらった「Wonderful Wonderland! PORTLAND FAIR」いよいよ来週より開催です。 今回はそんな中でも特に注目すべきポイントを3点紹介させてもらいます!   ① 毎日変わる?クラフトビールバル! ② こんなに集まるのはこ...

こんにちは。春になって日中はだいぶ暖かく感じられるようになってきましたね!   今回紹介するのは、「ポートランドのこと」を知ることができる、東京のイベントについてです。 4月12日から18日まで、東京、銀座の松屋にて「FINE GINZA MARKET」というイベントが開催されています。なんでも...

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

日本でもおなじみの夏の野外音楽イベント、夏フェス。ビール片手に好きなアーティストの演奏に耳を傾ける、音楽好きにはたまらない夏のイベントですよね。 ここポートランドでも毎年人々が心待ちにしている夏フェスがあります。 その名もPickathon(ピカソン)。ポートランドから南に車で約30分、Happy Va...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン