CSAって知ってる?新鮮なオーガニック野菜を、農場から直接食卓へ

Real Portlander’s Real Life #3 Laura Masterson Owner of 47th Avenue Farm
 
こんにちは、きよら@ポートランド です。 皆さん、CSAって聞いたことありますか? コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャー(Community Supported Agriculture)の略で『地域によって支えられている農業』と訳したらいいのかな。ググってみると、日本でもちらほら、取り組みが始まっているようです。

ポートランドに越してきた翌年、以前から興味のあったCSAの受け渡し場所が近くにあることを知り、さっそく入会してみました。春から秋にかけてのサマーシェアと、冬の間のウィンターシェアを通して、夏場は毎週、冬は2週おきに新鮮なオーガニックの野菜を、近くの農場に受け取りにいく。受け渡し期間が始まる前に前もって支払いをすませておくことで、農場側は必要な資金を集め、美味しい野菜を作ってメンバーに還元する。この仕組みは、新鮮なようでもあり、自家製の野菜や食品をあげたりもらったりの、日本の古き良き、田舎の生活を思い出させるようでもあります。

ここポートランドでは、CSAは90年代半ばに始まり、急速に広まりました。

今回は、その草分け的存在である、ローラ・マスターソン(Laura Masterson)に話を聞いてみました。

「これからCSAをするからお金をちょうだい」

csas-4
Nローラは、いつから農業を始めたの?
 
Lauraちょうど20年前。友達を集めて「これからCSAをするからお金をちょうだい」ってね。それを資金にして、オーガニックの野菜を育て始めた。
csas-8
Nえ、いきなりCSAから?
 
Lauraそう。それまで農業の経験はなかったの。大学では生物学を専攻していたんだけど、その3年生の時に、趣味でガーデニングを始めたら、楽しくてはまってしまって、、笑

仕事として農業を始めてから、少しずつ土地を探して、あちこちの畑を耕作してて、物理的にも大変だなあと思っていた頃に、ここラスチャーファーム(Luscher Farm)からの農場経営者募集の話が来て。それで応募したら受かったの。11年前。その後、ここより南の方に別の土地を買って、そこでも野菜を栽培してるのよ。
csas-9
Nどうやってやり方を学んで来たの?
 
Lauraトライアンドエラーでやってるよ。それにオーガニック農法をやっている農家にできるだけ入り浸って学んでる。皆おおらかに、色々教えてくれた。。。あ、今もだね。そいういう人々から得るいろんな情報が、とても役立っているよ。現在は有機農業のインターンシップとか、ビジネスのキュレーターとかあるけど、20年前はそんな情報やサポートもなかったから。

あと、本を読んで試してみたり。バイオーム(Biome)について書かれたものとか。

本当は複雑な「土」のはなし

csas
Laura休作中の畑には、草と豆類を茂らせてるの。草は炭素を、豆類は窒素を還元するのよ。畑おこしをするときに、これらの草を刈って混ぜ込むの。そうすることで、肥料を半分に減らすことができる。窒素を還元するバクテリアが豆類の根っこについて、バイオームを形成し、空気中の窒素を土の中に取り込むの。魔法みたいでしょう。

なぜか、農業は技術がなくてもできると思われているふしがあるね。本当は、土はとても複雑。雑草の処理にしても、その成長過程で方法が違ってくるの。雑草がまだ小さいうちには、finger(雑草抜き機械の部品の種類)を使うとか。土中のバイオームを荒らさないので、土の健康が保てるのよ。深く掘り起こすほどバクテリアが死んで、回復するのに時間がかかるから。

同じ作物を、連作しないとかもね。例えば、ポロネギ(Leek)だったら、5年間はその場所には作らない。

人間が、プロアクティブ(proactive)であれば健康を保てるように、土もそう。土のバイオームを健康に保つことで、栄養のある、病気に強い健康な野菜ができるのよ。

『現実逃避』だと思ってたことが、自分の『好き』だと気づいた

csas-3
Nこれがやりたいことだ!って分かった瞬間覚えてる?
 
Lauraそれが面白くて。

カリフォルニアで育ったんだけど、私のおじいちゃんが、アボカドやレモンや、いろんなものを植えていて。それで小さい頃に、手伝ってたのよ。

大学では、将来は獣医になろうかな、それともどこかの研究所かな、とか、色々考えていたわけ。でね、卒業が近くなって、研究所にインターンで行ってみたりもしたんだけど。

ほんと気づかなかった。その頃、楽しんでいたガーデニングは、ただの『現実逃避』だと思ってた。やりたいことが見つからず、だらだらと問題を避けている、というか。でも、植物は好きで、やっていると楽しい。

で、思い返してみたら、植物を育てることや、自然の中にいるのが好きで、そして癒されてきたことに気づいて。それで『農業だ』と思ったの。
その頃短期的に、造園会社で働き始めたの。少ししたら、きっとまたバイオ関連の仕事に戻るんだろう、って思ってたんだけど、そうはならなかったという。。。
『瞬間』というわけではないけど、そんな感じかな。

で、その後、もっとサステイナブルなことに取り組みたいと思うようになって。食べることに関しても興味があってね。ちょうどその頃、CSAのことを知って、それで小さく始めてみることにしたのよ。

今は、さらに南の畑では、馬を使って耕作しているの。二頭飼っててね、一緒に土を耕して。終わったら納屋に連れ戻して。馬が好きで、小さな頃から乗ってきたので、そういうことをやりたかった。とても楽しいよ。

  
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
  
ローラの率いるフォーティーセブンス・アベニュー・ファーム(47th Ave Farm)では、現在200組以上のサポーターに、『農場から食卓へ(Farm to Table)』直接新鮮な食材を提供しています。低所得者向けの無料食料クーポンも使え、さらに余った野菜は、地域のNPO、主に高齢者の食事のために寄付されます。
csas-5
他にも、いろんな話を伺ったんですが、やはり農作物や土の話、そして馬のことになると、きらきらした目で話してくれたのが印象的でした。
 
日本野菜や発酵文化にも興味があって、自分で白菜のお漬け物を漬けたりもしてるそうです。これから作ってみたい野菜の品種や、漬け物の漬け方について逆に質問を受けたり、話がつきませんでした。
日本人と共同で枝豆の研究をしていたり、ローラの野菜を使っているレストラン(Navarre)の姉妹店が日本にオープンしたり、と、何かと日本との縁もあるよう。
csas-7
また、受け取った野菜は、珍しいものも多く、どうやって食べたらいいか分からないときのために、メンバー向けにレシピの載ったウェブサイトも用意してあります。これらのレシピがまた、おしゃれで美味しいのです。
 
ポートランドにお住まいの方、夏のシェアはもう始まっているけど、もし興味があれば、ぜひのぞいてみてください。広々とした周辺を散歩するだけでも、気もちいいですよー!
csas-top

LUSCHER FARM

place125 Rosemont Road West Linn, OR 97068

web WEBサイト

CSA Pick Up: Every Thursday 5-7pm May 19 – Oct. 27
 

47th Ave Farm

web WEBサイト

Share This By

Popular Articles

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

シェイクシャックの次はこれだ!! ポートランドが誇る人気ハンバーガーチェーン「Little Big Burger」!! 今回ご紹介させていただく「Little Big Burger」はポートランドでチェーン展開されているハンバーガーショップです。食材はすべてオーガニックでとても美味しいんです! すでに...

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

みなさん、こんにちは!高校の留学プログラムでポートランドに留学中のKaitoです! 突然ですが、ウィンタースポーツと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? スキー、ボブスレー、カーリングなど色々ありますね。僕は沖縄生まれですが、海よりウィンタースポーツの方が得意です。笑 Mt.Hoodを訪れればスキ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

With both housing prices and rents marching relentlessly upwards, Portland’s status as one of the most heavily moved to cities is creating a whole lot of demand...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

電話やメールもいいけれど、手紙が好き。   家族や友人の誕生日のお祝いやお世話になった人への感謝の気持ちを伝えたい時などは、メールではなく手紙を送るようにしています。   届くまで時間は少しかかりますが、送る人のイメージに合わせて葉書や便箋を選ぶのは楽しいものです。 &...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン