• Singer / Office worker

  • Kate&Jody

  • INTERVIEW

  • Writer Kiyora

『スラッシュ(/)で生きる。』Real Portlander’s Way of Life

『将来の目標?スラッシュ(/)で生きることね』
Real Portlander’s Way of Life #2 Kate and Jody ( Singer / Office worker )
以前紹介したResound NWで出会ったケイトとジョディ。まったくタイプの異なる2人の声のハーモニーは、絹のようになめらかで力強く、強い印象が残った。彼女達の出会いの話、そしてポートランドでの生き方について聞いてみました。

出会い

three singing blackboard

N2人はソングスタジオで出会ったの?

Jody2年前のある日ケイトが歌ってるのを聞いたの。あの時は、タイタニアムを歌ったのよね。そのとき「彼女、すっごく好き!!」って思って。それで、彼女のところまで行っのよ。

Kate私は、いったい何が起こってるの!?って感じで。なんで二人で一緒に歌うようになったんだっけ?

Jodyはっきり覚えてないけど、私が一人では恥ずかしすぎて歌えないって言ったことから、じゃあ二人で歌おうか、ってなったような。私は前から、プライベートレッスンを受けてたダン(ダニエル)に「他の人たちと一緒に歌いたい」って言ってたのよ。それで、ダンは「じゃあ誰か連れて来ようか」 ということになって。で、ボイスレッスンを一緒に受けたのよね。

N2人の相性は最初から良かったの?

Kate一緒に歌い出したら、すごく楽しくて。なぜかと言うと、私たちの声が、一緒に歌うのにとても合っていたの。二人の歌い方やバックグラウンド、歌う曲のタイプも違っていたから、歌ってみるまで全然分からなかったんだけど。私はクラシックをやっていたけど、ジョディはゴスペルやソウルミュージックで。そんな風に、二人は完全に違っていたけど、一緒に歌うと、すごく良かった。で、今までずっとやってきたという。

N2人は毎週一緒にレッスンを受けているの?

Kate&Jody長い間やってるね。面白いね。

N別々にレッスン取ることは?

Kateうん、たまにはね。でもだいたい一緒ね。

N2人のユニットの名前は?

Kate&Jodyないー!!(笑)みんなに聞かれるのよね。ダンとか「君達のバンド、なんて呼ぼうか?」だって。

Jody私たち楽器やらないし、バンドじゃないんだけど (笑)

Kateいつかは、ね。いい名前を思いつくのを待ってるところかな。

Jody私たち、次は”オープンマイク(レストランなどの公開ステージで、飛び入り演奏すること)”でやるの。

Kateちょっと怖いけど。

N 二人は、プロのシンガーだったの?

Jody2人とも違うわ。私は、高校のときは合唱部、大学でゴスペルクワイヤー。それだけ。

Kate私は、大学でクラシックを勉強したけど、プロの歌手になりたいとは一度も思わなかった。ジョディは、ずっと長い間 あがり性で、わたしはそこまでひどくはないけど、演奏することを楽しんでたわけじゃなかった。舞台で歌うことはストレスに感じてね。途中のプロセスや、クリエイティブであるとか、そういう方が好きだった。

私はただ、ケイトと一緒に歌いたいだけ

three singing blackboard crop

Nとっても上手いから、もうライブとかやってるのかと思ったよ。

Kateいや〜、それがまだなのよ。将来やるでしょうけど、いつかはまだ分からない。

Jody褒められると嬉しいけどね、人前で歌うことを想像すると、まだあわわわってなる(笑)一度スタジオの集まりに、夫と弟を招待したのね。それは大丈夫だったの。でも、友達を数人招待したときに、すごく怖くなっちゃって、抗不安薬を飲んだのね。で、多く飲み過ぎちゃって、 ワインも飲んでたからふらふらになっちゃった(笑) 私はただ、ケイトと一緒に歌いたいだけ。

Kateそう、ステージで演奏という面をのぞいたとしても、コミュニティーを作る楽しさや、歌を一緒に完成させること、難しい部分をともに乗り越えたり、これまでやってきたことを思うと、例え皆の前で演奏をしなくても、とても価値があるよ。

N合唱で歌うのと、二人で歌うのの違いは?

Kate以前の歌の先生はとても厳しくて、目的指向型だったの。完璧であることがすべて。私自身も完璧主義の傾向があるので、ほぼいつも、ちゃんと歌えてるか心配してたから。だから、ダンから習い始めたとき、全然違って驚いた。彼は完璧主義ではなくて、もっと自分の「本当の声」を表現するためのアプローチ。それで、私の歌うことに関する経験がまるっきり違ったものになった。すごく良い方向に。

ハーモニーが好き

Jodyわたしは、歌うことの恐怖が過ぎれば、自分一人で歌うのも楽しいんだけど、やっぱりハーモニーが好き。だから合唱が良かった。いろんな違うパートが混ざり合って、自分だけの時より大きく聞こえるでしょう?もっと大きいものに加わっていく、幽体離脱のような経験。まるで持ち上げられるような。わたしはそこにすごく魅力を感じるのね。それに、あがり症だから、誰かと歌いたい。だから、今の2人のスタイルは少し合唱と似てる。後は、私がやってたゴスペルと似たスタイルの歌い方をするかな、クラシックもたま〜に歌うけど、「あ〜〜」 ってなる。

Kateジョディと一緒に歌うことで楽しいのは、私たちは異なるバックグラウンドを持っているから、声が生理学的にも違う。だから、お互いから学び合うことが多いことね。例えば私はレガート(音と音をスムーズにつなぐ)が苦手なんだけど、ジョディは元から上手くて。だから、常に一緒に歌っていると、それが身に付いて、前よりもずっと良くなった。あとは、ジョディからベルティング発声を習ったことね。ゴスペルでは良く使うの。ビヨンセのような大きな力強い歌い方。私は今までやったことがなかったんだけど、ジョディは自然にやってたから。わたしも少しだけできるようになったの。

Jody私の場合は、逆にヘッドボイスがとても難しかったのね。特にチェストボイスからヘッドボイスに移るところ。でも一緒に歌っていくうちに、ヘッドボイスが楽に出るようになってきたし、ミドルボイス、ヘッドボイスからチェストボイスに混ざって移るところ を見つけたのよ。ケイトはそれを軽々と歌うのよ。それがケイトから学んだ一番大きなことかな。ヘッドボイスの時に、死にそうな牛のような声じゃなくなった。(笑)

Kateそう、二人は声的に正反対だから、それぞれの特徴から学べてる。

Nどうやって?お互いに教え合ってるとか?

Kate目の前の相手の歌い方を例にしながら、ダンが「こうやるんだよ」技術的に引き出してくれたりね。とても良い方法だと思う。

two singing dan piano

N二人の出会いって、シンクロニシティみたいね。他にもそんな経験ある?

Jody今、私は自分の人生経験をシェアするためにコミュニティーを広げていて、その中での出会いって、私にとって必要なものばかりだわ。自分が変化し、成長することをオープンに保っていると、ふとしたおしゃべりがきっかけで私がまさに必要としてた人だと分かることがあったり。自分の「群れ」を作る過程でね。いろんな人たちから同じことを聞いたりすると「ああ、これは自分にとって大切なことだ」って、注意して意識を向けることにしてる。

自分の人生を最高に面白く生きることに、興味を持っている

Nポートランドのどんなところが好き?

Kate歌うこととも関係してるけど、ここでは皆が、自分の人生を最高に面白く生きることに興味を持っている。たくさんの人が、例えば、私達みたいに安定した仕事を持っていても、それに情熱を感じてないとき、他のことをするのが、私が働いてきた他のどの場所よりも、盛んな気がする。二つ以上のことをやってる人が多いよね。そこがいいな。現代のルネッサンス人みたいで。いろんなことに興味を持って、二つ以上の分野の専門家だったりすると、人としてとても魅力的だと思う。

Jodyポートランドは、自己表現に熱心な人たちがたくさんいるね。美しい街だし、アウトドアでいろんなことできるし。私は近所を散歩するのが主だけど(笑)

N2人がどんな仕事をしているか聞いても良い?

Kateええ、コンサルティング会社で働いてる。

Jody私はノンプロフィットの団体でファイナンスマネジャーをしているわ。30過ぎてからの人生はね。その前は、英語専攻だったけど、何して良いか分からなかったから。後で会計を勉強したの。

Kate私は、まだ何したいのか分からない。

Jody私もよ。二人とも分からない。これから一緒にキャリアクライシスに陥るはず(笑)

スラッシュ(/)でいられる

katejodytop

Nポートランドのどんなところが好き?

Jodyポートランドは、キャリアクライシスに陥るのに、最適な場所でもあるね。

Kateそうね。ここは、伝統的でないキャリアを持つという考えに、とてもオープンな考えだから。ここにはたくさんの起業家達がいて、2、3の違う小さな仕事を掛け持っている。

Jodyスラッシュ(/)でいられるのよね。「宝石商 / 会計士」とか、「アーティスト / 銀行員」、とか。

Kateそう、ポートランドの文化が、そういうアプローチを支えてる。だから、私も普通の基準から外れることを考えやすくなった。今の仕事にはやりがいも感じるけれど、週40時間以上も費やす気にはなれないのよ。それより、パートタイムで働いて、残りの時間を他のことに使いたい。

N車庫でビール醸造や、コーヒー焙煎したり?

Jody鶏飼って卵ビジネスとかね。うち飼ってるよ。裏庭で。

Nこれからの二人を教えて。

Kate私の目標は、デスクワークを短くして、もっとクリエイティブなことに時間を使うこと。

Jody私は、、瞑想すること。時々、心が騒がしくなりすぎるので、心を鎮めること。それによって自発性とか、創造性が出てくると思う。子どもの頃は自然とそうだったけど、大人になってから忘れていたから。

N歌のユニットとしては?

Kate決まった計画はないわ。このまま私たちの貪欲さに必要なことを続けたら見えてくるかな。

Jody私の目標は、二人でオープンマイク(公開ステージで飛び入り参加)すること。ダンは何曲かのセットをするように勧めてくるんだけど、最初のステップとして、まず一曲ね。

Nそれって、明日にでもできるんじゃない?

Kate&Jodyそうかも!笑

Share This By

Popular Articles

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

みなさん、こんにちは!高校の留学プログラムでポートランドに留学中のKaitoです! 突然ですが、ウィンタースポーツと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? スキー、ボブスレー、カーリングなど色々ありますね。僕は沖縄生まれですが、海よりウィンタースポーツの方が得意です。笑 Mt.Hoodを訪れればスキ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

ポートランドのドリンク業界、フード業界で超有名なRed Gillen(レッド・ギレン)さん。人当たりが良く、愛らしい人柄は多くの人達を魅了している。だから彼がドリンク業界やフード業界のことを日本語で綴る「オ州酒ブログ」は大人気。クラフトビールをこよなく愛するレッドさんは今やポートランドと日本のクラフトビール業界を結...

With both housing prices and rents marching relentlessly upwards, Portland’s status as one of the most heavily moved to cities is creating a whole lot of demand...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

Real Portlander’s Real Life #3 Laura Masterson Owner of 47th Avenue Farm   こんにちは、きよら@ポートランド です。 皆さん、CSAって聞いたことありますか? コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャー(Commun...

電話やメールもいいけれど、手紙が好き。   家族や友人の誕生日のお祝いやお世話になった人への感謝の気持ちを伝えたい時などは、メールではなく手紙を送るようにしています。   届くまで時間は少しかかりますが、送る人のイメージに合わせて葉書や便箋を選ぶのは楽しいものです。 &...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン