ポートランドのファーマーズマーケットを日本で感じる。『ポートランドリビング』@名古屋

大学時代(98年~03年)、アメリカはオレゴン州に留学
し、オレゴンの空気、ポートランドのライフスタイルに魅了され、その後も毎年のように”里帰り”していました。

そんな大好きなポートランドの雰囲気をここ名古屋に持ってこようと、『ポートランドリビング』( PORTLAND LIVING )というファーマーズマーケットを去年11月から不定期でスタートしました。
picutre 1

とはいえ、ポートランドそのまんまをこちらに持ってくるわけではなく、あくまでも、あの土地で大切にされているライフスタイルを、僕らのフィルターを通し、ここ名古屋にローカライズしたマーケットです。

地元で採れた野菜を、生産者さん自らが店頭に立ち、そのこだわりを伝えていく。

picutre 2

愛知県をはじめ、ここ東海地区は全国でも屈指の農業エリアです。土地が肥沃なんです。それに加えて生産者の皆さんの”職人”というにふさわしい一つ一つの細やかなこだわり。

生で食べられるナス、びっくりするくらい甘いフルーツトマト、一度食べたら止められない干しぶどう、甘くて美味しい国産グレープフルーツ・・

更には、30年以上前(おばあさんの代)から無農薬にこだわり続ける生産者さんであったり、旦那さんが麦を栽培し、奥様がパンを焼くというなんとも素敵な生産者さんまで・・

もちろん季節によって出店頂く生産者さんも野菜・果物も違ってきます。

picture 3

が、何よりここに来て生産者の皆さんに直接会ってもらってコミュニケーションをとってもらうことで、彼らのファンになってもらいたい、それが『ポートランドリビング』の一番の想いです。

picture 4

そのコンセプトは生産者さんにとどまりません。

他にも、地元アーティスト、陶芸家さんやミュージシャンにも来てもらい、彼らの作品を売るだけではなく、パフォーマンスを含め、”表現の場”にしてもらっています。

Picture 5

「地元で大好きなことを真剣に取り組んでる人たちが、もっともっと他の人と共有しながら皆が生き生き出来る楽しい空間があったらいいのになぁ・・よし、じゃあ創っちゃおう!」

こうして『ポートランドリビング』は、ポートランド的なDIYの発想から生まれました。

picture6

(ちなみにこのチョークアートも、紙袋に押した「PORTLAND LIVING」の消しゴムスタンプも手作り!)

その共有意識が、横の繋がりを生んでいきます。

実は、マーケット開催前のミーティングの段階から出店者の皆さんには集まって頂いています。そしてその場の話し合いから、それはそれは面白いコラボレーションが生まれようとしています。

今後はバイクカルチャーやサードウェーブコーヒーにも力を入れて行こうと思っているんですが、その中から例えば、ポートランドルックスにこだわったバイクライド企画だったり、野菜に合うコーヒーのブレンドであったり・・

開催する僕らが「そういうの欲しかった!!」って思える企画がミーティングの段階で溢れかえっています。

大好きなことやってる人たちが、大好きなことを、もっと大好きになれる場所、「ポートランドリビング」。

以前は名古屋市との連携で久屋大通公園というけやき並木が綺麗な公園で開催させて頂いたんですが、次回は、”オレゴン”をテーマとしたチーズケーキ専門店「スイートオブオレゴン」( Sweet Of Oregon )の駐車場で開催決定です!(「スイートオブオレゴン」、このお店はまた改めて別の記事でご紹介します!)

日時は4月11日(土)、12日(日)の午前中(小雨決行予定!)です。

ポートランドには、「KEEP PORTLAND WEIRD」(いつまでもポートランドは”へんてこ”なまんまでいようぜ!)という標語がありますが、ここ『ポートランドリビング』( PORTLAND LIVING )に来れば、名古屋(東海エリア)の”へんてこな人たち”に出会えるはずです!

picture 7

ポートランドリビング

web Facebookページ

スイートオブオレゴン

place愛知県名古屋市名東区牧の原2-607

web Facebookページ

TEL:(0120)875-201

Share This By

Popular Articles

こんにちは。春になって日中はだいぶ暖かく感じられるようになってきましたね!   今回紹介するのは、「ポートランドのこと」を知ることができる、東京のイベントについてです。 4月12日から18日まで、東京、銀座の松屋にて「FINE GINZA MARKET」というイベントが開催されています。なんでも...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

With both housing prices and rents marching relentlessly upwards, Portland’s status as one of the most heavily moved to cities is creating a whole lot of demand...

In a previous article titled “Did you know that Japanese Americans in Portland were once forced to move?” we mentioned the “Yosegaki Hinomaru Return Effort”,...

「Keep Portland Weird」(いつまでもヘンテコなポートランドでいよう)というキャッチフレーズは有名だけど、新しく「Keep Portland Affordable」(ポートランドをお求めやすいお値段で)という言葉も必要かもしれない。もう手遅れかもしれないけど。 Photo by Tsubo ...

昨年ダイジェスト版を掲載した、Portland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第1部、PDCでの仕事についてお聞きしたお話をフルバージョンで紹介します。 オレゴン州、ポートランドは理想的な創造都市として...

以前の記事「ポートランドの日系人が強制移住させられた歴史を知っていますか?-Oregon Nikkei Legacy Center」の中で「寄せ書き日の丸(日章旗)返還」について触れているが、今回はこの「日章旗返還」について詳しく知りたいと思い、映画「グーニーズ」の舞台として有名な海岸沿いの街、オレゴン州アストリア...

ポートランドにある憩いの古里「ポートランド日本庭園」(Portland Japanese Garden)。 ここは四季を問わず美しい、本格的な日本庭園です。 半年ほど休園になっていた日本庭園が2016年3月に再開したので、さっそく行ってきました。 ダウンタウンから西へ車で数分。以前ご紹介したオレゴ...

妊娠中の女性にとって、出産に関する情報ってとっても気になりますよね。それが海外で、となればなおのこと。今回は私のポートランドでの出産経験をもとに、ポートランドと日本での出産にまつわるアレコレを比較してみようと思います。 「妊娠週数の数え方の違い」 日本では妊娠10ヶ月で出産ですが、アメリカでは妊娠9ヶ月で出産と...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン