“Furnish your Fort”: お気に入りの一品を探そう。

Boys Fort-000-top

Shunsuke です。
今回紹介するのはダウンタウンに位置する『ボーイズ・フォート(BOYS FORT)』というお店。

『ファーニッシュ・ユア・フォート(Furnish your Fort) :あなたに基地を提供します。』というキャッチコピーを謳っているこのお店には、精選されたオシャレなコレクションたちが揃っている。ここで好みの一品を買うことであなただけの基地を手にいれることができるのだ。

このお店は家具から日用品・雑貨まで取り揃えている。ここに来ればポートランドらしい少し変わっているオシャレな製品を見つけることができるだろう。なぜなら75人以上のポートランドのアーティストやクラフト職人が製品開発に携わっているからだ。お土産選びにもうってつけのいいお店なのだ。

まずは外観。ダウンタウンにあるMAXという街中を走る電車の駅の近くに位置している。
ボーイズ・フォート(Boys Fort)の名前がわかりやすく出ているので見つけることは難しくないだろう。

Boys Fort-001

さあ中へ。
お店の内装はまるで秘密基地のよう。店内をただ見て回るだけでも楽しい時間を過ごせるはずだ。

Boys Fort-002

奥に進むとより基地の中にいるような感覚を味わうことができる。

Boys Fort-003
  
テントを彷彿とさせる組み方。店内のインテリアの色調が木の色である茶色に合わせて構成されている。このお店を気に入っている理由の一つだ。

入ってすぐの場所を別の角度から一枚。
Boys Fort-004

この赤いソファ($1450)はアンティークなのだそうだ。

ここには遊び心をくすぐるいろんな製品で溢れている。
ソファ、バッグ、Tシャツ、本、手紙、絵画、ランプ、ボトル…ここに置かれている製品はどれもポートランドらしい独特なデザインをしている。

例えばこちら。

Boys Fort-005

”You’re very importland to me”というメッセージを含んだTシャツ。($28)

“You’re very important to me.”(あなたはとても大事なんだ。)という文章にPortland(ポートランド)を紛れ込ませているのだろう。

自分の気持ちを伝えるのが少し気恥ずかしくて苦手な人が、ポートランドのお土産として大切な人にこのTシャツをプレゼント、メッセージにはその人の思いが詰まっている… なんて状況を想像するとちょっと楽しくなるかもしれない。

続いてこちら。

Boys Fort-006

これは僕も最近買って愛用しているものだ。

ポートランド、オレゴン、マウントフッドを前面に押してるこのボトル($20)。
名前はLove bottleという。実は蓋の部分には可愛いハートが描かれている。プラスチックのボトルを減らそう!という目的で作られたこのLove bottleにはポートランドのイメージで有名な白鹿のマークも描かれている。
このボトルのプリントはリサイクル紙100%で描かれているので環境に優しいのだ。

Boys Fort-007

それからこれ。地図といえば、細かく記載されてて少し読みにくいものだと思われる人にはピッタリの一品。パッと見るだけでポートランドの概観が一望できる優れ物だ。実は東京バージョンもあるのだ。是非一度『ボーイズ・フォート(BOYS FORT)』に訪れたら見て頂きたい。大都市の地図、月面の地図、心臓の地図。バラエティが豊かでお気に入りを見つけられることだろう。ポートランドの地図は大きいもので$34, 小さいもので$22となっている。

このお店のオーナーはこちらのお二人。(Jake France, R. Rolfe)

Boys Fort-008

二人がお店を始めたのは2011年、期間限定の仮店舗での始まりだったそう。
2012年に出店、2013年には現在の場所にお店を構えることになった。ここの製品はオーナーの二人によって全て精選されている。何か製品のことでわからないことがあったら二人に聞いてみるといいだろう。とても親切に教えてくれるからだ。

ここで紹介した製品は本当にごくごく一部。
オシャレでかっこよくて見てるだけでワクワクするものがここにはたくさんある!!

ポートランドらしいオシャレな一品を探したい人は『ボーイズ・フォート(BOYS FORT)』へ。

BOYS FORT

place902 SW Morrison
Portland, Oregon 97205(Corner of 9th & Morrison)

time月:closed, 火ー土曜:11am-6pm, 日:Noon-4pm

web WEBサイト

TEL:503-567-1015

Share This By

Popular Articles

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

みなさん、こんにちは!高校の留学プログラムでポートランドに留学中のKaitoです! 突然ですが、ウィンタースポーツと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? スキー、ボブスレー、カーリングなど色々ありますね。僕は沖縄生まれですが、海よりウィンタースポーツの方が得意です。笑 Mt.Hoodを訪れればスキ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

With both housing prices and rents marching relentlessly upwards, Portland’s status as one of the most heavily moved to cities is creating a whole lot of demand...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

ここまでダイジェスト版を含め、連載してきたPortland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第3部、日本での仕事について現地での様子と共に紹介していきます。 近年、ポートランドの人気はアメリカに留まらず、日本、そして...

Real Portlander’s Real Life #3 Laura Masterson Owner of 47th Avenue Farm   こんにちは、きよら@ポートランド です。 皆さん、CSAって聞いたことありますか? コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャー(Commun...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン