“Furnish your Fort”: お気に入りの一品を探そう。

Boys Fort-000-top

Shunsuke です。
今回紹介するのはダウンタウンに位置する『ボーイズ・フォート(BOYS FORT)』というお店。

『ファーニッシュ・ユア・フォート(Furnish your Fort) :あなたに基地を提供します。』というキャッチコピーを謳っているこのお店には、精選されたオシャレなコレクションたちが揃っている。ここで好みの一品を買うことであなただけの基地を手にいれることができるのだ。

このお店は家具から日用品・雑貨まで取り揃えている。ここに来ればポートランドらしい少し変わっているオシャレな製品を見つけることができるだろう。なぜなら75人以上のポートランドのアーティストやクラフト職人が製品開発に携わっているからだ。お土産選びにもうってつけのいいお店なのだ。

まずは外観。ダウンタウンにあるMAXという街中を走る電車の駅の近くに位置している。
ボーイズ・フォート(Boys Fort)の名前がわかりやすく出ているので見つけることは難しくないだろう。

Boys Fort-001

さあ中へ。
お店の内装はまるで秘密基地のよう。店内をただ見て回るだけでも楽しい時間を過ごせるはずだ。

Boys Fort-002

奥に進むとより基地の中にいるような感覚を味わうことができる。

Boys Fort-003
  
テントを彷彿とさせる組み方。店内のインテリアの色調が木の色である茶色に合わせて構成されている。このお店を気に入っている理由の一つだ。

入ってすぐの場所を別の角度から一枚。
Boys Fort-004

この赤いソファ($1450)はアンティークなのだそうだ。

ここには遊び心をくすぐるいろんな製品で溢れている。
ソファ、バッグ、Tシャツ、本、手紙、絵画、ランプ、ボトル…ここに置かれている製品はどれもポートランドらしい独特なデザインをしている。

例えばこちら。

Boys Fort-005

”You’re very importland to me”というメッセージを含んだTシャツ。($28)

“You’re very important to me.”(あなたはとても大事なんだ。)という文章にPortland(ポートランド)を紛れ込ませているのだろう。

自分の気持ちを伝えるのが少し気恥ずかしくて苦手な人が、ポートランドのお土産として大切な人にこのTシャツをプレゼント、メッセージにはその人の思いが詰まっている… なんて状況を想像するとちょっと楽しくなるかもしれない。

続いてこちら。

Boys Fort-006

これは僕も最近買って愛用しているものだ。

ポートランド、オレゴン、マウントフッドを前面に押してるこのボトル($20)。
名前はLove bottleという。実は蓋の部分には可愛いハートが描かれている。プラスチックのボトルを減らそう!という目的で作られたこのLove bottleにはポートランドのイメージで有名な白鹿のマークも描かれている。
このボトルのプリントはリサイクル紙100%で描かれているので環境に優しいのだ。

Boys Fort-007

それからこれ。地図といえば、細かく記載されてて少し読みにくいものだと思われる人にはピッタリの一品。パッと見るだけでポートランドの概観が一望できる優れ物だ。実は東京バージョンもあるのだ。是非一度『ボーイズ・フォート(BOYS FORT)』に訪れたら見て頂きたい。大都市の地図、月面の地図、心臓の地図。バラエティが豊かでお気に入りを見つけられることだろう。ポートランドの地図は大きいもので$34, 小さいもので$22となっている。

このお店のオーナーはこちらのお二人。(Jake France, R. Rolfe)

Boys Fort-008

二人がお店を始めたのは2011年、期間限定の仮店舗での始まりだったそう。
2012年に出店、2013年には現在の場所にお店を構えることになった。ここの製品はオーナーの二人によって全て精選されている。何か製品のことでわからないことがあったら二人に聞いてみるといいだろう。とても親切に教えてくれるからだ。

ここで紹介した製品は本当にごくごく一部。
オシャレでかっこよくて見てるだけでワクワクするものがここにはたくさんある!!

ポートランドらしいオシャレな一品を探したい人は『ボーイズ・フォート(BOYS FORT)』へ。

BOYS FORT

place902 SW Morrison
Portland, Oregon 97205(Corner of 9th & Morrison)

time月:closed, 火ー土曜:11am-6pm, 日:Noon-4pm

web WEBサイト

TEL:503-567-1015

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

チップは、いつ、いくら払うべきなのか。アメリカに来た日本人がまず戸惑う場面のひとつだと思う。日本ではどこに行っても素晴らしいサービスが受けられるし、みんなそれは当たり前のことだと思ってる。だから、サービスの対価として”追加料金”を支払うチップの文化は、日本人にとっては不当に映るかもしれない。けれど、アメリカと日本の文化...

海のミルク。この言葉の響きに艶めかしさを感じ続けて生きてきた。どうしてだろう。「海」も「ミルク」もいたって普通の言葉なのに。そう言えば「素人」や「人妻」も、いたって普通の言葉のはずなのに、Googleの予測検索にも出てこないのはどうしてだろう? いや、どうしてだろう、とか言っておきながら、ぼくはその答えを知ってい...

革新的な街づくりを展開していることで世界中から注目を浴びているポートランド。そんなポートランドの街づくりに大きく貢献しているのがZGFアーキテクツ(Zimmer Gunsul Frasca Architects 以下ZGF)です。第1部ではZGFに所属する日本人建築家の渡辺義之さんがポートランドで働くことになった経緯や...

ポートランドはお酒の街。ビールとワインはつとに有名だけど、サイダーも外せない。日本でサイダーと言ったら三ツ矢サイダーのインパクトが強すぎるからか、フランス語読みのシードルという名前の方が知られてるかもしれない。アメリカでサイダーと言ったらリンゴ酒のこと。アルコール入ってないリンゴジュースのこともサイダーと呼ぶから、区別...

みなさんこちらの商品を見たことがありませんか?? はい、ティラムックチーズ!! 日本でもちょこちょこ見ますよね。コストコとかかな?? 今回は少しだけポートランドから離れますが、このチーズを生み出している工場に行ってみたのでプチリポートです。     Tillamo...

こんにちは。春になって日中はだいぶ暖かく感じられるようになってきましたね!   今回紹介するのは、「ポートランドのこと」を知ることができる、東京のイベントについてです。 4月12日から18日まで、東京、銀座の松屋にて「FINE GINZA MARKET」というイベントが開催されています。なんでも...

日本ではとっても高価な”あの草”が、オレゴンではとっても安い。ぼくも大好きな、あの草が。心配しないで。あの草は合法だから。あの草を使えばラブ&ピースでハッピーになれる。そう、今回はそういう意味でのハッピーアワー。どうやってあの草を入手するか、そしてどうやって使うかを説明しよう。 まずぼくは日本での末端価格...

シェイクシャックの次はこれだ!! ポートランドが誇る人気ハンバーガーチェーン「Little Big Burger」!! 今回ご紹介させていただく「Little Big Burger」はポートランドでチェーン展開されているハンバーガーショップです。食材はすべてオーガニックでとても美味しいんです! すでに...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン