美しいデザインを追求し続ける雑貨屋Canoe:前編

Canoe-000-top

皆さんは今年どのくらい買い物をしただろうか。2015年も残すところあと2ヶ月。ポートランドでは曇り空が増えて寒くなり、風が吹くたびに落ち葉が舞う季節になった。

買い物をする際の商品を選ぶ基準は人によって様々だ。今流行りのもの、お洒落なもの、お手頃価格なもの、そして、実用的なもの。
今まで買ったもののうち、その価値を未だに保ち続けているものは実際いくつあるのだろう。せっかく買うのだから長く使えるもの、それでいてデザインがよいものが欲しい、と考える人は多いのではないだろうか。今回はそんな人たちが喜ぶであろう雑貨屋さん、Canoeの紹介をする。

Canoeはダウンタウンポートランドの一角にお店を構えている。黒の背景に白い文字でCanoeと書かれた看板は簡素でありながら確かな存在感を醸し出している。
Canoe-001

中に入ると思わず立ち止まって見回してしまう程のきれいな空間が広がっている。白、淡い水色、そして木材の茶色によって店内は彩られ、その配色が整然と並んだ商品をより際立たせている。
Canoe-002

Canoeに置かれている商品はある基準で選ばれている。ここにある商品はどれもその形状がシンプルなのだ。その理由はCanoeという店の名前から見出すことができる。

店のオーナーに話を聞いたところ、Canoeでは後世に残るような美しくきれいなデザインをした商品を選んで置いているという。Canoeの追求する良いデザインとはシンプルでありながら時代を越えて愛用され続けるものだという。

店の名前でもあるCanoeはその起源をはるか昔に遡る。Canoeは世界中において、人々の水上での移動手段、狩猟や輸送の道具として使われていた。
そして、技術が発達した現在においてもその基本的な長い楕円形は変わることなく残り続けている。つまりCanoeのようにシンプルな線、形状をしていて長く使われ続けるであろうものを美しくきれいなデザインとし、取り扱っているのだ。

また、オーナーは1940年、50年代に主流だったシンプルな色使い、形状を同じ理由から良いデザインとして商品選びの参考にしているという。実際にCanoeのWEBサイトで商品を見るとそのデザインの時代が明記されている。例えばこれはCanoeのホームページに紹介されている照明だが、デザインは1950年代となっている。
Canoe-003.JPG

こんなところにこけしが。こけしもまた良いデザインに該当するそうだ。
Canoe-004

Canoeの掲げるコンセプトはシンプルで美しく実用的で人々が楽しめる商品を提供することだ。商品の種類は子ども用品、バッグ、家具、本、照明、アクセサリ、ペット用品、文房具、キッチン用品など様々だ。アメリカ製のものを始めとして、日本、ドイツ、フランス、スイス、デンマーク、フィンランド、など他国の製品が良いデザインとして集められている。じっくりといろんな国のデザインを見ることができるのはCanoeの魅力の一つだ。

キッチン用品のコーナーにも様々な国の商品が並ぶ。壁の白さと木材の色が店内の落ち着いた良い雰囲気を作り上げている。
Canoe-005

また、Canoeオリジナルデザインの商品やポートランドでだけ手に入れられる商品もある。そのためお土産屋としても適しているのだ。
実は以前の記事、ポートランダーの心をくすぐるお土産セレクションにてCanoeのトートバッグを紹介している。どんなトートバッグなのか気になる人はそちらの記事へ是非どうぞ!!

ここからはShunsukeが気になった商品を3つ紹介させていただく。

まずはこちら。湿気防止機能付きの塩、胡椒入れ。
Canoe-006
全ての商品には値段の情報だけでなくどの国の製品なのか、どんな特徴があるのかの説明文が近くに置かれている。説明がなければ湿気防止機能が付いているとはわからないほどシンプルなデザインではないだろうか。良いデザインをした実用的な商品の代表だ。値段は26ドル。

続いてこちら。
Canoe-007

これを見てトランプだろうか、と思った人は残念ながら不正解。
これはハウス・オブ・カードという、組み合わせることによって家を作ることができるカードだ。インテリア、あるいはおもちゃとして楽しむことができる。カードには6つの切れ込みが入っており、その切れ込み同士を自由自在に組み合わせることで自分好みの家を作ることが可能なのだそうだ。これは1952年にアメリカのデザイナー、建築家、映像作家として知られるチャールズ&レイ・イームズ夫妻が手がけた商品だ。小さいもので25ドル。大きいもので40ドルだ。

そして最後にこちら。
Canoe-008

どこかで見たことのあるデザイン、そしてそのフォルム。そう、これは多くの日本人が知っているであろうMONO消しゴムと鉛筆だ。どうやら日本のどこででも見ることができる消しゴムと鉛筆はCanoeにて良いデザイン認定をされているようだ。消しゴムは2ドル。鉛筆はこのセットで15ドルだ。

どうだっただろうか。紹介した商品以外にも魅力的な良いデザインがたくさんある。ダウンタウンに来ることがあれば、Canoeに寄っていくことをオススメする。
実はCanouは10月26日に現住所での営業が終わり、11月1日より新しい場所での営業が始まるそうだ。
と、いうことで新装開店したCanoeのレポートは後編としてお届け予定。後編ではその他の面白いCanoeの商品、そして新しくなったことによる新たなCanoeの魅力を中心に紹介する。

Canoe

place1233 SW 10th Avenue, Portland Oregon 97205

time 月ー土:10am~6pm, 日:11am~5pm

web WEBサイト

TEL:(503)-889-8545
email: info@canoeonline.net

Share This By

Popular Articles

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

ここまでダイジェスト版を含め、連載してきたPortland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第3部、日本での仕事について現地での様子と共に紹介していきます。 近年、ポートランドの人気はアメリカに留まらず、日本、そして...

電話やメールもいいけれど、手紙が好き。   家族や友人の誕生日のお祝いやお世話になった人への感謝の気持ちを伝えたい時などは、メールではなく手紙を送るようにしています。   届くまで時間は少しかかりますが、送る人のイメージに合わせて葉書や便箋を選ぶのは楽しいものです。 &...

ポートランドといえば、ランニングにサイクリング、ハイキングなど、スポーツ・アウトドアの盛んな街。 そんなポートランドだけにランニングイベントも多種多様。ポートランドの街を42.195km走り抜ける本格的なPortland Marathonから、思い思いのサンタの格好で冬のポートランドを走り、歩き、パレードするWE...

ポートランドも暖かくなってきましたよ。街には日本から観光に来た方を多く見かけます。皆さん、どうぞオレゴンの大自然を満喫し、フード、ドリンク、カルチャーにたっぷり触れていってくださいね。 さて、連休や夏休みにはポートランドへ行こうと思っている方、もうお土産選びに悩む必要はありません。お土産シリーズ第5弾を参考にパパッと...

ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」の名物オーナーの一人、その名もキャット・ダディにアレコレ聞いてみた。 ぶっ飛んだエピソードが盛りだくさんで一回に収まりきらず。後編では、キャット・ダディのニックネームの由来、日本進出の狙いをまとめてみました。 インタビュー前編のブード...

こんにちは。日本から一年間の交換留学でポートランドに来ているYukinoです。ポートランドに来て早2ヶ月、次第にこちらの生活にも慣れてきて、1人で街を散策したり買い物をしたりと、ポートランドという街を自分なりに楽しめるようになってきました。そんなポートランド初心者の私が、一番初めに好きになった、「これぞアメリカ!...

宿題を片手にローストしたてのコーヒーを一杯。 一週間の授業を終えた自分をねぎらうのにアップルサイダーを一杯。 テストを乗り越えた喜びを仲間と分かち合うために何軒かのBreweryをはしごしながら、クラフトビールを数杯。 コーヒーやクラフトビールで有名なポートランド。 実はおいしいワインも楽しめる。 ポ...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン