ポートランドから世界のアートを覗いてみよう!「MONOGRAPH BOOK WERKS」

子どもの頃から図書館と本を読むのが好きで、
夏休みに大小合わせて50冊以上を読む読書小僧だったTsuboです。

特に海外の本が好きで、ただ絵本以外は意味が分からず、
ずっと絵を眺めて妄想していました。

そんな僕が今回紹介するのは毎週木曜日、
パーティで賑わうアルバータ通りの一角にあるアートブックストア
「モノグラフブックワークス(MONOGRAPH BOOK WERKS)」です。

monographbook-9

扉を開けて中に入ると半地下の店内には
世界各地から集められた作品の数々が。

monographbook-3

作品は新品、中古問わず、様々なデザインのものが取り揃えられています。
日本語のものも数多く存在しました。(日本のカテゴリーがあるほど!)

monographbook-6

書籍以外にもミッドセンチュリーの陶器やオフィスグッズ、ビンテージアートなど幅広く取り扱われています。

monographbook-8

ビンテージのポストカードは$1から

monographbook-4

そして可愛いオフィスグッズの棚にあったのは…

monographbook-7

そうです、日本のシャープペンシル!
ここモノグラフブックワークスに限らずポートランドのお店では
この日本産のシャープペンシルをよく見かけます。
日本のものづくりのレベルの高さを感じさせられますね。

ステキな作品の数々の中心でクールに佇んでいたのが、
この店のオーナーの一人であるブレアさん。

monographbook-5

お店についての話を聞くと温かみのある笑顔で丁寧に説明してくれました。
自身もアーティスト活動を行うブレアさん、同じくアーティストであるジョンさんとオープンしたこちらのお店では、二人の琴線に触れた作品が集められているそう。

monographbook-2

中でもキーワードとして教えてくれた言葉が、
「+ Archives(アーカイブ) AND Ephemera(エフェメラ)」
アーカイブは記録を保存しておく文書や保存場所。
エフェメラは長期的に使われることのない
印刷物などのことでポスターやチケットなどのことで、
まさにお宝と呼べるものがここには眠っているようです!
店頭に置かれているもの以外にも聞くといろいろとレアな作品を出してくれます。(ここでは敢えて載せません、ぜひぜひお店で見せてもらってください!)

最後にここに来る前から買いたいと思っていた一冊を

monographbook

ブレアさんが表紙の一冊をブレアさん本人から購入してきました!(笑)
これはレアですよ!(ブレアさん恥ずかしそうでした)
こんなステキなアートブックストア、
モノグラフブックワークスでポートランドから世界のアートを覗いてみませんか?

MONOGRAPH BOOK WERKS

place 5005 NE 27th Ave Portland

time Wed-Sun 11am-7pm

web http://monographbookwerks.com

その他:Wi-Fi無

Share This By

NorenPortlandは数十人のメンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

電話やメールもいいけれど、手紙が好き。   家族や友人の誕生日のお祝いやお世話になった人への感謝の気持ちを伝えたい時などは、メールではなく手紙を送るようにしています。   届くまで時間は少しかかりますが、送る人のイメージに合わせて葉書や便箋を選ぶのは楽しいものです。 &...

ポートランドも暖かくなってきましたよ。街には日本から観光に来た方を多く見かけます。皆さん、どうぞオレゴンの大自然を満喫し、フード、ドリンク、カルチャーにたっぷり触れていってくださいね。 さて、連休や夏休みにはポートランドへ行こうと思っている方、もうお土産選びに悩む必要はありません。お土産シリーズ第5弾を参考にパパッと...

こんにちは。日本から一年間の交換留学でポートランドに来ているYukinoです。ポートランドに来て早2ヶ月、次第にこちらの生活にも慣れてきて、1人で街を散策したり買い物をしたりと、ポートランドという街を自分なりに楽しめるようになってきました。そんなポートランド初心者の私が、一番初めに好きになった、「これぞアメリカ!...

雑貨屋Canoeが場所を変えて開店したということで、今回は新しくなったCanoeの魅力をお届けしたい。 現在のCanoeはBehind the Museum Cafeという日本人オーナーが経営している落ち着いた雰囲気の喫茶店の隣に位置している。このBehind the Museum Cafeの良さを知...

1年を通して、大小様々なクラフト市が開催されているポートランド。その中でも毎年5月と12月に行われるCrafty Wonderlandは、インディペンデントデザイナーや小規模なローカルビジネスの商品が大好きなポートランダーも楽しみにしている人気のイベントだ。今回は、個人的なクリスマスショッピングを兼ねて、 会場であるポ...

街でふと立ち寄った雑貨屋さんに心奪われたことありませんか? 絵葉書・小瓶・キャンドル・香水・アクセサリー・・・ 小物好きにはたまらない世界がぎゅっとつまった宝箱のような空間。 今回は、ハイセンスなカフェやブティックが立ち並ぶパール地区(Pearl District)で、Mireiが心奪われた雑貨店Porch ...

皆さんは今年どのくらい買い物をしただろうか。2015年も残すところあと2ヶ月。ポートランドでは曇り空が増えて寒くなり、風が吹くたびに落ち葉が舞う季節になった。 買い物をする際の商品を選ぶ基準は人によって様々だ。今流行りのもの、お洒落なもの、お手頃価格なもの、そして、実用的なもの。 今まで買ったもののうち...

ポートランドは、冴えない僕の毎日をちょっぴりステキにしてくれる。 冬の淡い恋がポートランドの街中に解けてから早数ヶ月、 心地よい春風も吹き抜けてすっかり独り身が体に馴染んで来ていた。 (Episode 1を見ていない方はこちらから) 彼女に出会ったのは雨の日の本屋。 読み終えた本を閉じ、代わりに雨粒の...

アメリカを訪れる前に日本で髪を切ってはや10ヶ月が経とうとしていました。 自分の人生でも最長で、人に会うたびに挨拶と「髪を切れ」と言われたTsubo。 冬から毎日被っていたニット帽も暑さで限界が近づき、以前ライターMasakiの取材の際に訪れた「Modern man」で切ろうと考えていた矢先、Hawthorne S...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン