ポートランドな恋をしよう Episode2

ポートランドは、冴えない僕の毎日をちょっぴりステキにしてくれる。

冬の淡い恋がポートランドの街中に解けてから早数ヶ月、
心地よい春風も吹き抜けてすっかり独り身が体に馴染んで来ていた。
(Episode 1を見ていない方はこちらから)

彼女に出会ったのは雨の日の本屋。
読み終えた本を閉じ、代わりに雨粒の滴る傘を広げた彼女は帰り際にふと呟いた。
「この雨が止んだ頃、また同じ場所で。」

6月半ば、ポートランドの代名詞とも言える焦れったい雨が上がったら、それはもう初夏の始まり。

photo1

前に会ったときと同じ、太陽の陽がゆっくりと休息に向かう準備を始めるころ。
ポートランドはイースト地区(East)の「ディビジョンリープ(Division Leap)」を訪れた。

夕日に背を向け、彼女は今日も新たな本のページをめくる。
彼女の名前はノヴァ・ヘレン、略して「ノレン」

photo2

ディビジョンリープは一般的な本屋と違い、少数作成されたZINEや(ZINEについてはコチラ)「Archives(アーカイブ)」 、「Ephemera(エフェメラ)」(詳しくは記事より)などが揃ったお店になっていて、お店に立ち寄るには事前の連絡が必要。

photo3

作品への興味や関心が彼女の目を輝かせていく。
触れる言葉の一つ一つが彼女自身を豊かにして、また僕の知らない彼女が現れる。

photo4

ついつい僕も本に見入ってしまっていると、彼女は笑顔で目の前に現れた。
前の雨の日のように彼女が帰る、その前に今夜は食事に誘わないと。

photo5

「ディビジョンリープ(Division Leap)」から歩いて3分、今夜の食事は「Nong’s Khao Man Gai」でお気に入りというタイ料理を。

photo6

美味しい食事が進むに連れ、この先のことが気になってしまう。
これから雨の降らぬ日々の中で、次はいつ君に出会えるのだろうか。
チキン、ライス、ソースと共に僕の心もかき乱されていく・・・。

photo7

お店を出るその時にちょっとしたゲームを提案した。
「食後のお酒を賭けてピンポンなんてどうだろう。」
お店は歩いて10分ほど、自転車だと5分もかからないほどの場所。サウスイースト(South East)のスポーツバー「ピップ&スバウンス(Pips & Bounce)」へ。

photo8

30分単位で道具を貸してくれる他、お酒を楽しむためのバーカウンターもあり週末は深夜までオープンしている。

photo9

ピンポンはあまりやらないと不安げな君の表情も、いざ始まると本を読む時の真面目なそれとは違い、柔らかな笑顔が溢れる。

photoa

勝負の勝ち負けよりもこうして一緒に笑いあえる時間がとても幸せで、この時間が長く続けばいいのにと思ってしまうよ。

phtoob

彼女の負けず嫌いが本領を発揮し、勝負は結局、君の勝ち。
最後のお酒はお店の隣にある、「カスケードブルワリー(Cascade Brewing)」に行くとしよう。

photoc

最近人気のサワービール(酸味のあるビール)。その火付け役ともなったこのお店は、いつもたくさんのお客さんで溢れている。

photod

ピンポン勝負の話が終わったら、最後の勝負をしなければ・・・
甘く淡いこの時間にビールの酸味が現実の緊張感へと刺激を与える。

「なぁノレン」

「一緒に二人の人(ZINE)生を綴っていかないか、結婚しよう。」

photoe


・ ・
・ ・・

photof

「またポートランドで一番綺麗なものはこの夜景に戻ってしまったよ。」

水面に映る綺麗な明かりに惨めな僕の顔は似合わない。
ダウンタウンの灯が消えず光り続けるように
ポートランドな恋もまだまだ終わらない。

※本ストーリーはフィクションですが、登場するお店とステキな時間はノンフィクションです。
model :Antonia Pinter (Publication Studio)

Division Leap

place17 SE 3rd Ave Portland, OR 97214

time事前連絡にて要確認

web WEBサイト

TEL:503 206 7291
MAIL : info@divisionleap.com

 

Nong’s Khao Man Gai

place609 SE Ankeny St, Portland, OR 97214

time7 days a week: 11 am – 9 pm

web WEBサイト

 

Pips & Bounce

place833 SE Belmont St, Portland, OR 97214

time火 – 木 : noon – midnight, 金、土:noon-1am, 日:noon-10pm, 月 : closed

web WEBサイト

TEL : 503-928-4664

 

Cascade Brewing Barrel House

place939 SE Belmont St Portland, OR 97214

time月 – 木、日: noon – 11pm, 金、土 : noon-midnight

web WEBサイト

TEL : 503-265-8603

 

Publication Studio

place717 SW Ankeny St, Portland, OR 97205

time月 – 金 : 11am – 5pm

web WEBサイト

TEL : 503-265-8603
その他:イベント等で営業時間に変更がある場合有り。

Share This By

NorenPortlandは有志メンバーにより、運営されている有志団体です。
こちらの記事に関するご意見、ご感想、「情報が古くなっている」などのご報告は下記のフォームより受け付けております。

Popular Articles

1月にNoren内でも紹介させてもらった「Wonderful Wonderland! PORTLAND FAIR」いよいよ来週より開催です。 今回はそんな中でも特に注目すべきポイントを3点紹介させてもらいます!   ① 毎日変わる?クラフトビールバル! ② こんなに集まるのはこ...

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

ここまでダイジェスト版を含め、連載してきたPortland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第3部、日本での仕事について現地での様子と共に紹介していきます。 近年、ポートランドの人気はアメリカに留まらず、日本、そして...

電話やメールもいいけれど、手紙が好き。   家族や友人の誕生日のお祝いやお世話になった人への感謝の気持ちを伝えたい時などは、メールではなく手紙を送るようにしています。   届くまで時間は少しかかりますが、送る人のイメージに合わせて葉書や便箋を選ぶのは楽しいものです。 &...

昨今のいわゆる“ポートランドブーム”で日本人の観光客が増え、日本の製品が海を越えてポートランドにやってきてはいるものの、いまだに本当の日本食にめぐり合うのが難しいオレゴン州。 隣のカリフォルニアやワシントンに比べると、カジュアルにアメリカナイズされた日本食がはびこるポートランドですが、そんなポートランドで20年も前か...

美味しい中華料理屋さんの見つけ方を知っていますか? それは、中国人が大勢食べに来ている場所。 私は中国人や台湾人の友人が多く、彼らと食べ物の話になると、ポートランド近辺ではどこの中華レストランが美味しいかと尋ねてみる。 定番の答えは、「どこもまあまあなのよね」。 故郷のレストランと比べて言...

昨年ダイジェスト版を掲載した、Portland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第1部、PDCでの仕事についてお聞きしたお話をフルバージョンで紹介します。 オレゴン州、ポートランドは理想的な創造都市として...

ポートランドも暖かくなってきましたよ。街には日本から観光に来た方を多く見かけます。皆さん、どうぞオレゴンの大自然を満喫し、フード、ドリンク、カルチャーにたっぷり触れていってくださいね。 さて、連休や夏休みにはポートランドへ行こうと思っている方、もうお土産選びに悩む必要はありません。お土産シリーズ第5弾を参考にパパッと...

こんにちは。日本から一年間の交換留学でポートランドに来ているYukinoです。ポートランドに来て早2ヶ月、次第にこちらの生活にも慣れてきて、1人で街を散策したり買い物をしたりと、ポートランドという街を自分なりに楽しめるようになってきました。そんなポートランド初心者の私が、一番初めに好きになった、「これぞアメリカ!...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン