ポートランダーの心をくすぐるお土産セレクション

はじめまして。Shunsukeです。
ポートランドでお土産-000.top

日本の友人・家族にお土産を買いたいけど、何がいいんだろう、何がポートランドらしいかな、と考え込んでしまうことはないだろうか。
今年からポートランドに留学中のShunsukeが選んだ小物や雑貨を中心としたポートランドのお土産について紹介します。

 
① CD: FRIENDS and FRIENDS of FRIENDS

ポートランドでお土産-001

このCDはポートランドのローカルバンドの楽曲を収録している。このCDはダウンタウンにあるTender Loving Empireという店で購入することが可能。インディーな曲を中心としたCD2枚組で構成されている。今年までにFRIENDS and FRIENDS of FRIENDSのシリーズは7枚リリースされており、まさにポートランドでのみ買えるCDなのだ。価格は$15とお手頃なのも魅力の一つ。
 
② Bicycle chain bottle opener and keychain

ポートランドでお土産-002

名前の通りこのアイテムは自転車のチェーンを再利用して作られている。ポートランドはサイクリングの街として知られているが、再利用の文化もまた発達している。上部のオレンジのパーツはボトルオープナーとして、下部のチェーンのパーツは、ここに鍵を繋げることによりキーチェーンとして機能するのだ。これを普段キーチェーンとして持っていれば、誰かがボトルを開けられなくて困っている時に華麗に助けることができるのだ。これもTender Loving Empireという店で購入可能。価格は$12だ。
 
③ Book Marker

ポートランドでお土産-003

本のしおりとして使うことができる。着目すべき点はこのしおりに付随しているアクセサリーの部分。実はこれは腕時計の文字盤を再利用したものなのだ。しおりのアクセサリーとして活用された腕時計の文字盤を見ることはあまりないだろう。少し珍しいタイプのしおりなのだ。これはBoys Fortというお店(こちらもダウンタウン内)で購入することができる。一つあたり$8だ。

 
④ Love Bottle

ポートランドでお土産-004

プラスチックのボトルを減らそうという目的で作られた瓶のボトルだ。
リサイクルの紙100%のインクでデザインが施されている。蓋の部分にはハートが描かれている。$28で購入可能だ。
 
⑤ Strawberry Candy: QUIN

ポートランドでお土産-005

QUINというキャンディ専門のお店が出しているストロベリーのキャンディだ。程よい甘さが特徴で何回も買いに通いたくなる不思議な魅力がある。ストロベリー以外にもブラックベリー、レモン、ワインなど様々な味があり、またマシュマロ、キャラメル、ガムドロップやチョコレートなども置いているので好みのお菓子を選ぶことができる。このストロベリーのキャンディの詰め合わせは$6だ。
QUINについての詳細はこちら→
オレゴンの素材を活かして新たなキャンディーカルチャーを「QUIN」
 
⑥ Wood CuttingBoard

ポートランドでお土産-006

木のまな板。ポートランドでは素材の良さをそのまま活かした商品が多くあり、この木のまな板もそういった商品の代表の一つだ。First Thursday in Pearlというイベントに出店していた屋台で購入。価格は$20。完全な長方形ではなくややアメリカの形になっているところが気に入っている。
 
⑦ Portland Tote

ポートランドでお土産-007

Canoeという日用品を扱うお店で買うことができる。トートバッグだ。このP-P-O-O-R-R-R-T-L-A-A-A-A-N-D-Dという文字列、実はこのアルファベット一字一字がポートランド周辺の標識から集められたものなのだ。実用性も高く、中に大きな仕切りが入っているため入れるものを二つにわけることができるのだ。素材は100%コットン。価格は$29だ。

いかがだっただろうか。どれもポートランドでないと手に入らないそうなものばかりだ。お気に入りのお土産を探す時に参考になれば幸いだ。

ポートランドでお土産-008

Tender Loving Empire

place412 SW 10th Ave Portland, OR 97205

timeEveryday, 10:30am-6:30pm

web WEBサイト

電話:(503) 243-5859

 

BOYS FORT

place902 SW Morrison Portland, Oregon 97205

timeMon:closed, Tue-Sat:11am-6pm, Sun:Noon-4pm

web WEBサイト

電話:503-567-1015

 

QUIN

place1022 West Burnside Street, Portland, OR, 97209

timeMon-Sat:11am-7pm, Sun:noon-5pm

web WEBサイト

 

First Thursday in Pearl

place全体MAPのPDFを開く

time月の初めの木曜日:6pm-9pm

web WEBサイト

 

Canoe

place1022 West Burnside Street, Portland, OR, 97209

timemon-Sat:10am-6pm, Sun:11am-6pm

web WEBサイト

電話:(503) 889-8545

Share This By

Popular Articles

オレゴンでワイン造りに挑戦している日本人女性ワインメーカーの芝明子さん(Noren東京イベントでは明子さんのワイナリーを紹介させて頂きました)。 ドイツでワインについて学び、ドイツのワイナリーで修行の後、オレゴンでご自身のワイナリーを始めました。日本人でワイナリーをやっているというだけでも珍しい中、女性のワインメーカ...

ここまでダイジェスト版を含め、連載してきたPortland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第3部、日本での仕事について現地での様子と共に紹介していきます。 近年、ポートランドの人気はアメリカに留まらず、日本、そして...

ポートランドも暖かくなってきましたよ。街には日本から観光に来た方を多く見かけます。皆さん、どうぞオレゴンの大自然を満喫し、フード、ドリンク、カルチャーにたっぷり触れていってくださいね。 さて、連休や夏休みにはポートランドへ行こうと思っている方、もうお土産選びに悩む必要はありません。お土産シリーズ第5弾を参考にパパッと...

ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」の名物オーナーの一人、その名もキャット・ダディにアレコレ聞いてみた。 ぶっ飛んだエピソードが盛りだくさんで一回に収まりきらず。後編では、キャット・ダディのニックネームの由来、日本進出の狙いをまとめてみました。 インタビュー前編のブード...

ベーコンを乗せたドーナツ、呪いの人形ドーナツ、”どピンク”なお店のカラー。ご存知ポートランドが誇るヘンテコ・ドーナツショップ「ブードゥー・ドーナツ」を作った人はやっぱり破天荒だった。 トレース・シャノン(写真右の人)と、”キャット・ダディ”ことケネス・ポグソン(左の人)。友人同士だった二人が2003年に始めたブー...

雑貨屋Canoeが場所を変えて開店したということで、今回は新しくなったCanoeの魅力をお届けしたい。 現在のCanoeはBehind the Museum Cafeという日本人オーナーが経営している落ち着いた雰囲気の喫茶店の隣に位置している。このBehind the Museum Cafeの良さを知...

街でふと立ち寄った雑貨屋さんに心奪われたことありませんか? 絵葉書・小瓶・キャンドル・香水・アクセサリー・・・ 小物好きにはたまらない世界がぎゅっとつまった宝箱のような空間。 今回は、ハイセンスなカフェやブティックが立ち並ぶパール地区(Pearl District)で、Mireiが心奪われた雑貨店Porch ...

皆さんは今年どのくらい買い物をしただろうか。2015年も残すところあと2ヶ月。ポートランドでは曇り空が増えて寒くなり、風が吹くたびに落ち葉が舞う季節になった。 買い物をする際の商品を選ぶ基準は人によって様々だ。今流行りのもの、お洒落なもの、お手頃価格なもの、そして、実用的なもの。 今まで買ったもののうち...

「Streetcarすごろく」イベントレポート、いよいよ後半戦。ここからはライターMIKIにバトンタッチです。 中間地点の「NE Broadway&Ross」を超えて、チーム間でかなりの差が開いていました。 ゲーム開始1時間後、まず初めに中間地点を通過したのはMIKIチーム。そして到着したのは、なにもないマ...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン