衣類も心もリフレッシュ!ソーシャルなランドリー「Spin Laundry Lounge」

シアトルから引っ越してきたのに
ポートランドも思ったより雨が多くびっくりしているTsuboです。

ポートランドに来て一週間、
「掛け替えのない経験」とともに溜まっていくものがありました。
僕の毎日を優しく包み込んでくれる物・・・そう、「洗濯物」です。

今住んでいる家の洗濯機は共有のもので壊すと嫌だし、
加えて「アメリカの洗濯機の使い方分からない・・・(汗)」
こんな僕がポートランド発!ソーシャルグッドなランドリー
「スピンランドリーラウンジ(Spin Laundry Lounge)」 を紹介します。

spinlaundrylounge-14

オーナーのモーガンさんが一から手掛けたスピンの外観はシンプルでクール。
バス停の目の前ということや、辺りは開けていることから交通の便は良く、
ポートランドの人はもちろんサンフランシスコなど遠方から来る人もいるそう。

spinlaundrylounge-8

店内に入ると洗濯機と乾燥機がどどーんと!
ただ通路は広めに用意されており利用者の多い日でもスムーズに動き回ることが出来ます。

spinlaundrylounge-7

さて、このランドリーの何が特別かと言いますと、
これまでのランドリーにない工夫がいくつも含まれているのです。

オーナーのモーガンさんと一緒に紹介していきましょう。

spinlaundrylounge-12

自身も学生時代、寮に一台しかない洗濯機に困らされた経験から
スピンの事業計画を立てたモーガンさん。

日本では一家に一台が普通の洗濯機ですが、
アメリカでは完全な一戸建て持ち家は多くなく、多くはルームシェアやアパート。そうした場合のランドリーは共有で週末になると混み合い、時に壊れてみんな使えないなんてことも。
また洗剤による環境問題や水問題などランドリーは様々な問題が交差する場なのです。

spinlaundrylounge-2

スピンではこうした問題に取り組もうと様々な工夫が成されています。

spinlaundrylounge

例えば洗濯に使う洗剤、ここでは環境に配慮された洗剤が
誰でも無料で使えるのです。(もちろん持ち込みも可能)
これらの洗剤は購入も可能です。

spinlaundrylounge-4

洗濯機自体も毎回使う前に洗浄されるのでとっても綺麗です!

料金は$3.25~、仕上がりによって4種類のコースが用意されています。
もちろんクレジットカードも使用可能。
さらに最初に出てくる番号にテキストメッセージを送ると終了時メールでお知らせしてくれるので気にして待つ必要もないとのこと!(ハイテクだ・・・)

spinlaundrylounge-11

「メッセージが届くといっても、待ち時間が暇なことには変わりないじゃん!」
という方も中にはいると思います、うんうん。

そんな方のためにあるのがランドリー横のラウンジスペース。

spinlaundrylounge-5

スピンさんはラウンジにもこだわっています。
無料のWi-Fiを使って作業はもちろん、ポートランドの美味しいクラフトビールやワイン、コーヒーは独自のブレンドを用意!

spinlaundrylounge-9

スピンさんでは地元の商品を積極的に取り扱っています!
スクリーン上にはポートランドのバスケットボールチームの試合も。

spinlaundrylounge-6

これは飽きないな・・・。むしろ長居してしまいそう(笑)
そうこうしているうちにテキストメッセージが届き、続いて乾燥機へ。

spinlaundrylounge-10

こちらは6分辺りで料金が変わります。$0.75~で安い!
ちなみに子連れのお客さんでも大丈夫、2階にはアーケードも完備です!

spinlaundrylounge-3

もはや足りないものがあるのかというレベル・・・

洗濯、乾燥と平均45分もあれば終わるというスピードに加え、
エコフレンドリーなその仕組みは環境に優しい都市として知られるポートランドの人たちに受け入れられ毎日多くの人が利用しているそう。

spinlaundrylounge-13

まさに環境にも人にも優しいランドリー、それがスピンランドリーラウンジなのです。

日々の生活で疲れた際は、衣類と一緒にスピンランドリーラウンジで心もリフレッシュするのはいかがでしょうか。

Spin Laundry Lounge

place750 N Fremont St, Portland

time Mon – Sun:8:00 am – midnight

web http://www.spinlaundrylounge.com

その他: Wi-Fiあり

Share This By

Popular Articles

昨年の始めに大好評で終わった『Wonderful Wonderland!PORTLAND FAIR』、その第2回が、2017年4月26日〜5月2日にかけて開催されることになりました! 今回は、さらなるポートランドの“旬”を取り入れ、また多くの人に知ってもらうために私たち「Noren Portland」...

飲んだ帰りをラーメンで締めくくりたい人にとってポートランドは不便なところ。最近は新しいラーメン屋がどんどん開店してるけど、ほとんど9時前には店じまい。物足りなくて、帰宅後にインスタント麺を湯がいた夜は数え切れない。 そんな「眠らなくない街」ポートランドで深夜2時まで営業してるのがNORANEKO(のらねこ...

みなさん、こんにちは!高校の留学プログラムでポートランドに留学中のKaitoです! 突然ですが、ウィンタースポーツと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? スキー、ボブスレー、カーリングなど色々ありますね。僕は沖縄生まれですが、海よりウィンタースポーツの方が得意です。笑 Mt.Hoodを訪れればスキ...

※「夕焼け新聞」掲載記事より転載   「夕焼け新聞」(ポートランド・オレゴンの在日邦人、日系アメリカ人向け月刊フリーペーパー)で連載を持つことになりました。リクエストは若者向けのローカルな記事。なんだけど、ナウなヤングに受けそうな、オシャレなことやグルメなことは、ぼくには書けそうにない。考えてみた...

With both housing prices and rents marching relentlessly upwards, Portland’s status as one of the most heavily moved to cities is creating a whole lot of demand...

今回のオレゴンぷち旅ではポートランドから車で南へ2時間のユージーン近郊にある楽しいスポットをご紹介。 車でハイウェイI5を南に走り約2時間でユージーンの街に到着。ユージーンはスポーツチーム【ダックス】が所属するオレゴン大学がある街。ダックスについての詳し情報はこの記事をご覧ください。 ポートランドでアメフトのフ...

ここまでダイジェスト版を含め、連載してきたPortland Development Commission(ポートランド市開発局:以下PDC)の山崎満広さんの記事。今回はダイジェスト版での第3部、日本での仕事について現地での様子と共に紹介していきます。 近年、ポートランドの人気はアメリカに留まらず、日本、そして...

Real Portlander’s Real Life #3 Laura Masterson Owner of 47th Avenue Farm   こんにちは、きよら@ポートランド です。 皆さん、CSAって聞いたことありますか? コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャー(Commun...

電話やメールもいいけれど、手紙が好き。   家族や友人の誕生日のお祝いやお世話になった人への感謝の気持ちを伝えたい時などは、メールではなく手紙を送るようにしています。   届くまで時間は少しかかりますが、送る人のイメージに合わせて葉書や便箋を選ぶのは楽しいものです。 &...

Have a nice day!

外が雨なら出かけよう、
ポートランドの魅力を伝える
WEBマガジン